スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医薬品の通信販売規制もわざわざ不便を強制して遊んどるんか!!!  利権議員どもは!!!!

■今年の6月から医薬品の通信販売も規制されるらしいが、 舐めとるんか!!!! 離島だけ一定期間規制は適用されなくても意味ないだろ!!!! 離島限定の通販業者は、利益が出ないから終わりだろ!!!!  離島でなくてもクルマがないと不便な地域のことも考えろよ!!!!     これは改悪児童ポルノ法とは桁違いに反対者が多いと言うのにそれでも強引に規制するのか!!! 自分もこの法案ネット署名だけはしたけど

  薬害被害者の件では 当時の国の対応は激しく自分も頭に来ている
 しかし、その薬害被害者も問題の本質を見失っている!!! これでは自分が性犯罪被害者だからと言って18歳未満の同意のヌード画像も児童ポルノとひとくくりにして単純所持規制しろという 場違いな被害者と同類である
 なんでネットの通信販売と薬害を結びつけるんだ!!!!!  頭おかしいね あんた!!!!

 利権のことしか考えられない規制推進派議員は、一生苦しみながら生きろや!!!!!(自殺してくれてもいいぞ!!!! しないだろうけど)

(引用開始)
□薬通信販売、離島は一定期間利用可に 厚労省方針 [09/04/28]

 6月から実施される一般用医薬品(大衆薬)の通信販売規制について、
厚生労働省は28日、離島に住む人たちなどは一定期間、通信販売を
利用し続けられるような経過措置を検討する考えを示した。
5月中に薬事法の省令改正案をまとめる予定だ。

 規制のあり方を議論する関係者らの検討会で明らかにした。経過措置の対象は、
以前から特定の薬を継続使用していたり、薬局のない離島に住んでいたりして、
通信販売以外に薬の入手が難しい場合を想定している。

 この日の検討会では、「安全が確保されない」として規制の完全実施を求める
薬害被害者らと、「規制は消費者の利益を損なう」とするネット事業者らの主張が対立。
座長の井村伸正・北里大名誉教授は「結論をまとめるのは不可能」と述べ、
厚労省にげたを預けた。そこで厚労省が経過措置の骨子案を説明したが、これに対しても
規制推進・反対の双方から異論が相次いだ。5月上旬に開く検討会での議論を踏まえ、
省令改正の最終案を固める。


 (引用元配信記事)
 [09/04/28] 配信
 依頼


薬事法改正に関する情報
http://www.pref.ibaraki.jp/bukyoku/hoken/yakumu/yakuji/hanbaiseidokaisei-top.htm 厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/
薬事法施行令..最終改正:平成二一年二月四日政令第一五号
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S36/S36SE011.html
(引用終了)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。