スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有害作者指定 権力を使って村八分を推進するお前らに (ネットいじめから子供を守る)という資格はない(激怒)

 とんでもないことに大阪府議会は、青少年条例の改悪で作者に有害のレッテルを貼る”有害作者指定を検討しているらしい。

 深刻な人権問題でありこういうときこそ、普段人権人権と騒いでいる自称人権団体に行動を起こしてもらいたいのだが

 これは、権力を使った虐めであり戦時中、戦争に反対するものを 非国民のレッテルを貼って虐めた行為と同類である。

漫画、ゲームが嫌いなのは自由だが単に自分たちが嫌いだからと言って 自分が気に入らない漫画やゲームなどの作者を 権力を使って有害のレッテルを貼るような連中が 規制強化で ネットいじめから子供を守る という資格はない 
  そもそもこいつらは、 権力を使った虐めを肯定しており 自分の気に入らない人間を社会的抹殺しやすい社会にするために 子供を政治利用の道具 にしているだけである。

 でもネットいじめから子供を守る為に規制やらないよりはやった方がマシなんだろ?という低俗な反論に答えよう。  
 マシどころか全て逆効果にしかならない。  

 一八歳未満から携帯電話を取り上げたり、フィルタリングを強制することについての危険性

その1 一八歳未満からマスゴミが報道しない政府に都合の悪い情報を知る機会が奪われる
その2 昔あった丸刈り強制が検閲ソフト強制に変わっただけで 管理教育を放置する危険性がある。 

 マスゴミは インターネットをしない大衆に誤った先入観を植え付けることにより 管理教育思想などの問題点から大衆を遠ざけるのでやはりマスゴミのやることは悪質である

 虐めという問題は、パソコンや携帯電話が普及する遥か以前から存在していた普遍的な問題であり、ネットいじめを解決させたいのであれば、インターネット掲示板への書き込みへの場当たり的な対処ではなく、学校内の環境改善を重視すべきであって インターネットを叩くだけの場当たり的な対応は、逆効果にしかならない。

 近年偏向報道しかしない馬鹿マスゴミが(学校裏サイト)呼ばわりして、インターネット叩きをしている件について
 今日、インターネット上の匿名掲示板などでは学校に限らずある企業や人物、組織や政府機関に関して語ることを主題とすることは日常茶飯事でありそうした掲示板に書き込むことに対して「裏サイト」呼ばわりして問題視することは、言論の自由を深刻に侵害するものである。 
 自分の所属する学校に対して色々と論評したり不満を述べたりするのは学生たちにとってはごくごく当たり前の行為であり、その意見の表現の場となっている掲示板などを「学校裏サイト」呼ばわりしてテレビや新聞を通してインターネット叩きをして大衆を洗脳する行為は悪質である。
 書き込みに犯罪性があったり、何らかの問題があったときに、そうした事例に個別に対処していけばいい。
 
(当ブログは相変わらずこれからもコメント欄を設けないが当ブログを批判する言論の自由も大事であり 他ブログや掲示板で当ブログを批判する自由は肯定する。)
 
またネットいじめは学校内の虐め全体から見たら一部であり(2006年度で全体の4% やはりインターネット掲示板での中傷だけを揚げて 他の虐めを軽視するのは逆効果にしかならない

  権力を使って ある人を有害のレッテルを貼って 周りから白い目で見られる風潮をつくり しかも 子供の意見を完全に無視して 反対に管理教育思想 への批判を遠ざけようとする馬鹿マスゴミや府議会どもが  政治利用するときだけ子供を守るとか抜かすな!! 
 
  やはり一八歳未満からインターネットを取り上げることは百害あって一利なしでしかない と結論づける

この記事は、まだ改良の余地があると思うので 今後予告なしに加筆・修正するかもしれない。
スポンサーサイト
2010/06/30 19:13虐めページ上部へ▲

悪質便乗! 地方自治体の暴走!  ここまで来たら国政に動いてもらうしかない

府政への意見(大阪府)

橋下が都条例のアレを強行するつもりらしい

橋下氏、性描写規制は議会議論を 条例改正案提出へ

大阪府の橋下徹知事は23日、18歳未満とみられる登場人物の性描写がある漫画やアニメを東京都が規制しようとしていることについて「東京都で(表現の自由などをめぐり)あれだけ大騒ぎした。都と同じように条例化して議会に上げる」と述べ、府議会での議論の必要性を訴えた。

 既にある青少年健全育成条例の施行規則は有害図書の規制基準を定めているが、議会の議決を経ていない。このため橋下氏は内容の変更の有無にかかわらず、施行規則の一部を含めた条例改正案を提出する考え。一方で、規制の是非については検討を続ける。

 また府と都の有害図書などの規制基準はほぼ同じなのに、規制対象に違いがあったことが判明。橋下氏は「条例があいまいで不明確なためだ」と指摘した。

 橋下氏は3月、都の動きを受けて、有害図書の実態把握をした上で規制の是非を検討する意向を明らかにしていた。

2010/06/23 21:31 【共同通信】


 ■大阪は自民公明帝国なのでりずさんの言っていたように 調査段階で反対意見を殺到させるべきだったのに たかがメールすら 1000人も出さなかった

 例えば 今回の大阪府の改悪条例について 愛媛県民が「オレは大阪府民やないけんオレには関係ない。 大阪には反対意見なんか送らん  」
と言ったとしよう
 その愛媛県が東京都や大阪府に便乗して 青少年条例を改悪してしまえば 全然無関係ではない 

地方自治体の暴走は、一部の地方の問題ではなく47都道府県に関係のある問題である


 今回の東京都青少年条例改悪問題をきっかけに単に地方自治体に反対するだけではなく 地方自治体から人を裁く権限を剥奪することを検討する問題にまで 発展させていきたい
  はっきり言って罰則は、国の法律だけで十分ではないか!! 当ブログの姿勢は刑罰の適用は最小限に留めるべき   である

  東京に便乗して南は沖縄県から北は北海道まで次々と人を牢屋に入れたり罰金を徴収する条例案をろくに審議せずにつくっていけば  普段仕事に追われている日本国民の大半は、仕事の合間を縫って 反対のmailや手紙を東京都や大阪府に出すわけなのだが 一人が南は沖縄から北は北海道まで日本全国の都道府県に反対意見を出すのはかなり疲れる 個人で出来ることは限られてしまう
やはり 地方自治体の暴走は 国政に動いてもらうしかない

 国政に動いてもらうためにはどうしたらいいかはまだ考え中
自分も大阪にまた たかがメールを送った
..続きを読む

自分の裸の画像、ネットで販売容疑 18歳少女を逮捕

■現行法では、18歳は児童ポルノ禁止法は適用されないので恐らく 自身が17歳以下のときに撮影した写真で逮捕されたと考えられる。 
 児童ポルノ禁止法はヌードモデルになりたい18歳未満の少女の意思を完全に無視しているから 実質社会風紀を取り締まる法律になっているのだが 18歳以上が自身が17歳以下の写真を撮った画像にも適用出来る   


自分の裸を撮影した画像をインターネットで販売したとして、京都府警は28日、無職の少女(18)=埼玉県上尾市=を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(販売)の疑いで逮捕し、発表した。府警は、少女は家出中で、「家賃や食費に使っていた」と容疑を認めていると説明している。府警によると、自分自身のわいせつ画像を販売した容疑で逮捕されるのは珍しいという。

 府警によると、少女は2009年12月11日~10年4月14日、自分の裸を携帯電話で撮影。「写メ売ります」などとインターネットの掲示板に書き込み、京都市山科区の男性(40)と名古屋市の男性(26)に33枚を計1万2千円で売った疑いがある。

 府警によると、少女は購入者に振込先口座などを指定しており、全国から147人(計107万円)が口座に振り込んでいたという。
(以下ソース)


※元記事: http://www.asahi.com/national/update/0628/OSK201006280093.html
朝日新聞 平成22年06月28日

ラスト・ピュリファイの感想

 ラスト・ピュリファイをまだやっていない人はこの記事を読むことはお勧めしません。
..続きを読む

インターネット制圧の危機

最近当過疎ブログはパブコメを紹介していなかったけどここ1ヶ月間に募集されていた規制に関するパブコメを出すことは決して忘れていなかった

全然いいニュースがない  
これだけ危険性の高いブロッキングをするというのにも関わらず国民の声を聞こうとしない
一応パブコメも募集しているが

児童ポルノ排除総合対策の策定に向けた御意見募集

平成22年5月27日(木)から平成22年6月7日(月)12:00まで

 これだけ政府暴走の危険性の高いパブコメは最低30日間は意見提出が必要なのに12日間しか募集期間を設けないのは完全に国民をなめ腐っている

行政手続法第39条第3項において30日以上の意見提出期間を設定するよう記載されているにも関わらず12日しか募集しないようでは 政府自身も法律を守っていないのではないのか!!

 もちろん自分も絶対に出すことは忘れないが

一般市民の多くは家庭を持っていたり毎日仕事に追われているのだが政府にとって 日本国民が毎日仕事に追われた方が政府に意見をしにくいので都合がいいんだろうな!!

 政権交代したと言うのにこれでは自民党時代と大差ない  この国は民主国家というよりも独裁国家に近い




 放送法改悪まで通りやがった!!
 ミンスは野党時代あれほど自民の強行採決に怒っていたのに与党になった途端に同類の事をするとはとんでもない自己矛盾! どうなるかは分からないが総務大臣が放送停止の業務命令を出せたり国家の権限が拡大されることには変わりない 

■この国は明らかに民主国家とは言えない テレビ、新聞などのマスゴミは国民に政府の都合の悪い情報は隠した 大本営発表 が行われ ニュースが報道しない事実を知る手段はインターネットと書籍だけである

 3月の都条例改悪のときに これはもうだめかもしれないという絶望的な時にツイッターが大活躍した

警察庁が広範囲にブロッキングをしたい理由は、児童保護ではなく児童ポルノを口実にして政府批判を遮断したり天下り利権拡大したいだけであるので このブロッキングはなんとか阻止しなければ 日本は中国以下の検閲国家になる
  自分もブロッキングは詳しくは知らないがフィルタリングと違ってパソコン個体の検閲ではなくネット回線ごと遮断されるということは 相当な深刻な事態ではないか!!
 まさしく中国の金盾のようになっても全然おかしくない

最後に
エロとは微塵も関係ない近藤邦明さんの環境問題を考えるというホームページもブロッキングで遮断されても全然おかしくない
 なぜ遮断されてもおかしくないのかと言えば 現在反原発を自称している人の大半は 原発の代わりに自然エネルギー導入を主張するばかり だ


 自然エネルギー主張では絶対に原発推進派には勝てないのはもちろん 自称反原発派が実現不能な馬鹿なことを主張するほど 原発推進派の思うつぼである
  大規模洋上風力発電は重工メーカーが環境省に提案したプランに乗っかっただけのものなので、社民党の科学や技術に対する無知を示すだけのものであり、 これらは 遮断する必要はない

しかし近藤さんの場合は自然エネルギーの石油の無駄遣いであると言いながら原子力も石油枯渇を早め放射性廃棄物を出すだけで 石油代替にならないと 問題の本質を見抜いている
 このように原発推進派の思うつぼになっていない 近藤さんのホームページは都合が悪いだろう

 環境問題の本質を見抜く近藤さんのホームページをも遮断させないためにも 自分は情報のブロッキングには絶対に反対である 
  もしブロッキングが実施されれば政府を批判する当過疎ブログも遮断されてもおかしくない 

それにしても これ以上検閲を容認しない と中国を批判しておきながら ブロッキングに賛同しやがったグーグルもとんでもない自己矛盾である!!!!

 ネット履歴まで丸裸にされるらしい これもパブコメ出したのに

 山口弁護士の都条例改悪の署名も最初は迷ったけど代わりに何何を規制するという項目がなかったので5月27日頃独りで署名して投函した
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。