スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また、学校による悲劇を増やしたいのか?



小学校301時間、中学360時間増=主要教科-新指導要領の審議まとめ・中教審


10月30日18時2分配信 時事通信


 学習指導要領の改定作業を進めている中央教育審議会(文部科学相の諮問機関)の教育課程部会は30日、改定に関する「審議のまとめ」で、国語や算数・数学、理科など主要教科の授業時間数を小学校で301時間、中学校で360時間増やすことを決めた。現行と比べ、小学校約10%、中学校で約12%増。「ゆとり教育」と授業時間削減の反省点を挙げ、学習内容も拡充する。
 1980年度以降、減少を続けた授業時間は約30年ぶりに増加へ転じ、「総合的な学習の時間」を削減して、ゆとり教育からの路線転換が図られる。
 中教審は来年1月をめどに、文科相に答申するが、今回のまとめとほぼ同じ内容となる見込み。文科省は今年度内に改定指導要領を告示し、2011年度から実施する予定。 

最終更新:10月30日20時1分


■こういうニュースを聞くたびに、学校なんて存在する意味あるの?
 と疑問に思ってしまったりする。

 学校そのものをなくせまでは、思わないけど僕は、学校に行くことを強制する義務教育は、ぜひなくしたいと思う。

 学校に行かないと 落ちこぼれ などと 定義されてしまう時点で、 既に、イジメは成り立っている と考える。

 ゆとり教育見直しは、主にネット右翼をはじめとする 勇者国民ども が支持している。

 これからの子供はむごいな。
夏休み も減らされ、週休二日制もなくなると考えると 子供たちは、せっかくの少年時代を自分の信じる良い大学やら、良い会社などのために、耐えるための少年時代という傾向が今よりも強くなってしまう。
 
 学力低下を危惧する世間体、マスゴミなどに対してもなんだか、勉強を子供に押し付ける親に似ているような気がしてならない。

  ただ、日本の学力とやらの順位を競いたいだけではないか!!!

 自分が勉強するわけでもないくせに、今の子供たちに 学力 で良い順位を取るだけを押し付けて 生きるための知識ではなく 学力のための学力になりやしないか。

 更に、これからは、不景気がもっと進み、無駄な税金も物価も上がり、給料の手取りがますます減るに違いない。

 こうなると たとえ、少年時代を自分の信じる良い将来やらのためにささげるために 受験勉強にささげるための少年時代になってしまおうが、将来良い企業に入れる人は少なくなってしまうだろう。
 たとえ、良い大学に入ろうと

 もし日本の子供の学力の順位が諸外国を追い越そうが、それは、ただ ネット右翼をはじめとする勇者国民の自己満足で終わってしまうだけであろう。

 僕は、どうしても少しでも誇りのある子供なら、学校に束縛されない人生を送って欲しい

 僕自身も、一応イジメを受けたことがあるからこそ、学校による同じ悲劇に対して 僕の怨みのように考えてしまう。

 いじめは絶対になくならない。という言葉は、非常に不快で大嫌いだが、多分いじめはなくならないだろうね。

 しかし、そんなに悲観することでもないかもしれない。

 人間というものは、失敗をしながら成長していくものであり、子供時代は、どうしても 残酷なことをしてしまうのは、仕方ないだろう。

 いじめだって、人間の失敗だと考えたら、発生を止めることは不可能だと思う。
 
 しかし、いじめが起こること自体は、仕方ないにしろ、最悪の結果を防ぐことがなにより大切だと思う。 

 いじめの発生を止めることよりも、いじめによる自殺を防ぐことの方が、かなり現実味が高いだろう。
   

  イジメをやってしまったにしろ、人によっては、あのとき酷いことをしたと後で後悔する人も確実にいる。
  僕自身も少年時代、女にちょっかいを出すとか、愚行をやったことがあり、後になって思い出して恥ずかしくなったという抹消したい過去がある。「僕が、女に縁がなかったことは、僕が少数派というよりも、わざわざ僕自身から嫌われるようなことをしていたのが原因だと今では、思うようになった。  子供時代の僕は、女の子と一緒に移っている写真も何枚かある。」 

 イジメの発生を止めることは、人間の失敗の発生を止めると同じぐらい不可能に近いと考えるようになった。
 イジメも起こることは仕方ないにしても、学校という集団に放り込まれることが問題だろう。
 当然、不登校やホームエディケーションという生き方もただいじめから逃げるだけの方法としてでなく、少年の生き方として、学校に行かなくても非行とみなされない、優しい対応が必要だろう。


だいたい 学校という集団の中に、義務教育という権力を使った強制により、子供を放り込むこと自体が異常なのかもしれない?

 子供のイジメはある程度は仕方ないと考えるようになった。

本当に、なくさないといけないのは、公権力によるいじめだろう。

 また、既にイジメとして定義されていないことでも僕は、これこそイジメだと考えることもある。

 義務教育の名の下、学校に詰め込まれている時点で、ある意味、既に行われている犯罪にならない公認のいじめ なのかもしれないし 

 ゆとり教育を否定する勇者国民らや政府らにより学力競争を押し付けられている時点で、既に 子供は、公権力や世間体により いじめに遭っていると考えても過言でないような気がする。

 学校給食も場合によっては、いじめに繋がると考える。
 僕自身も、小学生時代、まずい給食を残していたが、小5になってから、先公は、無理やり僕の口にあのまずい給食を食べさせたことがあるけど、あれこそ、虐待行為 である。  あんなクソまずい給食10年以上経った今思い出しても ムカっ腹 がたってくる!!
  まずくても身体に良い?と考えているかもしれないが、あんなものは、多少身体に良くても、それ以上に 精神的負担 が大きい。
 それに、身体にいいのかも疑問だ。
 脂分を使わず、肉を使わない料理でもあの給食よりもはるかに、おいしい食べ物は、世の中には、たくさんある。
 それにあの給食、たまにカレーピラフに塩の塊があったことがあるぞ!!!
 辛くておいしくもない。 精神的負担も大きい!!!
まさに苦痛の給食。 苦痛の給食を食べるぐらいなら、なにも食べないほうが、身体にも なによりも精神的に楽だ。
  本当!!!! 今思い出しても 小学生時代の給食は、怨みに思っている!!!!
 もちろん、その先公らに復讐しようなどとは、微塵も考えていないけど、今もあんなまずい給食を無理やり生徒の口に入れる教育が、あれば、潰さなくてはならない。
 僕が受けた悲劇を、後世に残して欲しくない。
僕が受けた悲劇を教訓にして、同じ悲劇を繰り返さないことが非常に大切なことなのに、また繰り返されるどころか、ゆとり教育の廃止などにより、子供に苦痛を今までよりも押し付ける教育は、これは、僕も怨むわ!!!!

 去年、の今頃は、いじめ報道が凄かったことは、多くの人が覚えていることだろう。

 しかし、ワイドショーどもが正義を振りかざす いじめた加害者をただ叩くだけの報道は、 いじめの本質を理解していない。

 僕が、これまで当ブログで取り上げてきた いじめとして定義されていない 公認のいじめ を考えることこそ、いじめ問題を緩和する方法ではないか。

 また、心配なのは、既に奈良 補導条例のような、条例により、不登校も取り締まりになってしまうような権力が、国の法律で、行われないかである。

 あれこそ、立派な公認のいじめである。

 学校に行かない少年を 非行呼ばわりする奴などに、去年の福岡県 筑前町で起こったいじめ加害者を批判する資格はない!!!!

 20070819184459.jpg

スポンサーサイト
2007/10/30 20:33虐めページ上部へ▲

怒りのイラスト 10/30

 最近、人を安易に性犯罪者のレッテルを貼って叩くことを快感にしている 勇者国民らに、イラついてるので、その怒りをイラストに描きました。 下手ですが

  勇者国民に袋をかぶせて 殴ってやっつけてやりたい!!!

有害サイト、出会い系規制強化へ 未成年利用の防止を徹底


2007年10月28日 朝刊

◇集中対策案、学校でも判断力育成
 政府が十一月九日のIT戦略本部(本部長・福田康夫首相)で決定する「有害サイト集中対策」案の全容が判明した。出会い系サイトを通じた児童買春が後を絶たない実態を重視し、「出会い系サイト規制法」(二〇〇三年施行)の改正で未成年者利用の防止を徹底する方針を明記。学習指導要領を改定し、有害サイトへの適切な判断力を育成する「情報モラル教育」を推進することも盛り込んだ。

 集中対策案は、闇サイトを通じて知り合った男三人による名古屋市千種区の女性拉致・殺害や、自殺サイトを舞台にした嘱託殺人などの事件続発を踏まえ、関係各省でつくる「IT安心会議」が策定した。首相が掲げる「国民の安全・安心を重視する政治への転換」を印象付けたい狙いもある。

 ただ憲法が保障する表現の自由との兼ね合いから、出会い系を除く有害サイトの法規制は引き続き見送られ、実効性の確保が課題になりそうだ。

 現行の出会い系サイト規制法も未成年者の利用を禁じ、事業者に年齢確認を義務付けている。しかし、対策案は少女を中心に「犯罪被害者が毎年千人以上いる」と指摘し、本年度中に法改正の結論を得るとした。運転免許証、健康保険証のコピーの送付や画像の送信など年齢確認方法の厳格化を求める方向だ。

 出会い系サイト被害者の96%以上が携帯電話からのアクセスだとして、携帯電話でのサイト閲覧を制限するフィルタリングの普及促進も柱に据えている。このほか関係機関による「ネット安全・安心全国協議会」設置や、警察によるサイト監視「サイバーパトロール」の民間委託、特定電子メール送信適正化法改正による迷惑メール規制強化を列挙。

 闇サイト対策は「サイバーパトロールや、(一般からの通報を受け付ける)インターネット・ホットラインセンターの体制強化を図る」との内容にとどまった。

【対策案のポイント】
▼出会い系サイト規制法を改正し未成年者利用の防止を徹底

▼有害サイトへの適切な判断力を育成するため、学習指導要領を改定し情報モラル教育を推進

▼出会い系以外の有害サイトの法規制は見送り

▼有害サイト閲覧を制限するフィルタリングの普及促進

▼関係機関による「ネット安全・安心全国協議会」設置。警察のサイバーパトロールを民間委託

 ▼出会い系サイト規制法 インターネットの出会い系サイトを利用して18歳未満の未成年者に性交渉を持ち掛けることや、未成年者がサイト掲示板に相手を募る書き込みをすることを禁じる法律。年齢、性別を問わず一律100万円以下の罰金。事業者には未成年者の利用禁止の明示や未成年者でないことの確認を求めている。携帯電話の普及で出会い系サイトをきっかけにした児童買春などが急増したのを受け被害防止を目的に2003年9月に施行された。



 

また佐賀県で犠牲者が

★県青少年健全育成条例違反容疑で逮捕 /佐賀

・18日、県立武雄、嬉野両高校の非常勤講師、実名容疑者(2×)=佐賀市実住所=を。

 17日午前2時半ごろ、鹿島市の公園駐車場の車中で、同市内の県立高校2年の女子生徒(16)の体を触るなどした疑い。2人は昨春、共通の友人を通じて知り合い、交際していたという。警ら中の警察官が車内にいる2人を発見、逮捕した。(鹿島署調べ)


http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/saga/news/20070719ddlk41040073000c.html


 またしても 佐賀県で淫行条例による犠牲者「逮捕者」が発生してしまった。

 もういい加減淫行条例など 子供を守ると無意味で成人男性を性犯罪者のレッテルを貼るためにあるような、悪法は廃止すべきなのに

 廃止に向かわないどころか 近年は、罰則範囲の拡大、罰則強化ばかりしか進まないので やはり 所詮世の中捨てたものかもしれないね。


 <17日午前2時半ごろ、鹿島市の公園駐車場の車中で、同市内の県立高校2年の女子生徒(16)の体を触るなどした疑い。2人は昨春、共通の友人を通じて知り合い、交際していたという。警ら中の警察官が車内にいる2人を発見、逮捕した。

 ■交際していて 身体を触ることのどこが悪いんだ!!!!!!(怨
 
 この男性もやはり 性犯罪者のレッテルを貼られ 周囲から白い目で見られ 当然非常勤講師は、クビになるだろうな。

  交際してて身体触っただけで 手錠をかけて 牢屋にぶち込む権力には、本当に 怨念 を感じずにはいられないよ!!!!

 nikusimi.jpg

20070819184459.jpg

10/29 描写

10/29

なんとか合格

 パソコン教室に通い始めたという記事は、約2ヶ月前に書いた。

今月、なんとかエクセルの試験に合格することが出来たので、そろそろ仕事を探そうと思う。

 さすがに もう自動車を大量生産する仕事に就きたくないので、デスクワークなど 心理的な抵抗の少ない 仕事に就きたいと思っている。

  しかし それ以上に 2003年に宝くじ で1千万さえ当たっていれば 僕は、この4年間 工場の仕事なんか しなくても良かったのに

 世の中は、 宝くじは当たるべき人間には、当たらず反面 フェラーリ買ったり 豪邸建てたり するようなありふれた 使い道しかしない人にばかり当たるので そろそろ宝くじへの怒りの記事も近いうち 久しぶりに書く予定である。

 
 

まだ 人を性犯罪者の、レッテルを貼る対象がまだ物足りないのか!!!!

ニュース記事は、こちらの記事を読んでいただくとして 結局 規制推進派どもは、なにをしたいのか? 本当に疑問を感じる。

 まず 児童ポルノ法は、既に1999年成立して、2004年に改悪されてしまっている。

 児童ポルノ法は、たとえ同意で撮影しようが、被写体が18歳未満であったら、衣服の一部をつけないだけで撮影者は、逮捕される悪法だ。

 これでもまだ物足りないか? 規制推進派は!!!

最近では、ついに、17歳の女子高生の水着撮影で逮捕者まで出たのに

 児童ポルノ法既に、悪法なのに まだ 人を犯罪者のレッテルを貼り足らんのか!!!!! 貴様ら規制推進派は!!!  

 子供を守れという巷の戯言も 非常に うそ臭い。

 子供を守るという戯言さえ 振りかざせば何をしてもいいわけではない。

 現状でも 児童ポルノ法は、 水着姿の撮影で逮捕者が出るだけでも 非常に、子供を守ると関係ない大問題な悪法であり

  対象年齢が18歳と高すぎるなど の議論が全くされずに ただ 罰則対象を拡大するのは、 子供を守ると全然関係ない。

 では、単純所持規制が成立して  昔普通に売られていた 被写体が当時18歳未満の頃撮影された ヌード写真を持っていただけで 性犯罪者のレッテルを貼って 社会的に抹殺することは、その逮捕された人は、 悪法による犠牲者 あるいは、 悪法によって生み出された 逮捕者 と考えることは出来ないのか?

 また、児童買春・児童ポルノ禁止法は 被写体が18歳未満のエロ写真を規制しているだけでなく 買春も規制しているけど 18歳未満に金を払ってエッチすることのどこが、 人権侵害なのか? 僕には、理解できない。

 もちろん これは、数少ない実在児童ポルノ規制を疑問視する僕の考えであり、巷の漫画やCGのエロ表現さえ 守れたらあとは、どうでもいいという 自称規制反対派 とは、通じ合わない。

  金を渡して 性行為しただけで 性犯罪者のレッテルを貼って 社会的に抹殺される意味が僕には、分からない。

 僕が児童ポルノ法を疑問視する最大の理由は  被害者もいないのに 成人男性の方を軽々しく 性犯罪者のレッテルを貼り 社会的に皆で抹殺するという のは イジメとしか思えないので、 疑問を持たずにいられないわけである。

 別に 実写版の18歳未満のヌードに興味ないという人を偽善呼ばわりする気もない。

 たとえ、熟女が好きな人であろうが、 10代が好きな人を簡単にロリコンやら ペドやら 性犯罪者のレッテルを貼るこのイジメ体質な社会を疑問視できる人なら 物事を幅広く考えられる人だと考える。

 自分が ただ 10代と性行為したいから 反対するという意味ではない。

 それ以上に 人を軽々しく 社会的に抹殺するイジメ体質がどうしても 許せないのだ。

 10代と同意の元で 露出度の高い 水着を撮影したり 性行為をした人を 集団で性犯罪者のレッテルを貼りたくて うずうず している 偽善的な勇者国民どもが 子供を守りたいなんて 本当に考えているなんて到底考えられない。

 それに 児童ポルノ法を厳しくして ロリコンをもっと厳罰化して 子供を守れとか ほざく奴らが 反面  少年法をもっと厳しくして ガキだろうが 厳しく処罰するべきだ。 といってたりするからね。

 所詮、巷の 児童ポルノ法違反 で逮捕された人を叩く 世間体どもは、 ただ 人を叩きたいだけである。

 

 
 

再び、自民党の暴走が始まる

  ■再び、権力への憎しみ(怨)が爆発するような ニュースを聞いてしまった。
 自民党は、どうしても表現規制を実現させたがっている!!!
 
 下記のニュース記事を読んで、もう日本国民の何割かは、駆除されて その 100万人の勇者国民 の死体の山に上がりたいほど 憎しみ(怨)に駆られてしまった。

 ただ、この報道の仕方にも、疑問がある。
世論の9割とあるが、 調査は今年9月、全国の成人男女計3000人を対象に実施し、
有効回収率は58・9%。 であるから 日本の世論の9割が賛成と言うことにはならない。
 

 
  児童ポルノの単純所持規制をして 何がしたいの?という疑問もある。
  18歳未満の女の子のエロい写真を同意で撮った人を 性犯罪者のレッテルを貼って 集団で、袋叩きにしたいとしか思えない。

 毎度 反吐が出るほど 聞き飽きた 児童保護というのは、 誰かを性犯罪者のレッテルを貼って集団でいじめたいがための 口実としか 思えない。

 また、ヌードに出演した女の子も 周りから いじめに遭うこともあるらしいが、 児童ポルノ法は、子供を守るためよりも ただ人を性犯罪者のレッテルを貼って いじめるための悪法の側面がかなり強い。

 成人が、自分の18歳未満の頃の写真を投稿して逮捕されたとも聞いたことがある。

 児童保護とか思ってもないこと言うなや!!!!



“有害サイト”規制法案 自民特別委 議員立法で提出へ
2007.10.23 NHKニュース 
http://d.hatena.ne.jp/okumuraosaka/20071025/1193263169
自民党の青少年問題に関する特別委員会は、インターネットの有害情報などから
子どもを守るため、インターネットのサイトやゲームソフトなどを規制するための
法案を、早ければ来年の通常国会に議員立法で提出することを目指す方針を
確認しました。

携帯電話やパソコンが子どもたちにも広く普及するなかで、
出会い系サイトなどを通じて知り合った相手に誘われて、
子どもたちが性犯罪や暴力を受ける被害が増えています。

こうした現状を踏まえて、自民党の青少年問題に関する特別委員会の幹部が、
きょう会合を開き、有害情報から子どもを守るための法案を議員立法で国会に
提出することで一致しました。

法案の内容としては、
▽有害サイトを運営する業者や個人が、民間団体などからの削除の依頼に応じない
ケースもあることから、規制を検討するほか
▽有害なゲームソフトやDVDなどに対する規制の内容や罰則が、
都道府県によってばらつきがあることから、全国共通で規制を行うことを
盛り込みたいとしています。

特別委員会は、今後、法案の具体的な中身について検討を進めたうえで、
早ければ来年の通常国会に議員立法で提出を目指すことにしてます。


 
 有害サイト規制、賛成9割=児童ポルノの「単純保持」禁止も-内閣府調査
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071025-00000120-jij-pol

子どもたちに悪影響を及ぼす恐れのあるわいせつ画像など
インターネット上の有害情報について、内閣府が25日発表した特別世論調査結果に
よると、約9割が国による規制を求めていることが分かった。
雑誌やDVDなどに関しても、「規制強化すべきだ」との回答が8割に達した。
有害情報のはんらんを懸念し、規制強化を求める声が強まっていることがうかがえる。

政府は7月、有害情報に関する関係省庁の検討会議を発足。
年内をめどに規制を含む対策を取りまとめる予定だが、
「表現の自由にも配慮しながら検討したい」(内閣府担当者)としている。
ネット上の有害情報規制は現在、通信事業者などの自主規制に委ねられているが、
国による規制に賛成の人は90.9%。反対はわずか4.5%だった。

有害情報が都道府県条例で規制されている雑誌、DVD、ゲームソフトなどに関しても、
80.8%が「規制を強化すべきだ」と答え、「現状程度」13.8%、
「緩和すべきだ」1.0%を大きく上回った。

また、児童ポルノを他人に販売・提供することを目的としない「単純保持」は、
児童ポルノ禁止法の処罰対象外となっているが、単純保持への規制にも
賛成の人は9割を超えた。
[最終更新:10月25日19時1分]



9割「ネットも規制せよ」 有害情報で内閣府世論調査
[10月25日19時44分配信 産経新聞]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071025-00000941-san-soci
内閣府は25日、「有害情報に関する特別世論調査」の結果を発表し、
わいせつ画像や犯罪を誘発するような有害情報の規制がないインターネット上でも
「規制すべき」と9割の人が答え、現在各都道府県の条例で規制されている
雑誌やDVDなどについても、6割以上が「国として規制すべき」と回答したことが
わかった。

調査は今年9月、全国の成人男女計3000人を対象に実施し、
有効回収率は58・9%。
有害情報に関する今後の施策の参考にするため、今回初めて実施された。

雑誌、DVDなどへの規制の程度については、80・8%の人が「強化すべき」と
回答。
子供が携帯電話を使ってインターネット上の有害情報にアクセスして被害に遭う
ケースが増えているが、携帯電話から有害情報を取り除くフィルタリングについては、
51・2%が「知らない」と答え、「よく知っている」は19・2%に留まった。

内閣府は「子供を有害情報から守るためには、フィルタリングが有効だが、
半数以上に周知されていないことがわかった。
もっとわかりやすく保護者を啓発していきたい」としている。




「有害情報に関する特別世論調査」の概要
http://www8.cao.go.jp/survey/tokubetu/h19/h19-yugai.pdf
2007年9月 内閣府政府広報室

調査項目
5 児童ポルノの単純保持の規制について
6 子どもの性行為等を描いた漫画や絵の規制について

7.実在しない子どもの性行為を描いた漫画や絵の規制について(2007年9月調査)
・対象にすべきである 58.9%
・どちらかといえば対象とすべきである 27.6%
・どちらかといえば対象とすべきではない 6.6%
・対象とすべきではない 2.5%
・わからない 4.5%

児童施設抜け出した17歳、カッターで首切り自殺未遂

(読売新聞 - 10月24日 13:42)
 24日午前8時ごろ、東京都中野区沼袋のマンションの2階で、警視庁野方署員3人が、児童自立支援施設を抜け出して自宅に戻っていた無職の少年(17)に任意同行を求めたところ、少年がベランダをよじ登って3階の他人の部屋に侵入、室内にあったカッターナイフで首を切って自殺を図った。

 少年は病院に搬送されたが、全治約1週間の軽傷。

 野方署によると、少年は先月18日、自宅近くの路上で、包丁を持っていたところを同署員に銃刀法違反の現行犯で逮捕され、都内の児童自立支援施設に保護されていたが、今月16日に施設から抜け出した。少年は母親と2人暮らしで、同署員が同行を求めた際、母親は外出していた。



■このニュース記事だけでは、この17歳の少年がなぜ施設に収容されていたのかは、分からないけど、まさか不登校だから? とも考えたけど さすがに、17歳と言えば義務教育を終了しているので、不登校が原因で施設に収容されたとは、考えにくい。

 しかし、調べてみるとどうやら、児童養護施設とやらでも、体罰の名の下、虐待が行われているらしい。

 http://gyakutai.yogo-shisetsu.info/
 
 ■リンク先のサイトにあるとおり、本当に従来はなかったとされる? 児童虐待が近年増えているかは、まだ勉強不足で今の僕には、分からないけど、近年 児童虐待のニュースが頻繁に取り上げられるようになったことは事実である。

 児童擁護施設の虐待も本当に、許せない行為である。
もしこれで小中学生の年代の子供が、不登校を非行などと、いいがかりをつけられて 施設に収容されているような子がいたら、一応いじめを受けたことのある僕としては、非常に頭に来る話だ!!!!

 いじめは、多分なくならないにしろ、最悪の結果を防ぐためにも、ホームエディケーションホームスクールを推進して、子供にイジメから逃げる権利 を与えるべきなのに、無理やり学校に連れ戻すことは、それこそ 権力によるイジメ である。

 本当に、不登校を権力で取り締まるようなら、今の権力者たちを どうにか しないと悲劇はいつまでも繰り返される!!!!

ゆとり教育叩きは、うっとうしい

 よくネット右翼を含む 勇者国民ども は、ゆとり教育を叩いている。

 ゆとり教育のせいで学力が低下しているだの

 しかし 僕は、学力低下の何が悪いのか? 疑問だ。

 だいたい学校の勉強の知識は、中学の勉強をマスターしていたら、日常生活に困らないのに 

 なんで わざわざ 諸外国と 競争しなくてはならないのか?

  ゆとり教育は、子供たちの 休日を増やす良いやり方だったのに
去年の教育基本法改悪のせいで、週休2日も廃止され、しかも小学校の夏休みまで縮小されるという。

 本当に今の子供たちは、いじめ主義者の 自民信者どもに 詰め込み教育を強制されて、むごいと思う。

 こんなくだらない今の教育だからこそ 不登校を推進したい気持ちだが、 不登校すると 教育的ネグレクトだのいいがかりをつけられて 不登校している少年が無理やり 学校に連れ戻されたり 最悪の場合は、 不登校するのは、精神に問題があるとして、 逆効果しかない 精神病院に 連れて行かれたとしたら これは、僕は 憎むぞ!!!!

 僕も過去にいじめを受けたことのあるものとして、 いじめ自殺の悲劇はもうなくなって欲しいと本気で思っているのに、政府は、まだ同じ悲劇を繰り返したいみたいだね。

  やはり 自民信者 や 自民党員どもが 今まで 日本を駄目にしてきたということは明らかだ。

 小泉は 「自民党をぶっ壊す」とかほざいたけど 僕は、あれは、切れそうになった。
 
 自民党は、まだまだしつこくゴキブリ以上にしぶとく居座っているではないか!!!!

 ぶっ壊すというのなら、 自民党の存在そのものを消せよ!!!!
小泉も 構造改革とかほざいていながら、庶民に痛みだけ残して総理大臣をやめやがったな!!!!  ええ加減にせえよ!!!!!
2007/10/20 04:39虐めページ上部へ▲

仕事のための仕事

 今の世の中、必要ないというか、やらないほうがましな仕事がたくさんあると思う。

 新しい物をつくるのは、いいけど常に毎年毎年、大量生産し続けなくてはならないという状況は、普通に疑問に感じたりはしないのだろうか?

 仕事がないから、仕方なくやりたくない 製造業をやるという人生も寂しいものだと思う。

 金のために やりたくもない 仕事をやっている人が多い。

 本当に省エネをしたいのであれば、現在の工業生産システムを縮小するしかないことは、分かっていても、仕事がないから、仕方なくやりたくない仕事をやり続けるという人生。

 日本は、休みが少なくなかには、連休も取れずに 旅行すらいけない人もいる。

 僕は、こういう勤務状況には、非常に怒りしている。

 幸い、僕が今まで勤めていた会社は、年に3回ほどの大型連休があったので、僕は、まだましな方だとしても

 毎日、生活のため、安い給料のために、朝から夜遅くまでこきつかわれ、中には、サービス残業させられている人もいる。

 友人のTも最近まで朝から夜遅くまでサービス残業にこき使われて、身体もしんどくなり上司に「僕、やめます。」と言ったら「それは、いかん!」と言われ、Tの言い分を聞いてくれなかったので彼も会社に無断で退職したらしい。

 これで良かったと思う。

ただ、生活するために 仕事、仕事ばかりの毎日の人生で終わるのなら、 自殺したくなってもおかしくない。

 時間がもったいない。

 そんなに、必要のない仕事であろうが、生活だけのために いやいや 長く続けてそれで人生終わるのなら、ある意味死んだほうがまし とも思う。

 楽しみがあるからこそ、生きる意味があるので、あると思う。


2007/10/19 23:11怒りページ上部へ▲

友達がいないわけではないけど

 僕にも友達がいない訳ではない。

今年数年ぶりに再会した一応友達も何人かいる。

 昔、僕をいじめたことのある奴でも今会えば、表面的に話ぐらいは出来る人もそんなに、少なくはない。
 僕は、いじめに関してもまだマシな方だと思う。
テレビで見た話によれば、僕とは比にならないほど陰湿なイジメに遭っている人もいるし
 (だからこそ不登校ホームエディケーションは、少年の大切な権利なのに  また学校に行くことを強制する義務教育そのものにも素朴な疑問を感じたりもする。)
 

 もちろん、このブログで書くような話題の出来る友達は、非常に少ない。

 前にも書いたと思うけど、現実の友達でこのブログを教えているのは、TとZという小学生時代からの付き合いの2人だけである。

 Tとは、一度友達をやめたつもりだったけど2006年の夏、2年ぶりに再会して、一応友達に戻り、僕のブログを読んでから今年の参議院選挙への投票に行ってくれたみたいでそこは、感謝したので、友達は続けたいと思う。
 しかし、Tの妻は未だに嫌いである。
 2003年11月のとき、Tが久しぶりに「飲もう」と誘ってくれてせっかく久しぶりに飲んでいるのに、MというTの妻「当時は彼女」は、15分に一回ぐらいの割合でしつこくTにメールしてきた。
 僕は、かなり頭に来て「せっかく久しぶりに会ったんだから無視してくれや!! 後でメールしたらいいやんか!!」と言ったのだが、僕の言い分は聞いてくれなかったので、あの当時はかなり頭に来た。その年の11月末、些細なことでTとメールでケンカになり、一旦友達がやまり 2004年8月偶然ゲーム屋で会い仲直りしたかに見えたが、その後僕が何度電話しても僕の電話は完全に無視だったので、僕はあいつは裏切ったと判断していた。
  そのことだけは、今でも少し根に持っていたりする。
もちろん、済んだことをいつまでも愚痴愚痴と言ってもしょうがないのは、分かるけど なぜ今でも根に持っているのかといえば、この前二人でMANHUNTやPOSTALなどのゲームをやっているときにも4年前の11月のときのように せっかく2人でゲームをしているのにもかかわらず しつこくメールして来たからだ。
   あの女、4年前と変わってない!!! もちろん変われば、4年前の恨み?は、愚痴愚痴言うつもりはないけど
 


 そのときも僕は「あの妻は君に毎日会えるのに僕とたまに会っただけで早く帰って来い といわれるのはおかしい。 抗議するぞ!!」と言えば、Tは辞めてくれ! と言ったので仕方なく我慢したけど
  Tに多少不満はありながらも、友達関係だけは、続けて行きたいと思う。

  Zも一応選挙に行くとは行ってくれた。 その後のことは、まだ聞いてないけど

 僕がTと友達に戻ることが出来たかと思いきや、今度はTとZが互いの妻と彼女の揉め事がきっかけとなって 2人の友達関係がやまってしまったのは、真に残念だけど

 せっかく僕がTと友達に戻ることが出来たら今度はTとZの友情に亀裂が入り友達がやまってしまうとは、本当に残念だ。

 Tも今年の末には、京都に行ってしまうらしくそれは、寂しいと思う。

 なんとかTが京都に行く前に、Zと一旦話し合って仲直りして欲しいものだが

 しかし、Tの妻は彼を束縛しすぎである。
男友達と夜遅くまで遊んでいるだけで、早く帰って来いとMAILが来る。
 あの女は、Tを狂おしいほど溺愛してしまっている。

 僕だったら、例え女に愛されようが、束縛されるほど 愛されすぎても困る。

 僕は今まで南は九州、北は東北まで長距離ドライブしたことがあるのだけれど、こんなに彼女あるいは、妻に束縛されてしまえば、僕の大好きな遠出も出来ない。

 僕だったら、こっちから別れる。

 自由を奪われるぐらいなら、彼女すらいない今の独身状態のほうがはるかにまし

 

当ブログでは、同じ内容を何度も書いていますが

 このブログでは、内容的にほぼ同じことを何回も書いている記事もありますが、僕の頭の整理用ということでご了承ください。
2007/10/17 04:30未分類ページ上部へ▲

性犯罪者は、本当に再犯率が高いのか?

 よく勇者国民どもは、性犯罪者は、再犯率が高いから 去勢しろとか日本にもミーガン法を導入しろとか きれいごと ほざくけど 本当に性犯罪者は、そんなに 再犯率が高いのだろうか?

 一応調べてみた。
(引用開始)

 <一部の統計資料では「再犯率」という言葉を全ての犯罪を総合して使っていることが多い。つまり、以前性犯罪で逮捕されて刑期を満了して釈放されたあとまた性犯罪をおかしたケースと、以前性犯罪をおかした人が釈放後に万引きで逮捕されたケースを全く区別していない。ミーガン法の目的は同一の加害者によって性犯罪が繰り返されるのを防ぐことであるから、全ての犯罪を総合した数字ではなく「性犯罪をおかした人が、釈放後にふたたび性犯罪をおかす確率」を「再犯率」として議論に用いるのが適切である。

(中略)

 なお、再犯率と混同されているデータとして、警察庁のウェブサイトに掲載されている統計資料「平成15年の犯罪」に含まれる「罪種別 初犯者・再犯者別 再犯者の前回処分別 検挙人員」 (警察庁, 1994) という表が存在する。これによると、例えば「強姦」で逮捕された1342人のうち初犯者が676人、再犯者が666人とされており、従って逮捕者全体に対する再犯者の割合は49.6%にも相当する。 「強制わいせつ」であれば、2273人中所反射1338人、再犯者935人であり、41.1%だ。しかし、これらデータでは「再犯者」が過去にどのような犯罪で逮捕されたのか区別していないという問題があるばかりか、数値自体「再犯者率」と呼ぶべきものであって、「一度犯罪をおかして逮捕された人が、ふたたび犯行に及ぶ確率=再犯率」とは直接関係がない。仮に性犯罪の「再犯罪者率」が高くても、それは性犯罪の「再犯率」が高いことの証拠とはならない。なぜなら、再犯率が低くても少数の加害者が繰り返し犯行を重ねていれば「再犯者率」は高くなるからだ (なんばりょうすけ, 2005)


(引用終了)


 ■僕は、ミーガン法に反対である。

 凶悪犯の人権というよりも、例え本当に凶悪犯だったとしても、犯罪者の家族への いじめを助長することのほうが、効果が高いだろう。


 

 
2007/10/17 02:43虐めページ上部へ▲

<痴漢行為>植草一秀被告に懲役4月の実刑判決 東京地裁

<痴漢行為>植草一秀被告に懲役4月の実刑判決 東京地裁
(毎日新聞 - 10月16日 10:28)
 電車内で06年9月、女子高生に痴漢行為をしたとして東京都迷惑防止条例違反に問われた元大学院教授、植草一秀被告(46)に対し、東京地裁は16日、懲役4月(求刑・同6月)を言い渡した。神坂尚裁判長は「再犯の恐れも否定できず、もはや社会内での更生は期待しがたい」と厳しく非難した。弁護側は控訴する方針。

 植草被告側は「女性が振り返る際に『真犯人』が後ろに下がり、近くにいた自分を犯人と間違えた」と無罪を訴えていた。

 判決は、被害女性や痴漢を目撃した男性の証言に高い信用性を認め、植草被告が主張する「真犯人」の存在を「証拠上全くうかがわれず、弁護人が独自の推論で可能性を指摘するものに過ぎない」と一蹴(いっしゅう)した。「痴漢はしていなかった」と述べた弁護側証人の証言についても「被告すら認めている事実関係とも内容が違う。車両に乗っていたことと事件を目撃したことの両面で相当の疑問を差し挟まざるを得ない」と退けた。

 さらに「取り押さえられた際に、騒ぎを恐れて抵抗しなかった」などとする植草被告の証言を「信用性を欠く」と判断。「女性の人格を無視した卑劣な犯行で刑事責任は重い。妻子があり、大学に勤める身で、行動には強い自重が求められていたが、その社会的責任を放棄するにも等しい」と断罪した。

 判決によると、植草被告は06年9月13日夜、京浜急行の品川-京急蒲田駅間の下り電車内で女子高生の尻を触った。判決は、植草被告が98年に電車内で女性の両ひざを触ったとして罰金5万円の略式命令を受けたことや、04年にJR品川駅で女子高校生のスカートの中を手鏡でのぞこうとしたとして罰金刑になったことにも言及し「規範意識に相当問題がある」と指摘した。植草被告は「一度も痴漢はしていない」と3件とも否定していた。【銭場裕司】


■このニュースに対するミクシイの勇者国民のコメントみてみると。
警察、マスゴミの情報を鵜呑みにしている連中があまりにも多い
今の大衆はほとんどがそんな人間ばかりかとも思えるね。

日本人はこんな奴ばかりだから、ええように国家権力に操られていく。

 僕は、まだ勉強不足だから、植草教授のしたことが真実なのかは、はっきり分からないが、それによって隠された真実の方がどれだけ、重要か・・・・・
 ■おそらく植草教授は、権力にはめられたでっち上げ逮捕なのは、間違いないとは思うけど

小泉政権にとって、都合の悪い連中を 性犯罪者のレッテルを貼ることによって彼らにとって都合の悪い情報は、闇に葬り去られていくのだろう。


 しっかし それにしても ミクシイを含む マスゴミの言うことを鵜呑みにして 便乗して 犯罪者のレッテルを 貼る 勇者国民どもの書き込みを見ていたら 頭に血が昇るほどの 憎しみ を感じずには、いられない。

 またいつもの犯罪者叩きの書き込みを見ていると 憎しみと怨念が沸いてくる。

 僕は、今の段階では植草教授を無罪だと断言は出来ないにしろ 軽々しく 植草教授を叩く奴ら  (怨)はよ死ねや!!!!!!!!!

 性犯罪のレッテルを貼られたからと言って、軽々しく去勢しろとか!!!!
 刑が軽いとか!!!!!

 こいつら、勇者国民は、ただ人を何らかのレッテルを貼って集団で独りを叩く 正義面した ただの偽善者だな!!!!!

 僕は、憎い勇者国民どもに対して 去勢しなくても いいけど その人を中傷する減らず口を叩けないように安っぽい正義感を振りかざせないように 勇者国民 一人一人を 一箇所に集めて 左手に ナタや鎌を持って クビや腹を切り裂いてやりたいほど 憎しみを感じる!!!!

 お前ら偽善者なんか 地震に巻き込まれたほうがすっきりするね。
 
200708191844582.jpg

水着撮影で逮捕 

<(時事通信社 - 10月16日 13:03)
 女子高生のわいせつな水着姿を撮影し、DVDを製作したとして、警視庁少年育成課などは16日、児童買春・ポルノ処罰法違反(児童ポルノ製造)の疑いで、出版社「心交社」(東京都豊島区)チーフプロデューサー(34)=埼玉県桶川市下日出谷=、ビデオ製作会社「LLC」(新宿区)の監督(38)=江東区木場=両容疑者ら4人を逮捕した。同課は心交社とLLCも書類送検する。



 水着姿を撮影した作品を同法違反で摘発したのは初めて。4人は「児童ポルノに該当しない」と否認している。



 調べによると、有金容疑者らは2月1日から3日の間、インドネシア・バリ島の別荘で、都内に住む当時高校2年の女子生徒(17)のわいせつな水着姿などを撮影してDVDを製作した疑い。 



[時事通信社]


 ■何だ? [emoji:e-262]この人を性犯罪者のレッテルを貼る悪法は!!!!!!

 ■ついには、水着撮影で逮捕者まで出てしまった。
やはり、児童ポルノ法は、成立させてはならなかった悪法だった。

 これについては、巷の規制反対派らは、多分ざまあみろと思ってるんだろうな。

 漫画規制反対派でも、これだけで、逮捕はやりすぎと思う人も多少は、いるとも思うけど

 
  しかし衣服を着けない状態でもないのに水着姿で逮捕なんて、これは、見せしめとしかいいようがない。
  もっとも衣服を着けない状態でも、了解を得ていたら絶対に処罰すべきでないけど

 巷の規制反対派は、大嫌いで、規制推進派とともに、共倒れしてくれたらいいと前から思っている。

 これについて、また書くと 記事が重複してしまうので、詳しくは僕の過去記事を読んでいただきたい。

 どちらも大嫌い!!!!!!
 

  

給油に反対するものはテロリスト?

<給油反対「テロリストだけ」=自民・中谷氏
(時事通信社 - 10月14日 13:04)
 自民党の中谷元・安全保障調査会長(元防衛庁長官)は14日、フジテレビの番組で、民主党がインド洋での海上自衛隊の給油活動継続に反対していることに関し「(給油活動は)国際社会の中で非常に評価され、ぜひ続けてくれと要望されている。反対するのはテロリストしかいない」と批判した。さらに「民主党はテロリスト集団か」との質問にも「(反対するのは)僕には理解できない」と語った。 



[時事通信社]


 ■給油に反対しただけでテロリスト呼ばわり

正義の名のもとイラクを侵略しているアメリカに従わなかったら、テロリスト呼ばわりか?


 ホント自民党は、心から腐った奴ばかりだな。
さらにこんな自民なんかを支持しやがる勇者国民ども

 やはり 21世紀は、人類の 滅び時かもしれないね?
 

<再審判決>強姦逮捕から5年半ぶり無罪確定 富山

 富山県警に強姦(ごうかん)などの容疑で逮捕され、服役後に冤罪(えんざい)と分かった柳原浩さん(40)の再審判決公判が10日、富山地裁高岡支部であった。藤田敏裁判長は「被告人が各犯行の犯人でないことは明らか」として、求刑通り無罪を言い渡した。検察は同日、上訴権を放棄し、逮捕から5年半ぶりに無罪が確定した。柳原さんは、拘置・服役期間の刑事補償を12月にも同支部に請求した後、国と県を相手取って国家賠償請求訴訟を起こす方針。

 藤田裁判長は、大津英一被告(52)=公判中=の自白、現場の足跡やDNA鑑定のほか、自宅から電話をかけていた柳原さんの犯行時間帯のアリバイを挙げ、「真犯人は大津被告と認められ、(当時の柳原さんの)自白には信用性がない」と判決理由を述べた。警察・検察の捜査手法については言及せず、最後に柳原さんに対し、「失った時間はどうにもできませんが、これからの人生が充実したものになることを心から願います」と付言した。

 弁護団は判決までに2度、取調官の証人尋問を求めたが、藤田裁判長は「必要ない」としていずれも却下した。柳原さんは閉廷後の記者会見で「真実が闇に消えたままで無罪と言われても、何もうれしくない」と悔しさをにじませた。小林大介・主任弁護士は「大変残念な勝訴。再審の枠組みを突き崩せず、冤罪の真相が究明できなかった」と述べた。

 この冤罪事件を巡っては、最高検が8月、問題点や再発防止策を報告書にまとめ、「足跡の照合など証拠の吟味が不十分なまま起訴した」と指摘。日本弁護士連合会も独自の調査に乗り出す。

 大津被告は強姦罪など14件の罪で起訴されて懲役30年が求刑されており、11月14日に同支部で判決が言い渡される。【茶谷亮、上野宏人】

 ▽佐野仁志・富山地検次席検事の話 改めてご本人をはじめ、ご家族、被害者など関係各方面に多大な迷惑をおかけしたことを心からおわびします。本件を肝に銘じ、今後基本に忠実な捜査をさらに徹底し、再発防止に努めます。

 ▽吉田光雄・富山県警本部長の話 無罪判決が決定したことで、改めて柳原浩様に対し、心からおわび申し上げます。今回の事態を重く受け止め、再発防止に努めているところであり、引き続き、この徹底を図ってまいりたい。

 ◇「納得いかない」柳原さん

 「納得いかない」。富山地裁高岡支部で10日あった富山冤罪事件の判決公判。逮捕から5年半ぶりに無罪判決を手にした柳原浩さん(40)は、ぶぜんとした表情を浮かべた。再審には、自らが「容疑者」「犯人」とされた理由の解明こそを望んだ。この日の法廷で得たものは、わずか10分で読み上げられた判決と、心に響かない藤田敏裁判長の付言だけ。柳原さんの声は、またも司法に届かなかった。

 午後3時。紺のスーツ姿で入廷した柳原さんは被告席に着き、緊張をほぐすように肩を1度回した。裁判長が読み上げる判決を、じっと座って聴き入った。判決は、不適切な捜査には触れず、誤審への謝罪もなかった。

 判決後、柳原さんと弁護団は、富山市の県弁護士会館で記者会見した。裁判長が「無実であるのに服役し誠にお気の毒に思う」などと、人ごとのように付け加えた言葉に対し、柳原さんは「当時、いいかげんな裁判をしなければ、こういうことにはならなかった」と、怒りをあらわにした。

 ただ、取調官の証人申請が2度にわたり却下されていたことから「裁判官には期待していなかった」との本音も漏らした。

 弁護団は「検察が請求して行われる現行の再審では、事実上、冤罪の原因究明のための活動が何もできなかった」と、悔しさをにじませた。【上野宏人】

 ★富山冤罪事件 富山県氷見市で02年1、3月に強姦と同未遂事件が発生。タクシー運転手だった柳原浩さんが逮捕、起訴されて懲役3年の実刑判決を受け、約2年1カ月服役した。仮出所後の06年11月、別の強姦未遂容疑などで逮捕された松江市の大津英一被告(52)=公判中=が氷見市の2事件を自供。「真犯人」の有罪確定前に、検察側が再審請求を行う異例の展開をたどった。



■この事件で柳原浩さんが、逮捕されたときは、犯罪者叩きが大好きな勇者国民どもは、こんな奴は、最低だ!
 こんな奴は、死刑だ。 去勢だ。

 と分かったように、正義感を振りかざしていただろうな。


■謝れば、すむ問題ではない。
 本当に冤罪が後を絶たないのは、なによりも 取調室可視化されていないのが、かなり大きい。

 痴漢冤罪だって、そうだ。

 

マスゴミこそ 有害情報

 政府に都合の良い情報しか報道しないゴミ売り新聞、ワイドショーこそ、有害情報を発信している 有害情報局 である。

 親を殺したいという心理は、そんなにおかしいことだろうか?

 こちらの記事と重複すると思うけど、あっちはあまりにも長文なので、僕の意見として、こちらにも書きたいと思う。

 僕は、親を殺すことを積極的には、肯定しないけど場合によっては、殺されても仕方ない親もいると考えている。

 ■たとえば、勉強ばかり押し付けてろくに遊ばせてくれない親
お受験とも言える、幼稚園受験をさせ落ちると子供につらく怒鳴り散らす親

 もし仮に、今の僕が、今の記憶を残したまま 子供に戻ることが出来たとして、こういう親に生まれてしまったら、こういう親を虐待復讐したいと思う。

 勉強を押し付けたり、大好きなテレビゲームを取り上げて勉強ばかり押し付ける親は、僕は大嫌い。

 僕の親も昔は、いちいちファミコンに文句をつけてきて、一時期は殺したいと思ったこともある。

 特に、ファミコン専用のテレビを隠されたときは、親を刺し殺したいと思った。
 ゲームボーイをこそこそやってるのが、ばれて 「これも要らんか?」といわれたときは、かなり腹が立った。

 幸いゲームボーイだけは取られなかったけど

 僕自身も過去に、親を殺したいと思ったことのある人間である。
でも、幸い僕の親は、高校に入ってからは、ゲームに文句をつけるのも結構ましになり、小遣いも増やしてくれたし
  今では、僕と親の親子関係もまあまあ仲が良い方である。

 たまに昔話をして、あのときのゲームに文句をつけるのは、間違っとったね。と僕が言うと親は、悪かったね。と言ったりする。

 今では、僕が冗談交じりでわざとグランドセフトオートのまねをして 口で「ブーンブーン」と言いながら、素手でチェーンソーで親を切る真似をすることもある。
 一応、今は親とも仲が良いので、過去に親を刺殺しなくて良かったと思っている。
 僕の親は、僕が小さい頃は、本当によく可愛がってくれていたことは、昔の写真を見たら分かる。
 僕がまだ可愛かったときの小さい頃の写真を見ると、僕が火傷しないように、ストーブの周りに金網をしてくれていたのが分かる。
 小さい頃の子育ては、決して悪くなかった。
問題は、僕が小学生になって、小学2年の頃、ファミコンを買ってくれたのだけれど そのうち、段々とファミコンの時間に文句をつけるようになり、土日しかしたらいかんとか言い出すようになり、僕の不満は、大きくなるばかり
 ドラクエとかは、戦闘画面に不満はあるものの本当に面白かったので、ファミコンをやらせてくれない日でもいつもドラクエのことを考えていた。
 家でファミコンが出来なかったので、結局は友達の家でファミコンをやりにいったこともある。「図々しいかもしれないけど」

 僕自身も一歩間違えると、殺人犯になるところだった。 踏みとどまって良かった。
 小学、中学のときの親の育て方は、はっきり言って間違ってたね。
結局、僕に勉強を押し付けようが、三流高校をなんとか卒業した程度の高卒で終わったし

  当然、いい年を迎えた今の僕は、親に何時間ゲームしようが、文句言われないけど、反対に今の僕は、テレビゲームはそんなにしなくなったし
  もちろん何時間もやる日もあるけど
毎日は、ゲームしないし
 やはり、テレビゲームばかり、やるのもなんだか時間がもったいない気もする。
 せっかく 体が動くのだから、外で遊びたいと思うこともあるし

 
僕の場合は、今は一応親と仲が良いので、良かったけど

 子供に軽々しく、暴力を振るう親なんか 殺されたらいいと思うこともある。

 マスゴミで取り上げられる 児童虐待で子供を虐待して時には、殺してしまう親は、僕も特に弁護する気はないけど それだけをただマスゴミに便乗して叩くだけでなく、 子供を束縛することも考え直したほうがいいだろう。

 家出非行扱いして、家出した少年を非行少年のレッテルを貼って、とがめることは、世間一般では正義として、扱われているだろうけど、そもそも 家出を非行扱いして少年をとがめることもいじめにならないのか?と 一度 冷静に考えてみては、いかがだろうか。

 当然、不登校登校拒否した少年を非行扱いする風潮も問題視せず、ただ 父親を殺害した少女を一方的に悪者扱いして、 殺された父親は、一部の落ち度もなかった純粋な被害者のように 扱う報道は、とても冷静な報道とは思えない。
 また、当然、アニメやゲームだけを悪者扱いすることも偏見報道でしかなく、そういう偏見報道こそ 立派な 有害情報であることもはっきりと主張したい。

 ネット上で見たことだが、なかには、 学校に行かないと親に殴られる少年もいるらしい。

 これについて、某偽善者は、殴られるうちが、ありがたいとかほざいていたけど、学校をさぼった少年を殴ってとがめようが、行きたくないというのが、本音であれば、 学校に行かないという生き方「一例としてホームスクールホームエディケーションまたは、フリースクール」もさせてあげればいいのに、ただ学校に行かないのをとがめる親なんてありがたくもない。


 さて、親を殺したいと思うことは、そんなに異常なのだろうか?
したいことをさせてくれず、自分のやりたいことをやろうとしたら、怒鳴ったり、時には殴るなど暴力を振るう親などを殺したいと思うことは異常なのだろうか?

 僕は、そんなに、異常でないと思う。
もちろん、出来ることなら、親殺しはないほうがいいのだけれど、子供をただ束縛して、殴ったりするような親は、子供に復讐されることも覚悟したほうがいいと思う。

 該当する人には、申し訳ないけど 例えば僕だったら、身体に重い障害を持って生まれたら親を怨むと思う。

 また、そういう障害を持った状態で生んでおきながら、殴られたりしたら、今の僕だったら間違いなく殺意が芽生えるだろう。

  子供を生むときは、本当によく 後先を考えた方が良い。

子供に勉強を押し付けてかけがえのない 10代という時期を、勉強で終わらせようという親も場合によっては、子供に怨まれる場合があるということも覚えて欲しい。
 また、場合によっては、生んだことを後悔させてもいいだろう。

 子供を束縛する親は、場合によっては「おいクソ親 束縛してろくに遊ばせてくれんのに よくも わしを勝手に生んだな わしを生んだことを後悔させてやる!!! 」と復讐する少年は、別に異常でないと思う。

 第一、「生んでください」とお願いしたわけでもないのに

 まあ、確かにこの世に生まれてきたいという意思を持って生まれてきた人間は、いないとは、思うけど

 ただ、僕は、自分に非があるにしろ 10代の頃 ろくに異性と遊んでいないので、もう一度 今の記憶を持ったまま 子供として 生まれ変わりたいと願っている。

 一応、僕の友人で親殺し、子殺しは、全部死刑で良い。と言う人もいるけど、それには、同意できない。

 血が繋がっていようが、子供を束縛して、やりたいことをさせてくれないような、親なんか、生んだことを後悔させるような復讐に遭えばいいとも思っている。(もちろん、理想としては、親自身が後に自分の育て方を反省して、改めて子供を遊ばせて仲の良い親子になることが出来たら復讐する必要なんかない。)


 また、血の繋がった生みの親よりも 血の繋がりのない育ての親の方がやさしい場合もこの世には、あると思う。

 もちろん逆の場合もあるけど

生みの親だからといって、親殺しは全部死刑というのは、よく分からない。
 
  この理屈で行けば、虫の蜘蛛
の子供は、死ねにならないだろうか?

 蜘蛛の子供は、生まれてくると、生みの母グモを食べてしまうので

 
2007/10/08 05:00怒りページ上部へ▲

殺された父親も問題視すべきだ!!

■京田辺・父殺害、二女を家裁送致…「刑事処分相当」と
http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20071005p203.htm

京都府警南署の巡査部長(45)が同府京田辺市の自宅で殺害された事件で、
京都地検は5日、専修学校生の二女(16)について、
「計画的で残虐な犯行。結果も重大」として「刑事処分相当」の意見を付け、
殺人の非行事実で京都家裁に送致した。
家裁は同日、観護措置を決定、二女を少年鑑別所に収容した。
二女は犯行の動機を「お父さんの浮気が許せなかった」と供述する一方、
「申し訳ない」と、初めて父親への謝罪の言葉も口にしたという。
しかし、殺害に至った理由の核心部分は未解明のままで、
今後は家裁の調査に委ねられる。

非行事実によると、二女は9月18日午前4時ごろ、自宅2階の寝室で、
1人で寝ていた父親の首を、手おの(刃渡り約11センチ)で数回切りつけて
殺害した。

府警の調べに対し、二女は数年前、母親(41)から父親の女性問題に
ついて聞かされたとし、「父親が嫌いで、憎んでいた」と供述。
犯行直前に黒いワンピース(ゴスロリ)に着替えたり、
事件の5日前に手おのを購入して凶器に用いたりした点については、
ゲームやアニメの影響もあったと説明した。

一方で、殺害に至った心情について詳細に追及されると、
「もういいです」「関係ない」とあいまいな供述に終始。
父親への謝罪の言葉は、3日の府警の最後の取り調べの際に初めて話したが、
その際も取り乱すことなく、淡々とした様子だったという。

地検は、二女の刑事責任能力については問題なく、精神鑑定は不要としている。
これに対し、二女の付添人を務める弁護士は「刑事処分が相当とは思わない。
家裁には慎重な調査を求めたい」とコメントした。

家裁は最長8週間の観護措置期間中に二女の成育環境などを調べ、
少年審判で検察官送致(逆送)か、少年院送致などの保護処分とするかを決定する。
(2007年10月5日 読売新聞)


<事件の5日前に手おのを購入して凶器に用いたりした点については、
ゲームやアニメの影響もあったと説明した。

  ■ もうゴミ売り新聞!!!!!! 本当にええ加減にせえや(怨)!!!! 

 ■毎度のことだが、いっつも政府に都合の良い偏見報道しかしない。
もう ただの暴力シーンのある漫画やゲームよりも ゴミ売り新聞の偏見報道こそが、有害情報と言えるな。


 暴力ゲームさえなければ、16歳少女は、殺人を起こさなかったといいそうだが、何度も言うように、今みたいに、暴力描写のリアルなゲームのなかった昭和30年代の方が、少年犯罪が凶悪だった。

 当然、ゴミ売りをはじめとする御用マスゴミは、そんなことは、報道しないけど

  新聞やテレビなどでは、最近の子供はキレやすくなったとしか、報道しないけど インターネットで調べてみると、過去にも、類似した事件があったことが分かる。
 
 (引用)

16歳少女、警官の父殺害=まさかりで首切る?-京都ということで、未成年女子の親殺しをまとめてみました。
少年犯罪データベースの少女の殺人事件と肉親に対する犯行も参照してください。
昭和24年以前の年齢表記は数え年のため、満年齢にすると1~2歳低くなります。


昭和2年(1927).3.5〔19歳女子(満17~18歳)ら母子が父親殺人〕
 茨城県結城郡の自宅で、長女(19)、母親(37)、祖母(75)が父親(42)をナタで殺害、3.5に起訴された。長男(13)も取り調べを受けている。

昭和8年(1933).1.22〔20歳女子(満18~19歳)ら兄妹が父親毒殺〕
 三重県宇治山田市の青物問屋宅で、次女(20)と次男(23)が実の父親(55)を毒殺、2月に母親の違う長男(29)にも薬を飲ませて重体としたが未遂に終わり、6.13に逮捕された。
 高等女学校を卒業している長女が、中学を神経衰弱で中退してぶらぶらしている次男に家を継がせようと大阪で薬品を買って風邪薬として飲ませ、重体となった父に看護する親類の目を盗んでさらに何度も毒薬を口に無理やり入れたもの。それまでも薬品入りの酒を繰り返し飲ませており、昨年7月に次男が就寝中の父親の頭をカナヅチで殴って重体としたが、医者が脳出血と誤診したので殺害してもわからないと考えていた。
 2人とも成績優秀で薬物や犯罪の専門書を熱心に読んで研究、妹は次男を神だと信じており、「神に代わって父を滅ぼした」「いまやっと父を殺したのは悪かったとハッキリ理屈ではわかりました。しかし私の心中には罪を悲しもうとする本当の涙は湧きません。神様、本当に父殺しの大罪を悲しむ涙を湧き出させて下さい」などと話す。
 次男はノイローゼとなり、近所の人に殺害したことを話したり大阪の教会で懺悔したところから発覚。かなりの資産家で、母親は父親に内緒で次男に5千円のこづかいを与えたりしていた。この年の銀行員大卒初任給70円。

昭和15年(1940).3.24〔19歳女子(満17~18歳)が母親毒殺未遂〕
 兵庫県武庫郡の農家で、女中(19)が母親(39)を殺害しようとネコイラズ入りの紅白まんじゅうを「おばさん一人でおあがりください」という手紙と共に無記名で郵送、4女(12)と長男(9)が食べて腹痛を起こし、逮捕された。命に別状はない。神戸市の家に住み込んで働いているが、未亡人の母親に悪い噂があることを知って毒殺を計画したもの。

昭和23年(1948).12.6〔中2女子(満13~14歳)が厳しい母親に反発し一家皆殺し〕
 福岡県大牟田市の自宅で、中学2年生の三女(15)が、夕食の大根雑炊に殺虫剤のアヒ酸を入れ、父母、祖母、姉、妹の家族7人皆殺しを謀る。たまたま食べなかった祖母以外の6人が苦しみ出して、五女(10)と六女(6)が死亡、ほかの4人は寝込んだが命に別状はない。三女も食べずに元気だったので疑われてすぐに自供した。
 三女は成績も良くバレー部の選手をしていたが、部活で遅くなると遊んでいたのだろうと厳しい母親にたびたび叱られ殴られた。こんなことでは一家皆殺しにしたほうがよいと考えたと、取り調べにも笑顔で話す。バレー部顧問の教師は、ずるい生徒でよくケンカをしており、皆には好かれていなかったと語る。


昭和26年(1951).7.1〔娘、凶暴な父親を殺す〕
 新潟県で娘、凶暴な父親を殺す。

昭和26年(1951).10.28〔19歳女子が一家皆殺し〕
 北海道勇払郡の農家で、次女(19)が朝食のみそ汁にヒ素剤殺虫剤ホトナートを入れ、食べた一家5人が苦しみだし、長女の婿(33)は死亡、母親(50)と長女(23)は重体、父親(55)と長女の長男(2)も重傷とした。次女だけがなんともなかったので追及すると、翌年1.16に一家全員を毒殺しようとしたことを自供した。この次女が母親の連れ子で家族のいざこざが絶えなかったため。

昭和27年(1952).5.19〔高3女子が父親を毒殺未遂〕
 福岡県八女郡の麦畑で、高校3年生女子(18)が父親(53)にネコイラズ入りのまんじゅうを食べさせて、父親を殺したと自首した。父親は手当を受けて重傷だが命に別状はない。5年前に母子4人が家を追い出されたため復讐の機会を窺い、嘘をついて呼び出して風呂敷で絞殺しようとしたが隙がないので、ネコイラズとまんじゅうを買ってきて毒殺しようとしたもの。「私は決して悪いことをしたとは思っていません。死んだほうが父は幸福です」と語る。

昭和29年(1954).9.1〔18歳女子同性愛の恋人が父親殺害〕
 青森県青森市の自宅で、無職の二女(20)と無職の少女(18)が父親(54)を殺害した。少女が「金が欲しい」と言うと、二女が「それならうちの親父を殺せばいい」と国鉄を退職したばかりの父親の退職金30万円を奪うことに話がまとまった。二女が父親に出刃包丁を突きつけて口論している隙に少女が後ろから紐で首を絞め殺した。二女も大勢の犯行に見せかけるため死体をめった刺しにして石炭箱に投げ込んで、懐中時計と5百円を奪って逃げた。退職金は長女が保管していたので見つけられなかった。発見されるまで数度家に戻って死体に手を合わせて詫びたが、4日に逮捕。翌日、留置所で少女はネコイラズ自殺を図ったが命を取り留めた。青森地裁で、二女は尊属殺と強盗で懲役15年、少女は5~10年の不定期刑判決。
 二女は中学3年生のとき強盗殺人で、少女は強盗未遂で少年院に入ってそこで知り合って同性愛関係となった。退院後も男装して2人で遊び歩き、遊興費が必要になったもの。この年の銀行員大卒初任給5,600円。

昭和31年(1956).3.9〔19歳女が結婚に邪魔な家族4人を皆殺し〕
 東京都江戸川区で、家族が一家心中したと女(19)が隣家に駆け込んだ。母親と小学校1年生の三男はすでに死亡。工員の長男(17)と中学2年生の次男が苦しんでおり、間もなく病院で死亡した。
 「おまえは飲まなくていいよ」と母親が言ってから弟たちとジュースを飲んだと女は証言したが、追及すると勤め先の工場から拾ってきた青酸ソーダをジュースに入れて殺害したことを自白した。
 昨年の夏に母親の勤め先の理髪店で知り合った青年に結婚を申し込んだが、「扶養家族が多いのは嫌だ」と断られた。そこで一家皆殺しを計画、家族でケンカをしたとき三男がジュースを飲みたいと言ったので、「それじゃ、ケンカの仲直りに」と毒入りジュースを飲ませたもの。
 女は犯行が発覚しても顔色ひとつ変えず、留置されるとわかってはじめて泣き出した。父親は5年前に病死していた。
 無期懲役が求刑されたが、母親とケンカしての発作的犯行であり、未成年であるため、東京地裁は懲役15年の判決を出した。

昭和33年(1958).6.15〔姉妹が酒乱の父を絞殺〕
 東京都足立区の自宅で、長女(16)と次女(13)が廃品回収業の父親(44)をヘコ帯で絞殺、弟(5)は足を押さえていた。仕事もせずに酒を飲んで乱暴するので母親は家出していた。減刑運動が起こり、異例の保護処分となった。

昭和33年(1958).6.22〔17歳ら兄妹3人が父親殺人〕
 福島県安積郡の農家で、長男(21)、次男(19)、長女(17)の3人が父親(45)の首を絞めて殺害、尊属殺人で逮捕された。父親は愛人宅に住んで畑仕事は子供たちにさせて収穫代金だけ巻き上げており、この日も押し掛けてののしったため思いあまって殺害したもの。地裁は事情を考えて死刑か無期しかない尊属殺人ではなく傷害罪で懲役3年執行猶予付きの判決を長男に出した。

昭和34年(1959).9.26〔15歳ニート女子が叔母を殺害未遂〕
 東京都渋谷区の自宅で、無職女子(15)が同居している叔母(33)の首を絞め、ナイフで腹を刺して重体とした。この姪の父親は戦病死し、母親も7歳の時に死んだため小学6年生から会社員の叔父夫婦に引き取られていたが、やがてグレだし不良仲間と遊び歩くようになったために1年間保護施設に入れられ、その後も女工や店員の仕事を1週間で辞めてぶらぶらしていた。「食事のあとかたづけくらい手伝いなさい」と叱られたのを怨んで殺人計画を立てていたと自供。

昭和38年(1963).12.〔19歳女子が父親毒殺〕
 熊本県の自宅で、無職の4女(19)が煮込みに農薬ポリドールを混入し父親(52)を殺害、北九州市に逃走したが逮捕された。中卒後はパチンコ店などで住み込みで働いていたが病気のため11月に辞職して実家に戻っていた。家の米を持ち出して金にしたり、姉の結婚資金2万円を盗んだりしており、バレると父親に叱られ、家出しても連れ戻されるので殺人を計画したもの。まったく罪の意識がない。

昭和39年(1964).8.4〔高3女が祖父殺害〕
 宮城県桃生町の農家で、高校3年生女子(17)が祖父(79)を殺害した。夏休みの旅行のために無断で祖父の貯金から4万3千円を引き出したが、見つかってしまったため遺書を書かせてから祖父の首を手ぬぐいで絞め殺し、自殺に見せかけたもの。

昭和40年(1965).4.1〔17歳女子と母親が義理の父親殺害〕
 東京都足立区の自宅で深夜0時、母親(45)と次女(17)が内縁の夫の工員(47)を殺害して自首した。7年前に2人の子供を連れて同棲するようになったが、籍は入っていなかった。酒を飲んで暴れたため帯で絞殺したもの。

昭和45年(1970).11.26〔16歳女子が父親を絞殺〕
 埼玉県児玉郡の自宅で、二女(16)が酔って寝ていた無職の父親(58)を殺害した。二女は23日に少年(18)と泊まりがけでドライブに行ったが、「娘が傷ものにされた」と怒って20万円の慰謝料を要求した。10ヶ月の月賦で払うことになったが、怒りのおさまらぬ父親が二女の晴着を焼いたため、腹を立てて首を絞めたもの。

昭和46年(1971).4.〔ボーイフレンドと実家に押入り実母を殺害して金品を強奪した事件〕
 被害者の2女(19歳)は、不良交友、窃盗を重ね中等少年院に収容されたが退院後も素行が改まらず、バンドマン(18歳)と不純交遊を重ね遊興費に窮したことから、被害者(実母)方に両名で押入り帯ヒモで絞殺の上現金、衣類等を強奪した。(札幌4月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。

昭和46年(1971).5.26〔中2女子が酒乱の父を絞殺〕
 兵庫県神戸市の自宅で、中学2年生女子(13)が、父親(36)を殺害した。働かずに酒を飲んでは暴れ、この日も朝から飲んで酒を買ってこいと言ったためケンカとなり、祖父(71)の首を麻縄で絞めようとしたため女子が取り上げたが、さらに手で締めようとしたため、麻縄を三重にまいて祖父と2人で絞殺したもの。母親は幼い時に離婚。生活保護を受けていた。

昭和48年(1973).10.15〔中3女が叔母を刺殺〕
 静岡県富士市の自宅で、中学3年生の女子(14)が養母(42)を殺害した。1日に家出し14日に保護されて帰宅したが、説教にカッとして台所の庖丁で15カ所をめった刺しにしたもの。
 生まれてすぐに母親が亡くなり父親も行方不明となって3歳から叔父夫婦に育てられていた。これまでも二度の家出と自殺未遂をしている。「説教してうるさいから消した。これで意見する者がいなくなってせいせいした」と平然としている。

昭和50年(1975).3.29〔高2女子が父親に頼まれ殺害〕
 香川県綾歌郡の自宅で、高校2年生の長女(17)が父親(49)を殺害した。父親は胃潰瘍で療養中だったが胃ガンで長くないと思っており「2,3日の命だ。早く楽にしてくれと父親に頼まれたため、日頃から勉強中も用事を言いつけられてうるさく思っていたこともあってとっさに殺そうと決意した」と自供。手斧で頭を数回殴ってストッキングで首を絞めたもの。目立たないおとなしい性格だった。

昭和50年(1975).12.29〔18歳孫娘が祖母を殺害して死体と2ヶ月同棲〕
 北海道河西郡で一人暮らしの老女が行方不明となり、その家に孫娘(18)と元自衛官の男(21)が同棲して老女の預金を引き出すようになったことに不審を抱き捜査したところ、12.29に押入からカチカチに凍った老女の遺体が発見された。
 10.30に2人は老女宅を訪ねて金を貸して欲しいと頼んだが断られたため、寝ているところを縛り上げて金を奪おうとしたが抵抗したので、また結婚を反対されていたこともあって、孫娘がまな板で頭を殴り、男にナタで殺害させたもの。
 孫娘は幼いときに両親が亡くなり叔父の養女となったが叔父も死に、10年前に祖母に引き取られていた。家を出て男と同棲していたが2人とも仕事をやめたため金に困っていた。

昭和54年(1979).2.13〔高1女子が母親を刺す〕
 東京都港区の自宅で、高校1年生の二女(16)が寝ていた母親(47)をナイフで7カ所刺し1ヶ月のケガを負わせた。両親は10年前に離婚、二女は父親と継母に育てられていたが、父親が事業に失敗して蒸発、実母に引き取られた。「今度のお母さんは異性のことにうるさい。話のわかる前のお母さんのところに帰りたい。それにはいまのお母さんが生きていたら邪魔だ」と自供。成績は中くらいで性格は明るかった。

昭和58年(1983).5.6〔働きなさいと祖母に叱られ、15歳少女が絞殺〕
 大阪府で働きなさいと祖母に叱られ、15歳少女が絞殺。

昭和59年(1984).2.〔高1女子が母親に暴行〕
 一人娘で両親の過保護下で育った女子高校1年生(15歳)は、不良グループと交際するうち知り合った18歳の無職少年と同棲を始め高校も中退し、その後、生活費が無くなる度に自宅に戻り母親に無心ていたが、母親が注意したり、無心を断わると大声で罵声をあげながら髪を引っぱるなどの暴力を加え、次第にエスカレートしていき、ついには母親に殴る、蹴る等の暴力を加え、肋骨骨折させたうえ、沸騰した湯を浴せて火傷させるなどの暴力を振った。(山形、2月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。

昭和59年(1984).10.11〔高3女子が酒乱の父親殺害〕
 東京都小平市の自宅で、高校3年生女子が酒乱の父親をビンで殴って殺害。母親に暴行を加えるため。

昭和60年(1985).2.1〔16歳女子が家出のため母と姪を絞殺〕
 愛知県春日井市の自宅で、会社員をしている二女(16)が母親(45)と姪(生後3ヶ月)の2人の首を絞めて殺害した。家出を繰り返してそのたびに母親に連れ戻されていた。「家出するため母を殺した。姪を残すと父が苦労するので一緒に殺した」と自供。長女(19)は未婚のまま赤ちゃんを産み、家出して行方不明。父親は建築作業員。

昭和60年(1985).5.14〔女高生、母への乱暴見かね、酒乱の父殺す〕
 大阪府で女高生、母への乱暴見かね、酒乱の父殺す。

昭和61年(1986).3.6〔中3長女が母親絞殺〕
 宮城県仙台市原町の自宅で、中学3年生の長女(15)と友達の中学2年生女子(14)が、就寝中の母親(39)をコードで絞殺した。離婚し病気中、長女は非行を重ね、生活態度についてうるさく云われることから、殺害しようと決意。

昭和61年(1986).6.23〔17歳女子が父親殺害〕
 東京都八王子市の自宅で、アルバイト女子(17)が父親(45)を殺害、すぐに逮捕された。酔った父親が早朝にテレビを大音量にしたため起こされた女子とケンカとなり、「死んだほうがいい」と言うと父親が「やってみろ」と言ったのでタオルで絞殺したもの。二人暮らしで、父親は建設作業員だったが1か月前から仕事をせずに酒びたりになっていた。

昭和62年(1987).8.28〔女高生、暴力ふるい厳しく監視する父を殺す〕
 群馬県で女高生、暴力ふるい厳しく監視する父を殺す。

昭和63年(1988).4.22〔16歳女子が父親毒殺未遂〕
 栃木県真岡市の自宅で朝5時、長女の無職女子(16)が就寝中の父親(45)の口に農薬を流し込んで殺害しようとし、重傷となった。会社員の父は日頃から家族に暴力を振るっていたが、住み込みで働きたいと相談すると殴る蹴るの暴行を受けて殺人を計画、数日前に農薬を買って隠していた。

昭和63年(1988).7.17〔中3女子生徒、母を刃物で刺す〕
 山梨県で中3女子生徒、母を刃物で刺す。

(引用終了)

  <昭和50年(1975).3.29〔高2女子が父親に頼まれ殺害〕
 香川県綾歌郡の自宅で、高校2年生の長女(17)が父親(49)を殺害した。父親は胃潰瘍で療養中だったが胃ガンで長くないと思っており「2,3日の命だ。早く楽にしてくれと父親に頼まれたため、日頃から勉強中も用事を言いつけられてうるさく思っていたこともあってとっさに殺そうと決意した」と自供。手斧で頭を数回殴ってストッキングで首を絞めたもの。目立たないおとなしい性格だった。

 ■大人しくて目立たない少女が親を殺す事件というものは、昔から、あった。
 ゲームさえなければ、大人しくて目立たない子が親を殺す事件がなくなるなんていうことは、成り立たない。

 最近 いっつも思うけど  クソマスゴミがあ(怨)!!!!! 
 (憎)過去を美化するなや クソボケが(怨)!!!!!!!
■正直な話、僕も少年時代、親を殺したいと思ったことがあった。
もちろん実行に移さなくて良かったと思っている。

 ■僕の親も一時期、テレビゲームにうるさかった。
小学、中学時代は、僕の親も勉強せえ とかうるさかった。

 一時期は、ゲームを隠されたこともあって、あのときは、親を刺し殺したいとも思った。

 夜、ファミコンしただけで怒られたこともある。
小学時代は、土曜日の夜ならファミコンさせてくれたけど、中一の終わりごろ、もうこれからは、土曜日も夜はしたらいかん と言われてしまった。

 ゲームで遊ぶことを制限することは、僕のためにならなかった。
親がゲームしたらいかんと言おうが、僕の ファイナルファンタジーをやりたいという本心は、微塵も変わらなかった。
 
 親に勉強させられようが、ファイナルファンタジーやりたいとファイファンのことばかり気になり、 勉強に集中出来なかったし、勉強やっても頭に入らなかった。

 ■ゲームのことばかり気になり、勉強が実に入らなかった。
結局、友達からゲームボーイを借りて、親がいない間にこっそり、ゲームをやったりもした。
 
 ゲームで遊ぶことを、とがめようが、子供のゲームしたいという気持ちが変わらないのであれば、子供にゲームさせて、満足させてあげたほうが、勉強にも集中できると思う。
 しかし、親によるゲームさせてくれる時間が短くなったからといって、学校の成績が良くなることはなかった。 塾に勝手に入れられたこともあるけど、成績は上がらず、人間関係も良くなかったので結局塾も何回かやめたりした。
 

 ■僕は、自分の経験からして、 子供から無闇にゲームを取り上げることには反対だ。

 子供に勉強させることを 「お母さんはあんたのためを思って」という類の意見がかなり憎い!!!!!

 あんたのためではなく自分のためだ

自分がいい思いをしたいだけの親の自己満足に過ぎない。

 もちろんゲームばかりやる子供も寂しいと思うけど、都会の子供に外で遊ばせることは、難しい場合もあると思う。

 近くに公園がなかったり、空き地で遊んでも地主に怒られたことのある人もいるだろう。

 ■勉強を押し付けた親は、問題視せず、ただ 親を殺した少女だけを悪者扱いする クソマスゴミや 勇者国民ども!!!!!

 お前らは、ただ 少年を悪者扱いして、厳罰化を唱えたり、少年を叩いて 勇者の気分を味わいたいだけだろ!!!!

 ■本当にクソマスゴミが子供のことを考えているとは、全く思えない。

 ■斧で父親を殺害したのは、やりすぎだとしても、なぜこうなったのか少しは、考えろや!!!!!

 アニメやゲームの影響?

それしか言えない奴は思考停止であり、 あるいはただ自分の気に入らないものを悪者扱いして叩きたいだけだ。 そういう奴は、問題の本質を見誤っている 
 
 今みたいに、暴力描写のリアルなテレビゲームやアニメがない時代から、理由なき少年犯罪は、あったので、漫画、ゲームさえ権力で規制して描いた人を牢屋に入れる法律をつくれば、少年たちは、みんなおとなしくて よいこちゃんばかりになるなんて言うことはありえないので、それこそ 広い視点で、物事を考える必要があるのに

 相変わらずマスゴミは、偏見報道しかしない。

 これを改めないのなら、ゴミ売り新聞は、本当につぶれるべきである。

 ■子供を遊ばせることも大事である。
 勉強だけが、人生でない。

 ■高校生活をただの大学に入るための我慢するための時期で終わらせるではなく、遊んでいろんな思い出をつくる高校時代を送ってもいいはずだ。

 父親が警官だから、当然夜遊びとかは、非行呼ばわりしそうである。
僕は、この事件で、殺された父親にも非がある と主張する。
  マスゴミが冷静な報道をするのであれば、ただアニメ、ゲームを叩くだけでなく、勉強を押し付けたことも 問題視するような報道をすべきである。

 
 ■当然、大学なんか行かなくてもいい。
2chでは、高卒低学歴として見下す傾向があるけど、大学いけばそんなに偉いのか!!!!!
 僕は、中卒や高卒を見下す、大卒や院卒の高学歴が大嫌いである。
もちろん、大卒全員が、高卒以下を馬鹿にする人でないことは、分かっている。 大卒でも三流大卒の人は、一流大卒や大学院卒に見下されることがあると思う。


良い大学にいっても、留年する人もいるし、仮に大学に行くにしてもなにも 18歳であわてて入る必要はない。
 一応 下手な記事だけど こちらも読んでいただきたい。
勉強だけが人生ではない。

http://zinruisaimetsubou.blog45.fc2.com/blog-entry-423.html 

非行少年のレッテル

 非行少年という者は、もしかしたら ただの レッテルの場合が 大半なのでは? と最近思い始めた。

 たとえば、深夜徘徊飲酒喫煙などを 20歳以上の人がやってもなんら非行でも犯罪でもなく 問題視されない。

 しかし年齢が 18歳未満というだけで、少年達がやったら 非行扱いされて 補導されるだけなような気がする。 深夜徘徊なら 18,19歳がやっても補導されることはないが、飲酒、喫煙に関しては、19歳がやっても 未成年者喫煙防止法などにより 酒や煙草を売ったほうが、処罰されてしまう。

 補導員の暇なおじいちゃんらも 少年狩りを快感にしているようにしか見えない。 もちろん警察官も

 自分たち大人は、合法的に深夜外出できるだけのことであり、 少年が深夜外出したら 補導対象になるだけのことではないか。

 18歳未満のくせに 深夜外出すると 犯罪に走る おそれがあると 勝手に決め付けて、 補導などということをする。

 補導は少年を守るとか言うが、 そんなに関係ないと思う。

  
 補導によって得られるものは、 ただ少年を非行のレッテルを貼り、 親に言いつけて 親に怒鳴られて 少年にストレスを与え もっと悪い場合は、補導された場合 学校に連絡され 非行をやったとレッテルを貼り 停学処分などの罰を与え  場合によっては 進路を制限して 少年の人生をつぶしたりもしてしまう。

 16歳が深夜徘徊しても 補導対象にならなかったら、 非行少年などという 悪者のレッテルを貼られなくても住むのに


 僕は、こういう若者狩りなどを快感、あるいはいきがいにしているうぬぼれた老人に対して、 老人を大切に という精神を感じない。

 こういう若者狩りをして 優越感を得ている おじいちゃんどもは、 場合によっては、 はよ 天国行けば? といいたくなる。


  

 こんな事件が今起これば 規制推進派は大喜びしそうだな

<昭和33年(1958).12.5〔中3がおやつのケンカで兄を刺殺〕
 東京都杉並区阿佐ヶ谷の自宅で、高校2年生(17)の長男と中学3年生(14)の次男がおやつのことでケンカとなり、兄が弟のパンを取って殴ったので弟が庖丁で兄を刺し殺した。


 ■もしこんな事件が今の時代に起これば、マスゴミどもが、 最近の子供はキレやすくなった。  なぜこうもキレやすい若者が増えたのか? 今の子供は理由もなくキレる。  

 衝撃 お菓子の取り合いで中三が兄を刺殺 
 なんていう馬鹿でかい キャプションで 読売や産経をはじめとする 極右新聞社が喜んで新聞記事一面に取り上げるだろうな。
もちろんワイドショーも おおげさな BGMを流したり しながら コメンデーターどもが、 昔は、素直な子が多かったのですが、今の子供は本当にキレやすくなりましたね。 やはりこの犯罪の原因は、テレビゲームアニメ漫画の影響に間違いありません。 ということ間違いなし

 また 御用大学教授どもも 一流大学の教授という肩書きを利用して すぐに テレビとか 新聞で ゲームやインターネット叩きをしたりもする。
 マスゴミや社会的権威のある人の言うことを何の疑いもなく 鵜呑みにする 世間体の大衆どもは、すぐ 信じ込んで こいつらも 漫画やゲーム叩きをし始める。
 特に 若者叩きが大好きな 老人どもとかは、 喜んで 若者叩きに精を出す。 
  

 ■これについて、こんなのは、デタラメだ。 と反論したら

 規制派は、確かに 昔も少年犯罪はあった。
でも昔は、戦後で、貧しかったから、生きていくために仕方なく犯罪をした。 とかいうやつもいるけど
 
 貧しさゆえの 犯罪なら、 窃盗や強盗などが多発するのであり、 この昭和33年に起こった事件は、貧しさとは関係ないはずだけど

 この時代は、既に戦後の混乱期とは、違っていたはずだし

 この時代は、今みたいにプレステどころか ゲームウォッチファミリーコンピューターすらありませんでしたが?

 では、このお菓子の取り合いで兄を刺殺した少年は、 何に影響されたのでしょうか?

 やはり テレビゲームやインターネットのない時代に起こった事件なので  貧しさゆえ の犯罪だと強情を張るのでしょうか?

平和な動画


本当の平和とは、兎も猫も仲よくできるような世の中だと思う。

  生態系で生きる以上は、真の平和はやってこないかもしれないね?
http://jp.youtube.com/watch?v=Gv0OSlFfFyQ
http://jp.youtube.com/watch?v=ATuVG3n2gc8
 ■こういう動画は、心が和むと思う。
2007/10/02 18:10動物ページ上部へ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。