スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

条例もここまでエスカレート メーガン法条例

今日の鎌倉市議会選挙で初当選した飯野眞毅議員(民主党)
http://www.masatake.info/
http://www.masatake.info/policy/policy.html

「鎌倉版メーガン法条例」の制定を

私は子供たちを性犯罪被害から守る「鎌倉版メーガン法条例」の制定を提案します。
メーガン法とは性犯罪被害を未然に防ごうとする米国各州の法律の総称で、
性犯罪者の居住地を公開することで抑止力になっています。
移民や転入居が多く、地域のつながりが薄い米国のコミュニティと日本とでは事情は違います。
また、性犯罪者のプライバシーや人権への配慮など議論が分かれるところです。
だからこそ議会で話し合いたいのです。私は子供を守る立場で参画します。
市役所、警察、自治会、小中学校とどのような連携が可能か、保護者への注意喚起の方法、濫用されないための方策など、制定までには多くの課題があります。
国の児童買春・ポルノ禁止法は10年、児童虐待防止法は9年と施行からまだ浅く、国・県・市の連携も大きな課題です。
それらを一つ一つ解決することで、子供が性犯罪に巻き込まれない鎌倉、ひいては全国の先進モデルとなるよう努力します。


 ■これは、性犯罪者の人権と言う意味ではなくても反対である。
性犯罪者の家族の人権の為に制定すべきでない

 勇者愚民とかは賛成しそうだな
性犯罪者とひとくくりなので 当然 同意の性行為の淫行条例違反でも 住所をばらまかれるんだろうな

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。