FC2ブログ

悪法 「酒税法」  アルコールに税金をかけてコーラに税金をかけない根拠は?

 日本では、1899年に成立した酒税法により 1%以上のアルコールを含む飲み物は、売ることはもちろん 個人でつくることも禁止されている。

 この酒税法が成立した背景には、 来るべき日露戦争に備えて富国強兵政策を推進するのが目的だったらしい。

 自分はこの酒税法は悪法だと考えている。  なぜなら個人でつくった飲み物に国が税金を搾取するからだ。  自分でコーラをつくったりジャムをつくることには、搾取の対象にならないのに アルコールは、搾取の対象になる根拠とは何? 


  アルコールをつくって税金の名の下 国民から金を搾取するのは 政府公認の強盗行為である。

酒税法も相続税と同じぐらい馬鹿げた悪法である!!
  人の金なのに  死んだ人の金を税金の名の下、政府が取るのは 泥棒行為そのものではないか!!!

 酒税法について調べていたら過去に前田俊彦という人がいたことを知った。
 彼は酒税法違反で起訴されてしまい おかしいのは酒税法の方だと反論したらしい。  残念ながら裁判は負けてしまったけど 自分はこういう当然の権利を主張した人が過去にいたことをもっと多くの人に知ってもらいたい と願っている。
大半の場合において裁判官も政府寄りなのが現実だ。

 酒税法も相続税も 凄く馬鹿げた合法奪取行為なので 廃止されるべきである!!!