FC2ブログ

両刃刃物規制も行政の傲慢  

改正銃刀法 蜜刀一部が規制対象
養蜂業者 「仕事用なのに」困惑
 東京・秋葉原での無差別殺傷事件を受けて施行された改正銃刀法で、県内の養蜂業者が採蜜の際に使う「蜜刀」の一部が規制対象になっていることがわかった。所持禁止の猶予期限は7月4日で、県警は改善を求めているが、業者は「仕事に使用するだけなのに……。使えないと、作業効率が落ちる」と困惑している。

 改正銃刀法は1月5日に施行され、先端が鋭い両刃の刃物のうち、刃渡りが5・5センチ以上15センチ未満の所持や携帯が禁止された。同殺傷事件で使われた「ダガーナイフ」や、ダイバーが海中でロープなどを切るために使う「ダイバーズナイフ」も一部が規制対象となり、県警は新たに所持が禁止された刃物の回収を実施。これまでに県内の17人から計20本の刃物を回収した。

 養蜂業者からは1月下旬、蜜刀が規制対象にならないか、御坊署に相談があった。巣箱の表面に固まった蜜ロウをそぎ取るための刃物で、先端がとがり、両刃になっていた。県警が警察庁に照会したところ、長さと形状から規制対象になることがわかった。

 県は全国で有数のハチミツの産地で約150の養蜂業者があるため、県警は3月、県を通じて県養蜂協会と業者に、蜜刀の一部が規制対象になることを文書で通知。刃先を丸めたり片刃にしたりして、改善するように促した。

 同協会の中村誠一副会長によると、硬い蜜ロウを効率よくそぎ取るためには、鋭利な刃先と両刃が便利で、愛用している業者が多いという。「法律が変わったので仕方ないことだが、禁止される理由がよくわからない」と話す。

 7月5日以降、規制対象の刃物を所持、携帯した場合、3年以下の懲役、または50万円以下の罰金に処せられる。県警生活安全企画課では「蜜刀については想定していなかった。今後、チラシやポスターでさらに啓発していきたい。他にも意外な刃物が違法となる可能性もあり、最寄りの警察署に相談してほしい」と話している。

(2009年6月19日 読売新聞)
関連記事・情報


 必要だから刃が両方になってるんだよ!!!!
ホント警察庁は、規制される側の立場に立って物事を考えることのできない人に苦痛を与えて楽しむサディストである!!!!
  戦闘用ナイフのダガーでも既に携帯しただけで逮捕されるので単純所持規制する必要は全くないしダガーを鑑賞用に所持している人を殺人予備軍のレッテルを貼るのも 公認の虐め である
  全く逆効果にしかならない規制だ!!! 
  仕事で両刃刃物を使う人は、7月4日までに刃物を手放さないと3年以下の懲役、または50万円以下の罰金に処せられるとは行政による公認の暴力でしかない
  仕事だから手放さない でも法律で規制されてるから7月5日以降手放していなかったら銃刀法違反で手錠をかけられて逮捕で投獄行き 良くても罰金を徴収される ホント国会議員や警察庁は調子に乗り過ぎで罰を受ける必要がある  規制される側の立場に立って物事を考えられないから


<刃先を丸めたり片刃にしたりして、改善するように促した。
   「プロの道具」と言う物が必要があってその形になっていると言うことを自覚せずに軽々しく言うな!!!! 
 これ民巣も賛成したんだよな  

 やはり規制される側の立場に立って物事を考えられない奴は、権力を持つべきではない!!!