スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

規制妥協派 お馬鹿記録 お決まりのコピペスローガン(18歳未満には「「判断力」」がない)論

 前から思っていたけど、巷の自称規制反対派「規制反対を自称しておきながら、漫画、アニメの表現の自由のみを主張しながら18歳未満のヌード、着エロ等の実写の表現規制を肯定される方々」 は、どいつもこいつも「誰もかれも」 言うことが 口調が違うだけで内容は、ほぼ同じのコピペ慣用句 ばかりだな。  

 十野宮詩悠さん流に言えば

判で押したように主張が同じ
と言うことになる。

 そのコピペ慣用句の中でも最も定番 の(18歳未満には、判断力がない) あるいは、(未成年には判断力がない)という、私が最もウンザリするお馬鹿記録をほんの一部だけ集めてみた。 
 もちろんだが、今から紹介する類の未成年には、判断力がない という類の慣用句は、2011年10月21日現在も後を絶たない。
  こういう類のコピペ慣用句的な書き込みは、多分他にも何万件あると思われる
全部集めていたら、キリがないので、しばらくお馬鹿記録集めはしないと思う。 
..続きを読む
スポンサーサイト

12日締め切りのフィルタリング強制の千葉県のパブコメをギリギリで出した。

今日は、仕事から帰ってから約4時間も寝てしまい、パブコメに取りかかったのは、21時を過ぎてからだった。
本当は、もっと凝った文章を書きたかった。
..続きを読む

申し訳ない。11日締め切りのパブコメ提出を忘れた。

 たいへん申し訳ない。 ダウンロード違法化処罰と思われる11日締め切りのパブコメを今日(12日)締め切りと勘違いして、今日出そうと思ったけど実は昨日だった。 12日締め切りの千葉県のフィルタリング強制のパブコメなら先ほど23時18分ほど出した

(参考サイト)

2011年10月 5日 (水) 

第257回:現行著作権等管理事業法の問題点(文化庁提出パブコメ)

【パブコメ】【地方版】「千葉県青少年健全育成条例の一部改正骨子案」に関する意見募集について

(鳥取県西部地震)から11年 チェルノブイリ、福島のような悲しみを拡大させないためにも「活断層がなくても地震は発生する」ということを忘れてはならない!

 チェルノブイリでは、原子炉から半径30kmの範囲や300kmもはなれた高汚染地域が永久に居住禁止となり、500もの村や町が消え、40万もの人びとが故郷を失うという悲しみが発生した。

 福島原発周辺もとても人の住める場所ではなくなってしまいおそれく今後何百年、もしかしたら何万年も人間が住めなくなってしまうだろう。 

 今から11年前の10月6日鳥取県西部地震が発生した。 この地震は、震度6強という強さだが幸い強さの割に死者が発生しなかったらしく、東日本大震災に比べたら世間の関心は、低いがチェルノブイリや福島のような悲しみを拡大させない為にも、鳥取県西部地震は、絶対に忘れてはならない重大な地震である。
 なぜかと言えば、この地震は、活断層の発見されていない場所で震度6強と言う建物が壊れ死者が出てもおかしくない程の強い地震が発生したからである。

 だから、個人的には、10月6日を「活断層がなくても地震が発生することを忘れてはならない日」にしたいと思うほどである。

 つまり、原発は、世界から根絶しないと次々と人間の住める場所が減っていくという悲しみを 拡大させないための日にしたいのである。

チェルノブイリ、福島のような自分たちの故郷を棄てなければならないという悲しみを拡大させないためにも 鳥取県西部地震は、絶対に忘れてはならない


 原発の安全基準が という議論は、辞めるべきである。
 なぜかと言えば 事故さえ起こさなければ原発を推進してもいいという考えは、人類自滅を推進するだけである。
四国電力よりmore_04a_5
出典;四国電力より

 本当に耳にタコが出来るほどしつこいが 原発は、事故が起こる怒らない以前に必ず高レベル放射性廃棄物が発生するのであり、人為的に放射能を消滅させる技術はなく 「放射能が消滅する方法は、ただ時間の経過を待つ」のみである。
 プルトニウム239の半減期は、24100年とも言われ約24000年経過しても放射能が消えるのではなくただ半減するのみであり、多分だが人体に無害になるほど弱まるのに何十万年もかかるだろう。

 人間の寿命は長くてせいぜい百数十年程度である。
 その人間の寿命を大幅に超える放射能のゴミを子孫に押し付ける奴が、環境保護とか綺麗事をほざくべきではない。
 そんな放射性廃棄物も地下に埋めてしまえば安心という考えは非常に甘く、活断層がなくても地震が発生するのだとすれば、今回の東日本大震災のような巨大地震が起これば、放射能が地上に漏れても全然おかしくない。

 それでも原発を推進する連中は、自分たちの一時的な利益の為なら、子孫が放射能汚染で苦しんでもいいという気違いでしかない!!
 自分は、絶対に人類自滅を防ぎたい。 その為には、世界から原発を根絶するしかない。
2011/10/06 19:56原子力ページ上部へ▲

(鳥取県西部地震)を忘れない

 11年前の2000年10月6日に、鳥取県西部地震が発生した。


地元住民以外の一般人で11年前の今日鳥取県西部地震があったということを意識してブログ記事を書いているのは、自分だけだと思い検索してみたら僅かだがこれに関するニュース記事を見つけることが出来た。




  1. 日本海新聞 - 7 時間前
    2000年10月6日の鳥取県西部地震(M7・3)から11年目のことし、3月の東日本大震災に続き、台風12号、15号が相次いで日本列島を直撃した。今や災害対策は行政だけでなく、地域や家庭にとっても喫緊の課題で、日常的・継続的な取り組みが求められて ...

    日本海新聞

  2. 日テレNEWS24 - 1 時間前
    鳥取県西部地震から6日で11年が経った。米子市では、津波を想定した住民参加型の訓練が行われた。この訓練は鳥取県西部地震を風化させないことや市民の防災意識を高めることを目的に毎年行われている。訓練は東日本大震災を教訓に、地震発生直後の津波 ...
    佐渡島北方沖地震なら 津波 最大6・92メートル‎ 読売新聞
    関連記事 2 件 »

    読売




 ■世間一般が注目していないと思われる鳥取県西部地震について深く意識するようになったのは、やはり今年世界が注目した東日本大震災がきっかけだった。

 鳥取県西部地震は、東日本大震災ほどは、強くはないが、それでも震度6強という建物が壊れるほどの強さなので、自分がもし体験していたら絶対に恐怖感を感じていただろう。「個人的には、まだ震度3「多分」の地震しか体験していない。「それでも建物が揺れただけで恐怖感を感じた。」
 建物が壊れるほどの強い地震と言うことは、死者が出てもおかしくないが、幸いこの地震は規模の割には、死者が出なかったらしい。
 何人かは生き埋めになったが、救助されたらしい。
 やはりこれは、震源地が山間部で、市街地の一部を除き、人口が密集していない地域であったし、積雪の多い地域のため頑丈な造りの民家が多かったこと、そして地盤が比較的強固であったことが幸いしたのだろう。

 震源が火山である大山に近いので、火山の噴火も懸念されたらしいが、幸い噴火は、しなかったらしい。

「鳥取県西部地震」から10年の日につぶやかれた当時の体験や思い出記録

2000年10月6日に起こった、鳥取県西部地震。

阪神淡路大震災と同規模の地震であったものの、様々な幸運により死者0だったこともあり、全国そして地元ですらあまり語られなくなった地震ですが、実際には多くの被害、多くの被災者を生んだ大地震でした。

それから10年目になる2010年10月6日、 
#eq20001006 というハッシュタグをつけて、当時の体験や思いでをつぶやいてみませんかと呼びかけたところ、多くのつぶやきが流れました。

いつまでも風化することなく、語り継がれればと願っています。 



■自分は、震度3程度の地震で恐怖を感じる奴でこれまで大地震は、体験したことは、ないが絶対に鳥取県西部地震があったということを忘れないよ!
 なぜなら活断層がなくても地震が発生するということは絶対に忘れてはならないから
 

園田が反対派? はあ?実写規制推進派の間違いだろ!

..続きを読む
2011/10/01 21:46規制妥協ページ上部へ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。