スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都の委員も 児童の人権<アメリカ政府等の機嫌  なぜ(児童自身の幸せ)を基準にしない!!!

..続きを読む
スポンサーサイト

都民一般に認識されてなかったら表現の自由を制限しても良いというトンチンカン!!!


現に、近年の不健全指定図書の多くは漫画だが、これにより、「作家の自由な創作活動や芸術文化の振興が脅かされている」との認識が広く都民一般に共有されているとは考えられない。http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2010/03/20k3i601.htm

■なんだこれは!!! これ!おかしくないか!!
都民一般に広く認識されていないことを理由に表現の自由を侵してもいいという論理は、狂っている!!!
 
 通常条例の条文は分かりにくい文体で 長いったらしくて読む気の失せる長文で書かれているが、久しぶりに兎園さんのブログの過去記事を読んで 都条例改悪の正当化理由にトンチンカンな内容があることに気付き改めて驚いた
  都民一般に認識されていなかったら、表現の自由を制限しても良いという考えは決して無視出来ない。
 漫画は芸術ではないので表現を制限してもいいはデタラメであり こんな程度の低い文章を書く奴なんかが、人を裁く条文を書いているという事実に今日改めて驚いた
  都民一般にしられていないことを理由に 表現を制限しても良いというのはデタラメなのはもちろんだが、 都民一般に知られていない理由は、現在、新聞やテレビなどのマスコミは、政府に都合の悪い情報は、報道せず 政府に都合の良い 大本営発表 しか垂れ流さないことが都民もしくは国民の一般に知られていない理由である。

 都民一般に認識されてなかったら 表現の自由を脅かしてもいい というデタラメな論理を 周知させていただきたい。  
9月に入りまた都条例改悪の審議が再開されてしまうけど 都議会議員に意見を送るときに 「都民に知られてないことを理由に表現の自由を脅かしてもいいというのはおかしい。」と言うことも反対理由として書くつもりだ。


  

ジュニアアイドルの水着モデルになりたい少女の権利がはく奪される一方伝統・文化と称してダンス・武道が強制されることは危険である!

都はジュニアアイドルの方を親に問題点等を進言できるような条例を検討らしい。
そういう法案なら反対しないのだがなぁ・・・
大阪はそういう感じではない気がする。出版・販売に何らかの対策?

 ■某ブログのコメント欄でこのような妥協論をほざく人間がいて ムカムカしてきた!!!!

ジュニアアイドルの方を親に問題点などを進言するとはどういう意味だろうか?
恐らく 毎日新聞の(少女水着画像:規制へ、東京都が親指導条例検討 現行法では対象外、虐待の認識も)という記事の 「ジュニアアイドル」と称して水着姿の少女の写真をDVDなどで販売する行為について、保護者に対し 自制を指導できるよう条例化する と言う意味で間違いないだろう。
  ■つまりジュニアアイドル撮影に了承する親に 自制するよう圧力を掛ける条例には、反対しないと解釈させてもらうけど これはつまりジュニアアイドルモデルの立場に立って考えて発言したわけではなく創作物規制を見逃してもらう為に 議員の機嫌を取る作戦でしかない。
 いい加減妥協は辞めてくれ!!! 頼むから!!!!  
 これ以上の規制範囲強化に賛成することが 妥協 なんだよ!
 刑罰の適用は最小限にすべきなんだよ!!!!
 強姦などの性的暴行は、もちろん 「裸になれ!」や「水着を着ろ!」と暴力や脅迫によるヌード撮影や水着撮影など被害者のいる行為だけを摘発すべき であって、現にこれらの被害者のいる犯罪は、児童ポルノ禁止法などなくても、暴行、障害、脅迫、強姦、強制わいせつなどの昔からある法律で適用すればいいだけのことなのに「脅しや暴力による撮影は成人女性の場合でも摘発出来る。」、 モデルの少女の意思に関係なくジュニアアイドル撮影に了承する親に圧力を掛けることを条例化することを肯定するような人は、少女の人権よりも議員の機嫌をとって創作物を規制から見逃してもらうことに意識が向いてないな!!!!  

  この妥協論にはまだ続きがあって

大阪府青少年問題協議会の傍聴レポートに対して ジュニアアイドルの問題は東京都が検討している方法をおしえるのも手などと ジュニアアイドル撮影に了承する親に圧力を掛ける条例を引き合いに出す暇があれば、 2006年の教育基本法改悪によって ダンス、武道中学の必修科目にされたことを問題視して欲しい!!!
  ジュニアアイドルのモデルになりたい権利ははく奪される一方中学校で伝統・文化と称してダンス・武道を強制される。  武道を強制されることによってスポーツが苦手な生徒は、虐めに遭う危険性が高い。
 自分は、このようなスポーツ強制によって 後世の18歳未満に、虐め体質を助長し更には武道が苦手な生徒が虐めに遭って自殺なんかして欲しくない
  なぜ自殺肯定の自分でも学校の虐めでの自殺だけは辞めてほしいのかと言うと理由は本当は虐められなかったら生きたいのであれば、 虐めをするようなクズの為に自殺なんかして欲しくない。 虐められる側が自殺をするのなら、虐めをする方が自殺して欲しい!!
 
 10代と言うかけがえのない時期を虐めに耐え忍ぶのも時間がもったいなく 不登校するなり逃げてでも人生を楽しんでほしい。
 逃げるのは仕方が無い相手は多数である以上こちらは、不利だ。 
逃げるのはカッコ悪くない 虐めにやせ我慢する方がダサすぎる!!! 
  
 しかも、日本の伝統文化を学ぶと称してなぜダンスが必修科目なのか? もちろん日本にも日本舞踏など日本の伝統の踊りはあるけど

 大半の二次元規制反対派が言う「児童保護」は、こぴぺ(コピーペースト)やテンプレ(テンプレート)のような意見ばかりで児童の人権よりも 議員の機嫌の方に目が向いている。

 この国は、犯罪にならない 公認の虐め天国 になりつつある。
 スポーツを強制する教育をする 学校なんて下らない!!
学校による虐めから身を守る為に 不登校をする生徒が増えて欲しい。
 
..続きを読む
2010/09/03 05:50虐めページ上部へ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。