スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未成年の喫煙を叩く人

以前、10代の野球選手のダルビッシュや元モーニング娘の加護亜衣が喫煙するという有名人の不祥事が発覚したことがある。
 これに対しては、当然マスコミは正義感丸出しの態度で非難していた。
 「かっこいいねえ。あなたら 悪を叩く正義感丸出しの態度は

僕としては、別にダルビッシュは好きではないが、喫煙したことについては、どうでもいいと思っているし、腹も立っていない。
 ダルビッシュが喫煙することはどうでもいいけど、それより腹が立ったのはダルビッシュの喫煙シーンを隠し撮りした奴はそれを正義感丸出しの態度で叩いた奴ら

 こういう連中たちは、ダルビッシュが喫煙したことに対して本当に許せないと思っているのだろうか?
 もちろんダルビッシュが喫煙したことに対して本当に腹を立てている人もいるとは思う。
 (未成年の分際でタバコなんか吸いやがって)というオコトバが聞こえて来そうな

 いろいろあったな
<ファンの期待を裏切った。
<野球好きの青少年の夢を奪った。
<未成年なのに喫煙した。
<未成年のくせにけしからん
<謹慎では済む問題じゃない  (なんだもっと罰をとでも言いたいのか??!!!)

などなど他にも沢山あるが上げるときりがないのでダルビッシュを非難する意見はこの辺にしておこう。
 
 しかし思った。
ダルビッシュを叩く人たちは、ダルビッシュに腹を立てるというよりも彼を非難することを快感にしているように見えるのは僕だけか?(もしかしたら少なからず僕だけでもないかもしれませんが)

 多分未成年のくせに喫煙しやがって!けしからん!と叩いている人たちの中にも間違いなく自分が20歳未満「以下と未満の違いは二十歳以下だったら20歳も含む」の頃喫煙をしたことのある人は間違いなくいると僕は思う。
 
 僕自身も18歳からタバコを吸い始め23歳からは年に数本以内しか吸わなくなった。
 タバコは原則吸わなくなっても酒だけはやめるつもりはない。
(16歳のとき元友達の年上の人に吸わされたこともある。)
 
 未成年のくせに喫煙はけしからんと言う人はなんで怒るんだろうか?
法律で禁止されていることをする奴は許せないのだろうか?
 別に僕は許せないなど思わないけど

 こういう連中には本当に僕は怒りを感じる!!
あと喫煙を隠し撮りした奴の顔も知りたいと僕は思う。
 もしかしたらこの隠し撮りした人も20歳未満の頃喫煙してたかもしれない。
 僕が思うにはこの人はダルビッシュの喫煙が許せないと言うよりもダルビッシュを叩くことを快感としているように見える。 またスクープ記事として取り上げてテレビをにぎやかにしたかったこともあるかもしれないが。


 それにしてもこういう人達は、未成年の喫煙はけしからんとか言う前に20歳未満の喫煙を禁止する法律そのものに疑問を感じないのだろうか?
 僕自身は、今はたばこは原則吸わないからタバコが吸えなくなっても特には困らない。
 ごくまれに知り合いに会って「ちょっとタバコ一本いいかな?」ともらうくらいだ。
 一本吸ったらもういいわという気分になる。

 青少年だからだとか青少年がタバコを吸ったら身体に悪いのが禁止されている理由と言ってもはっきり言って(説得力)はないと思う。
 
 20歳未満は禁止という未成年者喫煙禁止法だって、明治33年3月7日に出来た非常に古い規制である。
 まず二十歳以上という規制そのものを疑問視すべきではないだろうか?
 

 20歳以上であろうがタバコは身体に悪いことには変わりはない。
僕が知る限り10代からタバコを吸ってる人で20代の今はタバコを吸わないと言う人を見てきたこともある。
 僕自身も18歳からタバコを好きになり23歳からはタバコを買うことはなくなり原則吸わなくなった。

少年に対する刑罰が軽いもっと重くしろと正義感丸出しの態度で騒ぐ人は多くてもなぜか酒、タバコの規制年齢を下げろという意見は少ない。
 もちろん選挙権の引き下げも検討すべきだという意見もそんなに多くない。
 
(加筆修正予定)
 
 
スポンサーサイト
2006/06/26 03:57虐めページ上部へ▲

スーパーマリオ

たまには趣味の話も語ろうと思う。
 僕が始めてやったテレビゲームはファミリーコンピューターのスーパーマリオブラザーズ。 
 まだ当時は小学低学年の可愛い少年だった。
 なかなか面白かった。
 スーパーマリオ2のディスクシステムも親に買ってもらったけど、あれはなかなか難しかったし、当時は親もゲームにうるさくて長時間ゲームをしてたらやめなさいとかうるさかったのでとてもマリオ2は全クリアできる時間なんてなかった。
 マリオ2は難しいししかも今みたいに当時のゲームは、セーブ機能「記録」がないものが殆どで一度電源を切ると最初からやり直しというゲームばかりだった。
 セーブ機能はありがたいと思う。
 スーパーマリオ3もなかなか面白かった。
 しっぽマリオに変身することができるようになり一定時間だが空を飛ぶことができるようになった。
 一応これはワープして最後のクッパをやっつけることが出来た。
 
そしてスーパーファミコンが登場してスーパーマリオワールドはスーパーファミコンで登場した。
 やっぱりスーパーファミコンはファミリーコンピューターより画像がきれいになって面白かった。
 その後スーパーマリオコレクションも出た。
これはなかなか素晴らしかった。
 高校のとき同級生から借りて遊んでみたけどなかなかよかった。
 あのファミリーコンピューター時代のスーパーマリオ1から3まで遊ぶことが出来る。
 しかも当然だが絵もきれいになっていた。
 しかもセーブ機能まで付いている。
これで約10年前難しくて解けなかったスーパーマリオ2もセーブの世話になりながらワープを使わずにAワールドやDワールドにいくことも出来全部のステージをクリアすることが出来た。
 ただちびファイアマリオなどの裏技が出来なくっていたような?
 スーパーマリオUSAも解くことが出来た。
まあまあ面白かった。

 それから約10年間スーパーマリオはこれといった新作は出ていなかったが、最近ニンテンドーDSからスーパーマリオブラザーズが出て自分は買ったけどなかなかよかったと思う。
 まだ解いてはないけど楽しみは取って置こう。
 最近は携帯ゲームと言っても一昔前のテレビゲーム機よりも断然画像がきれいになったと思う。

 以上下手な文章の感想文でした。
2006/06/26 03:56未分類ページ上部へ▲

犯罪を未然に防ぐ

僕は、犯罪を未然に防ぐと言う言葉が嫌いである。
 犯罪を未然に防ぐと言えば一見いいことのように見えるが、近年犯罪を未然に防ぐためなら何をしてもいいというような傾向を感じる。

   例えば昔から泥棒は禁止されていた。
 しかし窃盗を未然に防ぐために、窃盗してから処罰するのではなく、窃盗しそうな段階あるいは、窃盗する恐れがある段階から処罰しようとするものだと思う。
 事実2003年ピッキングを防止すると言う名目の為に正当な理由なくドライバーを持ち歩いただけで「1年以下の懲役、50万円以下の罰金」というピッキング防止法なる法律が成立してしまった。
 僕は、自転車のライトを取り付けるために外にドライバーを持ち出すこともあるが、これは正当な理由なのだろうか?
 僕は、ドライバーで鍵を開けることが出来るなんて知らなかった。
ハリガネで鍵を開けるのは、漫画の世界かと思ってたけどそうでもなかったらしい。
 

 このまま共謀罪といい犯罪を未然に防ぐと言う言葉が暴走すれば、非常に恐ろしい社会が復活するといっても大げさではないと思う。

 共謀罪は、殺人を実行しなくてもAとBが「あいつ殺したいな」「そうだな」と実際に殺さなくても殺したいと二人以上の人間の意思が合意しただけで共謀罪として逮捕されてしまいかねない悪法だ。
 
 殺人を未然に防ぐという言葉が暴走すれば、昔は、殺人が起こってから逮捕されていたのが、これからは、殺人を犯す恐れがあるというだけで逮捕されてしまうということになると思う。
 
 更に共謀罪だけでなくやっぱり会話を取り締まるだけでは物足りないとなればもっと事態は恐ろしくなると思う。

 例えばこの人目つきが悪いから将来殺人を犯しかねない。
だから逮捕しよう。
 この人は、政府の悪口を言ったことがある。
 ということは、将来政府を襲撃しかねない。
 だから逮捕してしまおう。

 拡大解釈は、非常に恐ろしい。
このような言いがかりを拡大解釈させてしまえば本当にこのようなこともいつかは起こりかねない。
 自分達も権力の乱用には無関心でいられない。
2006/06/18 15:44共謀罪ページ上部へ▲

共謀罪

前々から書こうと思っていたが、僕は文章が下手で「共謀罪」についてどういう風に説明しようかと迷っていたが、いつまでもだらだら放置してたら時間だけが過ぎていくのでもうそろそろ僕も「共謀罪」について書こうと思った。
 まあ四月末強行採決されそうになったときに、めちゃくちゃな乱文でちょっと書いてはいるけど
共謀罪という悪法を成立させたい連中がいる。
 僕は、共謀罪には反対である。
20世紀末から21世紀初頭にかけて妙な法律がつくられている。
 ざっとあげれば「盗聴法」「有事法制」「個人情報保護法」などまだまだ他にもある。
この共謀罪を初めて知ったのは2003年の9月である。
インターネットをしていて某掲示板を見ていてたまたま知った。
 その内容を見て真剣に背筋が凍りつく思いが、した。
しかもこの共謀罪、新聞やテレビで一度も聞いたことがなかった。
 なんだか「共謀罪」を知ったとき心霊写真やそういった類の本やテレビを見たときのような寒気が僕を襲った。
その内容は、冗談を言ったら懲役刑というものだと言う。
 冗談や相談をしただけで犯罪になってしまう、そんなおそろしい内容を持つ「共謀罪」が新設されようと聞いて、?と思った。

 現行刑法では、犯罪が実行されたことを前提に、犯行に加わらずに共謀をした者も処罰をしているが、新設が検討されている共謀罪では、4年以上の懲役刑を規定している犯罪については実行行為がない場合でも共謀しただけで処罰されてしまうと言う。
 冗談を言っただけで逮捕されてしまう「共謀罪」なんて気違いに刃物な恐ろしい悪法だと当時の僕は、思った。


第156回 廃案
第159回 未了で継続審議
第162回 廃案
第163回 未了で継続審議
第164回 継続審議中「何とか今国会での成立は免れたが、次の秋の臨時国会へと継続審議になってしまった。」

● 条約締結に乗じた強行立法
 2000年11月
 「国際越境組織犯罪条約が採択され、日本もこれに署名した。
 テロや麻薬などの組織犯罪を防ぐ為に各国政府に法整備を各国政府に義務付けるために国内法の整備もしなければいけない、ということで提案されたのが「共謀罪」である。

 まず、条約は「組織犯罪集団が関与したもの」をその対象にしているが、共謀罪では「組織犯罪集団が関与したもの」という限定を取り外している。
 次に、条約はあくまで国境を越えるような組織犯罪を取り締まるのが目的だった。

ところが日本政府がつくった共謀罪には越境的「国をまたぐ」が抜け落ちていた。

海渡雄一弁護士が言うには
国連の条約が要求していたのは
国境を越える組織犯罪の取り締まり
 ところが日本政府が作ったのは「越境性」もない極端に適用範囲を広げた共謀罪

日本の共謀罪は、国際麻薬犯罪などだけでなく国内の一般犯罪まで適用できる。


 つまり、共謀罪は条約が想定している国際的な組織犯罪に対してだけではなく、国内の一般犯罪に対しても適用される可能性がある。政府は条約の締結に乗じて、条約の内容とはまるでかけ離れた危険な法律をつくろうとしている。

● あいまいな処罰範囲
 現行法上、犯罪は「予備」「未遂」「既遂」という段階に分類することができる。
 そしてこれらの「予備」「未遂」「既遂」にはなんらかの外形的な行為がともなうことが通常であり、その処罰範囲も明確に規定されている。
 ところが、今回新設されようとしている共謀罪における「共謀」は、「予備」の前段階であり、外形的な行為がともなわなくても2人以上の者が意思を通じ合えば成立する。
たとえば、実際に2人の人間が言葉を交わさなくても合図をしただけで、意思を通じ合い「共謀」したと認定される可能性もある。
 共謀罪の範囲は非常に広範であいまいであり、「行為は処罰しても意思は処罰しない」という刑法の原則を覆すともいえるであろう。

● 共謀罪の適用範囲は広すぎる
 共謀罪は長期4年以上の懲役刑を規定している犯罪について規定しており、約560もの犯罪がその対象となると言われていたが、2005年調べたところによると約620種類もの犯罪が共謀罪に該当すると言われている。
 これは、恐らく近年の厳罰化傾向により刑法改悪などにより罰則強化が広がった結果だと言えるだろう。
対象となる犯罪には、殺人、誘拐、銃器使用などの凶悪犯罪だけでなく、詐欺、横領などの経済犯罪や公正証書原本不実記載などの一般に軽微とされている犯罪も含まれている。

 そして、この法律の適用に当たっては、実際に犯罪が行われたかどうか、本当に実行する意思があったかどうかは一切関係ないと言われる。
 例えば、労働組合で「逃げ回っている経営者に直談判をやるか」と協議したり、反戦団体が「イラクを爆撃している米軍基地の実体を詳しく探ろう」と相談しただけで犯罪とされる可能性もある。また、居酒屋で酔っぱらって「あいついっぺん殴ってやるか」と放言しただけでも、殺人に共謀したとして「共謀罪」として逮捕されてしまうことになりかねない。

● 共謀罪の新設によってすべての人が監視される
共謀罪は人と人とが話しあって合意したと言うことしか証拠がない。
  その証拠のために会話の録音、電話の盗聴、メールの傍受が必要となる。
 そういう捜査手法に行き着かざるを得ない。

 1986年には神奈川県警公安一課で共産党国際部長の自宅盗聴があった。

刑事は殺人や詐欺事件などの捜査を行う一方
公安は共産党や右翼団体などの監視

近年は警察白書がわざわざ諫早湾干拓反対運動など市民運動の動向にページを割いて研究しているようだ。

公安が監視しているとみられる対象
イラク反戦運動・諫早湾干拓反対運動


 ● 権力の乱用としか言えない共謀罪には、反対である
 違法な行為は考えても喋ってもいけないという法律は、憲法で保障された「思想・良心の自由」「表現の自由」を侵害するものである。
 このような危険な法律を成立させてしまえば日本は、約60年前の戦前並みに言論の自由がなくなりかねない。
 反対するしかない。

..続きを読む

戦争や犯罪がなくなって欲しい?

私は、世の中から戦争や犯罪がなくなって欲しいという意見を聞いたことがある。
 戦争がなくなって欲しいは分かるけど犯罪がなくなって欲しいとは、どのようにして犯罪がなくなって欲しいのだろうか?
 疑問に思う。

 まず犯罪とは、「法をおかすこと。法律に違反する行為」である。

 犯罪がなくなって欲しいということは、皆が法律違反をしないようになって欲しいことなのだろうか?
  あるいは、法律がなくなって欲しいのだろうか?
僕は、法律がなくなれば犯罪はなくなると思っている。
 現在は、人を殺せば殺人罪という犯罪に該当して、逮捕されて法律で処罰される。
 もし殺人罪が刑法からなくなれば人を殺しても犯罪には、ならなくなる。
 何が犯罪になるかならないかは、国によっても微妙に違うし、時代によっても違う。
 昔から法律の数は増えこそすれ減ってはいない。
 法律が増えると犯罪が増えると思う。
つまり昔は犯罪にならなかったことが法律の改定により犯罪として定義されることになる。
 法律が増えたら「犯罪に該当する項目が増える。」快楽目的で人を殺した場合、殺人罪として逮捕されることは、分かるけど、人を殺すと言ってもいろいろある。
 不治の病にかかり手も足も動かなくなってその本人から殺してくれと頼まれた場合でも殺人罪になるのは全く意味が分からない。
 この場合自殺を救った人は、やはり正義の勇者国民から「人殺し」と非難されるのだろうか?あるいは同情してくれるのだろうか?
 多分正義感丸出しの態度で非難する人はいるとは思うけど、少なかれ同情してくれる人もいてもおかしくない。
 
 また犯罪がなくなって欲しいと言う人はいつの法律で犯罪がなくなって欲しいと言ってるのだろうか?とも言いたくなる。

 法律によっては、戦争と犯罪がなくなって欲しいという言葉は矛盾する場合もある。 例えば、昔日本には、「治安維持法」という悪法があったが、戦争反対を主張した人は逮捕されて投獄された人もいるらしい。 
 逮捕されて投獄されるということは、その人は犯罪者である。(もちろん僕は犯罪者全員が悪人と言ってるのではなく法律の方に問題がある場合も少なくない)
 戦争反対を言った人を犯罪者として逮捕出来る法律があるということは、戦争反対を主張することが犯罪になるから戦争や犯罪がなくなって欲しいという言葉はおかしいと思う。

誰もが?

僕は軽々しく「誰もが」という言葉を使う連中が嫌いである。

例えば「誰もが平和を望んでいます。」という言葉を聞いたことはあるけど、誰もが平和を望んでいたら今頃世界中のどこにも戦争なんか起こっていないはずだ。
 次に「誰もが犯罪なんか望んでいません。」という意見を某ブログで見たことがあるけど、誰もが犯罪なんか望んでいないのなら、今頃日本中のどの都道府県でも法律違反をする人なんかいるわけがないはずだ。
 僕も道路交通法違反と言う法律違反なら運転するときは日常的に罪悪感などなしにやっている。
 これを聞いたらマスコミや政府が悪と定義した人を叩くことを快感としている犯罪は許さない日本の勇者国民から正義のおことばが飛んできそうだが、僕はそういう聞き飽きた意見など聞きたくないのでこのブログは、苦情など受け付けない。
 お前らは、一回も法律違反したことないのか? 凄いね。あなたら勇者国民は
 片側3車線で見通しの良い直線道路なのに60キロ規制の道路もちゃんと60キロ以下の速度で走ってるんだ?僕にはまねできないね
 まあパトカーを見たりオービス「児童速度取り締まりカメラ」の前では仕方なくブレーキを踏んでいるけど

 誰もがということばを言うのは、たやすい

しかし誰もがという言葉でも確実に間違っていない場合もある。

例えば「誰もがいつかは死にます。」
 これには反論出来ない。
人間は、どんなにあがこうがいつかは死ぬ

もしいつの日か医療が進んで脊椎損傷しても手足が動かせるように医療が進んだとしてもどんなにあがいてもいつかは死ぬことに変わりはない。
 生きている者はどんなにあがいても遅かれ速かれいつかは死ぬ。

 死ぬのを遅らせることは出来ても死ぬことを永遠に止めることだけは出来ない。
 老化防止という言葉も軽々しく使われているが、老化防止が実現出来たら年齢が50になっても見た目が二十歳のままに出来るはずだ。
 
 今のところ老化防止なんていう技術は、実現していないと思う。

僕は、年をとるのは仕方ないけど老化はしたくないと思う。

こう聞くと年をとってしわだらけになっても身体が元気でいたいのだと思う人もいるかもしれないが、僕の言うことと違う。

年をとるということはしわだらけになったり、身体が衰えるという意味ではなく年齢が上がるという意味で言っている。
 例えば老化を遅らせる技術が進んで50歳になっても見た目が二十歳のままだったとしよう。
 この場合見た目も元気さも二十歳のままでも生まれてから50年経っていたら50歳ということに変わりはないと思うのが僕の意見だ。
 
 犬は人間の7倍の速さで年をとると聞いたことがあるけど、年のとり方「年齢の上がる速度」は人間も犬も一緒だと思う。
 犬であろうが、ウサギであろうが人間であろうが、一年経ったら一つ年齢が上がることに変わりはない。
 犬は人間より約7倍速く成長や老化をするものだと思う。

 まあ老化を遅らせることが出来るようになっても人間は遅かれ速かれいつか死ぬことに変わりはない。

「加筆修正予定」

東かがわ市

近年市町村合併が全国で急速化している。
 僕が市町村合併を意識し始めたのは2004年からだ。
2004年の8月、少年時代から思い出深い国道33号線を通ったとき、久万町の看板が久万高原町に変わっていて驚いた。
 その頃から最近合併が進んでいると思った。
合併により同じ上浮穴郡の美川村や柳谷村、面河村も久万高原町として一つの町になった。
 村がなくなることは少し寂しいが深刻になるほど寂しいことではない。
 景色は村だった頃から特に変わっていないし、美川村の看板も小さい字で「旧」を付けて旧美川村の看板として残っている。
 
 しかし近年市町村合併によりださい市町名が増えた。「合併されたらまず村が消える。」
 四国でも四国中央市というのが出来てしまったが、あれのどこが四国の中心部だ、馬鹿ではないのかと言いたくなる。
 四国中央市の中心部はかつて川之江市だったところだが、川之江市があったところは、四国の中心部ではなく四国の北部だ。
 高知県の吾川郡伊野町もわざわざひらがなで「いの町」となってしまった。
 あれはおふざけでやってるの?と思ってしまった。

 そういえば埼玉県のさいたま市というのもあったな。
今思えばなぜ「埼玉市」にしないんだ!今からでも「埼玉市」に直せよと言いたくなる。
 近年、市町村合併によりひらがなの市町名が増えてしまった。

 
 僕は、やめて欲しいと思う。
ダサいし見苦しい。
 なぜひらがなの市町名が増えたのかといえば、本人からすれば「親しみやすい」「柔らかいイメージ」「新鮮」というのが理由だそうだが、馬鹿馬鹿しいとしかいいようがない。
  新鮮?親しみやすい?どこが!!
 おふざけでやってるね。

新鮮とか親しみやすいというよりはこれは幼稚だね
 僕は小学生の頃や中学生の頃は習った漢字を使わずにひらがなで書いたら母親から「あんたこれぐらいは漢字で書きなさい」と言われた。
 
 まあ分からなくもないんだけど
ところが近年のひらがな地名はどういうことだ!!
 親しみやすいからひらがなにするとかほざいてるけど全国であまりにも増えすぎて来ていい加減真面目に腹が立ってきた。
 確かに子供には親しみやすいだろうけど
  
 2004年になって僕は、香川県の白鳥町が合併により「東かがわ市」になっていることに気が付いたが、さすがに腹が立ってきた。
 なんだ東かがわ市って!!?

これにはいの町やさいたま市よりもかなりムカついて来た。

なんで東は漢字なのに「かがわ」だけひらがななんだ?
 かがわくらいなら小学生でも分かるだろ!!
こんなの親しみやすさというより地域名をないがしろにしているように見える。
 東かがわ市? これには親しみやすさよりも逆に馬鹿にされている気分になってしまう。
 当然東かがわ市やさいたま市と命名した連中は、10代でも20代でもなく余裕で30を超えた大の大人達なんだろうな。
 大の大人のくせになんだそれは!!!
大の大人のくせに市町名におふざけでやるなと言いたい!!
 
 ちょっと感情的な意見を言っただけでお前もう二十歳やろ、お前もう25やろ、おまえもう27やろとかお前もう何歳やろとかいう類のことをほざく大人たちがいるけど、近年のひらがな地名やもうこれは地域を馬鹿にしているように見えてきたね。
 もし僕があいつ殴りたいと言ってお前もう25を過ぎてガキみたいなことを言うなとかひらがなの幼稚な名前をつけた連中には、一言もそんなこと言われたくないね。


 大人が幼稚化しているね

ええ加減ムカついて来たね。

 何がさいたま市だ!!! 何がいの町だ。 何が四国中央市だ。
何が東かがわ市だ!!

お前らこそ大人か!!

 小学生でも分かる漢字
 をわざわざひらがななんかにしやがって!!

 そういえば愛知県の南セントレア市というのも、実現されそうだったな。
 ただこれは、抗議の声により撤回された。
はっきり言ってこれはセンスがなさ過ぎ
 セントレアと言うのも英語ではなくカタカナ語による造語である。
セントラルと空港のエアポートを合体させてつくられた造語であるらしいのだ。
 情けないねえ、まあ撤回されて良かったが

山梨県では、南アルプス市なる街まである。
 これもあんまり賢そうな名前ではないと僕は思う。
カタカナ地名だが、これもなんだか非常に中途半端な名前に見える。

しかあしこれで驚くのはまだ速かった。

四国中央市やさいたま市をはるかに凌ぐほどとんでもない市名が検討されているそうだ。

 その名は、青森県の「あっぷる市

これを聞いたとき僕は吹き上がりそうになりましたねえ。
 青森県はリンゴの産地として有名だが
だからと言って「あっぷる」はないだろう。

さすがにこれに対してはお前ら本当に大人か?
と言いたくなった。
 小学生が考えた名前ではなく大の大人が考えているから本当に情けないことこの上ない。

 市町村合併により、名前の由来なんてめちゃくちゃになってしまった。

この記事も下手な文章になってしまったので予告なく 「加筆修正」するつもりである。
2006/06/12 08:42怒りページ上部へ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。