スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミンス案も不当な罰則範囲拡大

■不当な罰則範囲拡大の児童ポルノ法の民巣の改悪案がまとまってしまった。
これも絶対に支持すべきでない
 ただ自民案は単純所持も規制ということなのでなんとか2党が衝突してどちらも通らなければ良いのだが

民主党
http://www.dpj.or.jp/

通常国会への署名受付中

 「児童買春・児童ポルノ禁止法」改正にあたって、拙速を避け、極めて慎重な取り扱いを求める請願
署名しなかったがために法律を改悪されて悔いを残したくなければ、自分たちでも出来る行動をしていただきたい
創作物の規制/単純所持規制に反対する請願署名
http://www.savemanga.com/
■まだ署名してなかったらこちらにもしていただきたい。

児童ポルノ改正案まとめる
 いわゆる「児童ポルノ」の規制の強化に向けて、民主党の検討チームは、子どもたちのわいせつな写真や映像を買ったり、
繰り返し取得したりした場合、3年以下の懲役を科すことなどを盛り込んだ、児童ポルノ禁止法の改正案をまとめました。

 児童ポルノは、今の法律では、ほかの人に配ることは違法になりますが、受け取る側は処罰されないため、
日本ユニセフ協会などは、児童ポルノを所持すること自体を処罰の対象とすることなどを求めています。
こうしたなか、民主党の検討チームは、子どもたちのわいせつな写真や、DVDなどの映像を買ったり、
繰り返し取得したりした場合に、3年以下の懲役か300万円以下の罰金を科すことなどを盛り込んだ、
児童ポルノ禁止法の改正案をまとめました。ただ、写真などを所持することそのものについては、
メールで写真が一方的に送りつけられるケースもありえるとして、処罰の対象から外すことにしています。
改正案では、児童ポルノをほかの人に配った場合の懲役や罰金を、今よりも厳しくすることにしており、
民主党の検討チームは、今の国会への提出を目指して、調整を進めることにしています。



http://www3.nhk.or.jp/news/k10014039591000.html#
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。