スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反対しにくい?

..続きを読む
スポンサーサイト

民主党、橘秀徳議員に民主党児童ポルノ法改正案の問題点と法律は、「誰が言ったかではなく」科学的根拠で考えることが重要であること等を理解していただくようお願いする手紙を出した。

..続きを読む

議員なら票を気にするのは、理解できるが、 「票にならないことを理由」に規制に賛成する議員は議員失格である。

 一昨年前の12月15日に、改悪されてしまった東京都青少年健全育成条例についても、票にならないことを理由に、規制に賛成した議員もいるらしい。

まず都議会民主党全体としては青少年条例改正は大きな問題とは思われておらず、一部の若手のみが〝自分もコミックが好きだから〟頑張っている、といった感じ。ある都議に挨拶をしたとき、こちらが条例改正問題を話しに来たと知った途端、愛想笑いから一転「あっち行けよ」的態度になったのには驚いた

 ●自分は、票にならないことを理由に、規制に賛成する議員は、議員失格であると断言する。

票にならないことを理由に、規制に賛成することがどれだけ危険であるのか!と言うことを分かり易く説明するために、「原発の事例」を用いて説明する。

 ●反原発は、票にならない。
確かに、昨年3月11日福島第1原発事故を起こして以来、世論の「反原発の動き」が盛りあがっては来ている。
 しかし、それでも青森県知事選で原発推進派が当選したり、群馬県知事選でも原発推進派の大沢が当選したり山口県上関町でも原発推進派の柏原が当選したりあろうことか被害者であるはずの福島第一原子力発電所事故で警戒区域に指定されている福島県大熊町の町長選でも、原発推進派が当選してしまうという現実を見ていたら、 反原発も票にならないということを思い知らされる。

 では、票にならないことを理由に原発を推進して良いという理由になるのか
原発は、事故を起こす起こさない以前に必ず高レベル放射性廃棄物を発生させ、子孫を苦しめることになるので、票を理由に、推進して良い理由にならないことは、明らかである。

引用開始

%E3%81%82%EF%BC%93.jpg


現状の放射性廃棄物の最終処分は、全て「埋設処分」に行き着きます。高レベル放射性核廃棄物の場合、ガラス固化させた後、キャニスターと呼ばれるステンレス製の容器に入れて埋設されます。低レベル放射性核廃棄物の場合は、ドラム缶に入れセメントで固めて埋設されます。
一見、これで
「安全に処分された」と思われがちですが、実はそうではないのです。


「埋設処分」されようとも、その核廃棄物は有害な放射線を何千~万年もの間、出し続けることになります。また、放射線を放出する際には崩壊熱が出ます。
キャニスターの温度は空調などで冷却したとしても表面温度は250度、中心温度は430度以上となると言われています。六ヶ所村で計算したところ、一番高い温度では624度にもなりました。
空調で冷却しているにも関わらず、これだけの温度になってしまうのです。

 


(引用終了)

 だから、票だけを気にする議員が増えることは、日本の滅亡を加速させてしまうことになる。

●都条例に話を戻すが、青少年の自由を奪うだけの改悪都条例に反対した都議会共産党が報われない「票にならない」世の中は、おかしい。

 根拠に基づいて、規制に反対して票にならないから、規制に賛成するのではなく、 根拠に基づいて規制に反対して票にならない世の中を 変えていくことが重要である。

異なる見解がある時片方だけを報道するマスコミが、根拠に基づいて規制に反対して票にならない世の中を作っている原因を作っているのだろう。

 ただ、都条例に関しては、民主党都議が、規制に反対することで票を失う理由には、ならなかったかもしれない。「多分」
 

かつての議員への「実写表現規制に反対する」手紙で足りなかったこと それは、「票にならない」と言う反論に答えなかったこと

 過去記事でも書いたが先日野田首相と東京電力柏崎刈羽原発が設置されている新潟県刈羽郡刈羽村に原発再稼働を辞めていただくようお願いする手紙を書いた。
 今現在は、民主党議員である橘秀徳氏へ児童ポルノ禁止法の民主党改正案に反対する手紙を書いている。
 昨年は、宮崎タケシ議員が期限を損ねたこともあって、文体にかなり迷い、結局手紙もmailも出さなかったけど、児童ポルノ法民主党改正案が、子どもの人権と心を守るという科学的根拠がない以上、議員の期限を損ねようが、根拠に基づいて自分の意見を、送ることにする。

 ただ、コピペ意見には、ならないように気を付け、手書きで手紙を出すことにする。
 

 一部の人は、ご存じのように私(420及び死入道峠)は、数年前から「少女本人が誇りに思っているヌード規制や大阪府などで規制されてしまったジュニアアイドルと呼ばれる18歳未満の過激水着やTバック撮影」などの(実写表現)の規制は、18歳未満を守るという科学的根拠はなく、むしろ18歳未満のモデルになる権利を奪ったり、モデルの少女への虐め体質を助長させるだけで、逆効果であることをこのブログで主張し、何回か議員に手紙を送ったときも、このような主張をしてきた。
 しかし、最近理解したことだが、前回議員に実写表現に反対した手紙を書いたときに足りないものはあった。

 それは、「票にならない」と言う反論を想定して、その反論に答えなかったことである。

たとえ自分が、18歳未満のヌードや過激水着モデルになる権利を奪う規制は、おかしいと言ったところで、日本の議員は、18歳未満の権利よりも「自分の票」しか気にしていない人が多いのが事実であるのならば、その反論にも、返答しなければならなかったと、今では思っている。

 流れとしては、こんな感じで書くつもりである。
本来虐待でない、少女自身が誇りに思うヌードやジュニアアイドル「過激水着」を規制することは、おかしくても、そんな主張をすれば 児童ポルノを擁護する議員と言うレッテルを貼られ、票を失うので、規制に賛成することへのおかしさを説明する手紙を今書いている。
 完成したら、このブログで公開する。

 自分でも、議員である以上は、票を気にするのは理解できる。
しかし、だからと言って、少女自身が誇りに思っているヌード撮影やジュニアアイドル撮影が18歳未満を守るという科学的根拠が全くないにも関わらず、変なレッテルを貼られることを理由に、規制に賛成することは、実写規制に賛成する理由が「子供を守るため」と言うのは、嘘であり、「他人からどう思われるかを理由に」規制に賛成していることを意味するので、 票にならないから規制に賛成する議員が少なくないという現実を放置する訳にはいかない。

 規制反対派として名高い 実質、表現規制について少しだけしか考えていない例のブログのコメント欄でも 
都条例の件でも、反対したせいで売り上げが落ちたとかほざいている人がいるけど、 仮にそれが事実だったとしても、それを、規制を正当化する理由にすることは、子供のためでないことを意味しているではないか!  

 児童ポルノ推奨店

もちろん、性的暴行の児童ポルノは、人権侵害だが
現行の児童ポルノ禁止法で規制された画像等「従来日本でも合法的に普通の書店で販売されていた少女ヌード写真等」イコール「性的虐待の記録」と言うイチャモンを付ける大人の方がいかれていますが! 

(実写業界)に初めて「手紙」を送った

..続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。