FC2ブログ

人生初の渡航

この年にもなって未だに一度も日本を出たことのない自分は、一生日本を出ずに人生が終わると思ったこともあり 外国は本当にあるのか? とまで考えたこともあった

 2010年になってこんな自分でもやっと海外に行くことが出来た
5年有効
 関西国際空港(関空)からフィンランド航空便に乗った
フィンランド航空JALとANA以外の飛行機を生で見たのも初めてだった
どこの飛行機?

 飛行機は、昼過ぎに離陸した。 エコノミークラスは、狭いけど念願の窓際席を取ることが出来て良かった
R0010342.jpgR0010343.jpgR0010347.jpg

曇っていたのでしばらく下界は見えなかったけど 一応日本を離れる様子を見ることが出来た

 北海道の日本海側を西に進んでいると陸が見えてきた 
これが僕が初めて見た外国だった
R0010348.jpgR0010349.jpgR0010353.jpgR0010354.jpgR0010356.jpg
R0010365.jpgR0010366.jpgR0010366.jpgR0010357.jpgR0010365.jpgR0010366.jpgR0010367.jpgR0010368.jpgR0010369.jpgR0010370.jpgR0010371.jpgR0010373.jpgR0010376.jpgR0010377.jpg

狭いエコノミー席だけど窓から景色を見たり任天堂DSでSAGA2 秘宝伝説をしたりPSPで四国の動画を見たりして 退屈はしなかった 
時々仮眠もした
そして遂にフィンランドのヘルシンキに着いた
R0010381.jpgR0010382.jpgR0010383.jpg

 初めての入国審査は緊張した  言葉はろくに通じないし荷物を2度も検査されたので取られるんじゃないかとビビったけど幸い何も没収されずに済んだ
 イヴァロ行きの飛行機に乗る時周りは外国人ばかりだったので本当に目的地に着くか不安になった

 なんとかイヴァロに着き SAARISELKAと表示されたバスが止まっていたので これに違いないと思いバスの運転手にチケットを渡してバスは進んだ

 右側通行を体験したのも初めてだった
雪道なのにバスが速く感じた  帰りに気付いたけど80キロ規制だった 日本よりは実情に合った法定速度だと思う

 30分ほどしたらサーリセルカのホテルに着いた
3日間過ごした  フィンランドの物価は高いので日本からカップ麺や飴玉を持って行ったのは正解だった
(出発前フィンランド航空に直接電話で問い合わせて良かった)

 コンセントプラグ CとSEを持っていったおかげでフィンランドでもPSPやデジカメ「どちらも100-240V対応」の充電が出来た
R0010438.jpg

 オプションツアーは利用せずただホテル周辺をipod nanoで好きな曲を聴きながらウロウロしたり任天堂DSのSAGA2を楽しんだりPSPに保存した日本の動画を見たりした

  こんな動画を見ていたら四国から地球半周反対側にいるのがある意味信じられなかった
フィンランドで四万十川を見ている


 フィンランドでも日本車を何台か目撃して NISSANのマーチ(2代目)やサニーも目撃した
スバルのインプレッサも目撃したけどやはり雪国には似合っていた
 また車種はよく分からないけど赤いスポーツカーがドリフトをしていた

 一番の目的であるオーロラは結局見えなくて残念だけど最後の夜少し星が見えたのでせめてもの記念にフィンランドの星空が撮影出来て良かったと思う
R0010459.jpgR0010460.jpgR0010462.jpgR0010461.jpg


皮肉なことに雲に町の光が反射してそれがオーロラっぽく写ってしまった
R0010466.jpgR0010467.jpgR0010468.jpgR0010468.jpgR0010469.jpgR0010470.jpg
 最後の日はバスでイヴァロに向かい入国審査を済ませてヘルシンキに向かった
ヴァンター空港にもkioskがあったので今さら驚いて行ってみると僕の知っている日本の漫画があった
 このとき初めてかすみという漫画を知り立ち読みしてみると 一応水着シーンはあった
  ドイツやカナダだったらもっと修正は酷いだろうな
イヴァロ空港さよならフィンランド中国周辺?R0010490.jpgR0010503.jpgR0010533.jpgきっと韓国に違いないR0010555.jpg

 飛行機は、行きと帰りは航路が違っていた
帰りはなんと四国上空(香川県)も飛び徳島県の鳴門大橋も見ることが出来た

 オーロラは、残念だったけどフィンランドに行って本当に良かった
外国は確かにあったことをこの目で確認出来たのは大きな体験になった。

来週には 「カナダのイエローナイフ」に行く予定だ。
 もしかしたら次が人生最後の海外旅行になってしまいかねない
だからこそ 次こそはAURORAが見えますように