スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2度目の海外旅行

..続きを読む
スポンサーサイト

お前に傷みがないから言えるだけ(怒)

説得5時間、「ごめんなさい」と男性投身自殺
(読売新聞 - 01月20日 11:37)

日記を読む(229)日記を書く

 19日午後3時5分頃、静岡県西伊豆町安良里の黄金崎公園展望台近くで、海に面した斜面の手すりの外側に60~70歳くらいとみられる男性がしゃがみ込んでいるのを観光客が見つけた。



 通報で駆けつけた松崎署員や町役場職員らに対し、男性は「がんの痛みが続いて耐えられない。死にたい」などと自殺をほのめかしたため、同署員ら約30人がかりで説得。



 「生きていればいいことがある」などと言葉をかけ続けたが、男性は午後8時10分頃、「ごめんなさい」と言い残して約30メートル下のがけ下に身を投げた。



 漁船が出て、約1時間半後に岩場で倒れていた男性を収容したが、全身を強く打ってすでに死亡していた。



 男性は、身長約1メートル70。中肉で、黒色のナップサックを持っていた。同署で身元を調べている。



■ムカついたから感情的に書くことにする

「生きていればいいことがある」などと言葉をかけ続けたが
お前は予言者?予知能力者か?
では聞くが いつになったらガンの痛みから解放されるのか?
 知らない?
お前にはガンの痛みがない から言えるだけだ!!! 自殺を止めるのならばガンの痛みを止めてくれよ!!!!
痛みから解放することも出来ないのに口先だけで生きてたら良いことある というのは 優しさでもなくただの嫌がらせだな!!! 死ねというよりも残酷だ

  命だけを救うことだけが人間としての優しさではない!! 

■もし自分だったら一回は自殺を止めようとする
「話を聞かせてください 何があったんですか?」 「ガンの痛みが耐えられない」 と言われたら 「邪魔してすみませんでした。 自殺応援します。」 と言う風に 良いことありますよ なんて間違っても言えない

2010/01/20 15:13怒りページ上部へ▲

人生初の渡航

..続きを読む

18歳未満は夜は家に軟禁しろ! さもないと罰金を徴収するぞ!

■[神奈川県][児ポ法][新自由主義]神奈川県青少年保護育成条例パブコメ募集(12/3~1/11)、だが抽象的過ぎる募集要項と「方針」。

http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/seisyonen/jorei/minaoshi-kangaekata.html
1 青少年を取り巻く社会環境の変化
地域コミュニティや保護者の意識の変化
地域の人間関係が希薄化し、地域活動への関心の低下や担い手の不足が課題となっています。また、乳幼児を含めた子どもを深夜に繁華街へ連れ出す保護者が増加するなど、保護者の意識や行動にも変化が見られます。
情報化の進展による弊害など
情報化の進展により、携帯電話やインターネットが普及して利便性が高まる一方、青少年がインターネットを介した犯罪の被害者となる事件が発生しているほか、長時間の利用などによる生活習慣への影響も報告されています。
青少年の被害の増加など
青少年の健全育成を阻害する犯罪の検挙人員が年々増加し、また、青少年に有害な営業が次々に出現しています。一方で、深夜時間帯に補導される青少年も増加しており、事件や犯罪に巻き込まれる危険性が心配されています。



神奈川県まで青少年条例が改悪されようとしている。  18歳未満の深夜外出に罰則を設けるという話は、2003年テレビでも見たことがあって当時 反対mailを出してしばらく忘れていたけどやはり改悪されていたらしい!!!

 東京のパブコメよりは意見募集期間が長いとは言え 国民にろくに周知させてないことには変わりはない

 現行の条例でも異常過ぎる程18歳未満の権利を侵害しているのに まだ罰則範囲を拡げようとするとは、気違いだ。 (お前ええ加減にせえや怨
  これだけ規制派は やりたい放題やって何の罰もなく のうのうと生き延びるのは世の中おかしすぎるのう(怨)

  ■この気違い条例改悪は前面反対どころか現行の深夜外出で親に罰則を廃止しろとしかいいようがない
今度は保護者同伴でも罰則ということは 18歳未満は家に監禁しろ さもないと罰金取るぞ は調子に乗りすぎだな
 どこまで18歳未満の権利を奪えば気が済むんだ!!!!!
今のがんじがらめの規制の世の中では、 1991年ワイドショーにも話題になった 小学生の自転車で日本1週で野宿するという(少年の貴重な思い出をつくる)行為でも 非行少年として補導されて 親は、罰金を取られるとは 悲しい世の中になってしまった。
  
(深夜外出の制限)

第5条 保護者は、特別の事情がある場合の外は、深夜(午後11時から午前4時までの間をいう。以下同じ。)に青少年を外出させてはならない。

2 何人も、正当の理由なく保護者の嘱託又は承諾を得ないで、深夜に青少年を連れ出し、同伴し、又はとどめてはならない。
3 第20条の4の規定に違反した者は、6月以下の懲役又は30万円以下の罰金に処する。

3 何人も、深夜に外出している青少年に対しては、その保護及び善導に努めなければならない。ただし、青少年が保護者から深夜外出の承諾を得ていることが明らかである場合は、この限りでない。

4 深夜に営業を営む者及びその代理人、使用人その他の従業者は、深夜に、当該営業に係る施設内又は敷地内にいる青少年に対し、帰宅を促すように努めなければならない。



4 次の各号のいずれかに該当する者は、30万円以下の罰金に処する。


 (1) 第5条第2項の規定に違反した者

 (2) 第5条の2第1項の規定に違反した者


■自分はこの手の条例は、 イジメを推進するだけで18歳未満に有害な権力の乱用と断言する。
  
 18歳未満が深夜 満点の夜空を眺めに行くという行為で 非行のレッテルを貼られ親は罰金を徴収される。
もし親が 「こんな条例はおかしい  国民に知らせないで密室で勝手に決めたバカらしい決まりなので罰金を払わない」 と拒否したら 結局 罰金未払い でも最終的には 牢屋行きになってしまう。
 そして 当然 逮捕されたとして マスゴミに実名報道され ネット右翼をはじめとする自称正義の 勇者愚民どもに 叩かれることは間違いない

 青少年条例は、 虐めの空気 を作り出すということを覚えて欲しい

 なぜならこんな馬鹿げた条例がなければ 16歳のカップルが深夜星空を眺めに行っただけで 非行のレッテルを貼られないからだ

 自分も必ず期限までには必ず 出す
..続きを読む
2010/01/11 17:00虐めページ上部へ▲

雪道動画の季節

..続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。