FC2ブログ

愛国心の強制はいじめ対策に逆行するものである

 今の僕は、かなり精神的に頭に来ている。
暴れたい気分だ。
 
 ご存知のように教育基本法改悪案は、衆議院を通過してしまった。
非常に悔しい。 無念だ。

 安倍は、いじめに取り組むといっていたが、そのために「教育基本法の改正」を正当化していた。
 しかし本当にいじめをなくす気があるように見えない。
 
 愛国心を強制することでいじめがなくなるなんて到底思えないどころかまた新たないじめが発生すると僕は考える。
 
 愛国心を強制したら愛国心を持つものと持たないものの間にいじめが発生することが考えられる。
 愛国心の評価が低い生徒はいじめに遭うだろう。
 戦時中は、戦争反対といった少数派のまともな国民は「非国民」としていろいろな差別やいじめにあっていた。
 日本はいじめ体質が強い傾向があると僕は考える。

 

 まさしく今日本は約60年前の悲劇を再び繰り返そうとしている。

 もう学校なんてなくなってもいいかもしれないと考えている。
完全になくならなくてもいいけど、学校にいく人生もあれば学校に行かない人生だってあってもいいと思う。

 学校に行くことを拒否している少年を「落ちこぼれ」だと定義することもいじめだと主張する。

 学校の存在意義も考える段階ではないか!

 政府よ。いじめをなくしたいのなら愛国心いや哀酷心を強制するな!!

トラックバック

トラックバックURL : http://zinruisaimetsubou.blog45.fc2.com/tb.php/115-d03d3f36