スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先送り

昨日の共謀罪騒動だが、昨日は採決は見送られたようだ。
だが、当然安心は出来ない。
 奴らは、連休明けにでも強行採決するつもりであろう。

一応僕のホームページ webもつくった。
http://zigyanku.web.fc2.com/
しかしwebはややこしくて何も更新できてない。

スポンサーサイト

暗いニュース

少年少女の補導活動に法的根拠、奈良県条例案成立へ
 法的な根拠に基づき補導活動ができる全国初の「奈良県少年補導条例」案が20日、県議会の予算審査特別委員会で可決された。

 警察官らが、喫煙や深夜はいかいなどの「不良行為」をした少年を一時保護したり、所持品を任意提出させたりする権限を新たに設け、警察庁が目指す少年非行防止法制化を先取りした。日本弁護士連合会などからは反対もあるが、24日の本会議で可決、成立し、7月から施行する予定。

 現在、補導活動に法的な根拠はなく、「少年非行への対処が年々難しくなってきている」という補導員らの意見があり、県警が条例案を作成した。

 条例案は、補導の対象となる不良行為について、〈1〉20歳未満の喫煙や飲酒〈2〉18歳未満の午後11時~午前4時のはいかい〈3〉無断外泊〈4〉風俗店への立ち入り〈5〉有害サイトの閲覧――など、26項目を定めている。

 少年が深夜はいかいしていた場合、警察官と補導員は、本人の同意を得て最長12時間、警察署で一時保護できる。また深夜以外でも学校を理由なく欠席、早退し、はいかいすれば、補導対象となる。

 この条例案に対し、不登校や引きこもりの子を持つ親の団体や日弁連は「子どもたちの人権が侵害される」と反対を表明している。

(2006年3月21日 読売新聞)

落ち込む僕

僕が初めてホームページをつくってから早3ヶ月になろうとしている。
 本当は2002年、2003年言いたかったことがあるけど、今更と思うこともある。
 例えば僕は各都道府県にある青少年健全条例なる条例そのものに疑問をもう7年くらい前からおかしいと思っていた。 
 別に少年がエロ本読んだっていいじゃないかと
青少年条例自体青少年を守るというより18歳未満と関わった大人を取り締まったり、18歳未満から自由を奪ったりするだけで無駄な条例だからいずれ青少年条例そのものを廃止したいと考えていたが、そんな僕の思いもむなしく近年全国で青少年条例の改悪がどんどん進んでますます僕は打ちのめされた気分になる。
 
 何回も落ち込んでいるが、この日本であと何年下手すれば何ヶ月言いたいことがいえるかわからないので頑張るつもりだが
 やっぱり落ち込んでしまう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。