FC2ブログ

2度目の海外旅行

 人生初の海外旅行で行ったフィンランドに続きカナダに行っていた

出発前にある覆面男の動画を参考にさせていただいた


 出発日まず四国から全日空機で羽田まで行きバスで成田空港へ向かった
富士山ピカチュウ
ANA機

東京は行く度に(大都会だ)と圧倒される
いざ成田へR0010619.jpgR0010620.jpg
 約70分で成田空港の南ウイングに到着した
時間が十分にあるので様々な飛行機を見ていた
R0010625.jpgDELTAANA機 AIR CANADA機 R0010640.jpgunitedR0010649.jpgR0010669.jpgR0010675.jpgR0010680.jpgunited deltaR0010689.jpg

そのうち時間が経ち19時過ぎ予定時刻を遅れてエアカナダ機は飛び立った
 窓際に座ることは出来たけどバンクーバー行きの飛行機は殆ど海上しか飛ばないので空の旅としてはイマイチで前回のfinnair機の旅の方が様々な国の大陸を見ることが出来て楽しかった(もちろん仕方ないことだけど)
  それに夜だと客室乗務員に窓を閉められてしまう これはfinnair機もそうだった「夜でもいろんな大陸を見たかった」 
 R0010712.jpgR0010713.jpgR0010721.jpgR0010722.jpgR0010723.jpgR0010725.jpg
R0010727.jpgR0010733.jpgR0010734.jpgR0010735.jpgR0010737.jpg遂に人生初のカナダ到着R0010741.jpgR0010742.jpgR0010743.jpg

バンクーバー国際空港に到着してみると世界中から大勢の人間が並んでいて入国審査を待つだけで約1時間もかかった
 ようやく審査にたどり着いた時審査官に 「first time?」と聞かれ「イェス」 「フォーデイズ」など中学生にも劣る英語でなんとか答え入場することが出来たその後エレベーターで上がり荷物検査を受け幸い何も没収されなかった
 入国審査は終わり後はイエローナイフ行きの飛行機を待つだけとなった
やがて時間が来て小型飛行機に乗りイエローナイフに向かった 
 下界を見るとあの覆面男が見た通りの景色だった
R0010737.jpg遂に人生初のカナダ到着R0010741.jpgR0010742.jpgR0010743.jpgR0010744.jpgR0010748.jpg良い形の山だなR0010754.jpgR0010756.jpgR0010765.jpgR0010767.jpgR0010769.jpgR0010773.jpgR0010777.jpgR0010781.jpgR0010788.jpg
R0010790.jpgイエローナイフに到着

 イエローナイフ空港に到着すると現地スタッフが待ってくれていてスクールバスでホテルに向かった
約2時間後20時20分頃スクールバスでオーロラヴィレッジに向かった
 
 着いた  残念ながら空は曇っていてオーロラどころか星一つすら見えない
オーロラヴィレッジに到着しかし 曇り 星も見えない月なら見えたけど シャッター速度を遅くして撮影するとまるで昼間みたいだ昼間見たい

 集合の0時20分がやってきて今日のオーロラ観賞は終了してしまった  
 かなり落ち込んだ   前回のフィンランド旅行のときも曇りの日が多く星空すら見えない時間が多かったので フィンランドの時の二の舞になりそうだな こんな曇りではオーロラどころかダイアモンドダストすら見えんのやろうな と暗い気持ちでホテルに帰り力なくベッドに横になったけ3時間程度しか眠れなかった とりあえず朝の散歩に出かけた


腹が減っていたので二泊目は、食糧を買いにスーパーマーケットでカップ麺とポテトチップスを買ってきたのだがポテトチップスが腹に来たのか帰国するまで下痢に悩まされてしまった
 また水道水も腹に来たかもしれない? それでもこの日はイエローナイフ唯一の酒屋ででっかいカナダのビールとカクテル一杯を買って飲んだ


 イエローナイフの気温は寒かったけど長野・岐阜県で-15℃を経験しているのかそれほど驚かなかった  
確かに鼻がべとつく眉毛が凍りつくというのは初体験だったけど 大体予想通りの寒さだった
 またあの覆面男が行った頃は-40℃も行ったのに対し僕が行った頃はせいぜい-30℃その後気温はー28℃まで上がった  この気温イエローナイフではちょっと高めかもしれない 聞いた話によればこの前はー17℃とかの日もあったらしい? これは大分気温が高めだな

最初はレンタルの防寒具を着て歩いたけど あのジャケットにブーツは重くて歩きにくいので一旦ホテルに戻り普段四国の0℃付近の防寒対策で歩いてみた 意外といけるぞ


さすがにダイソーの手袋1枚だけだと手が痛くなったけど かと言って分厚いミトンの手袋は物凄くカメラが使いにくくなるので手の痛みに耐えながらカメラを持ち歩いた 手の痛みを我慢しているとそのうち痛みは引いたけど手の感覚がなくなってしまった
ようやく晴れてきたので (もしかしたら2002年から見たかったダイアモンドダストが見えるかも知れんぞ)と思い太陽を目指して歩きなるべく建物が写らない景色を探した
 なんと太陽の光の下でキラキラ光っているではないか? 感動した。 2002年から見たかったダイアモンドダストに違いない。  本当はもっと早く真冬の北海道で見たかったけど北海道で果たせなかった未練を海外で果たすことが出来た 

そして昼が来てやがて夜になり再びスクールバスでオーロラヴィレッジへ
なんと今度は、念願のオーロラを見ることが出来た
初めてオーロラをこの目で見た  
ただオーロラは肉眼で見るとそんなに綺麗ではない
とても光には見えない  飛行機雲のような色をしていた  
 ガイドブックやポストカードほどではないけど一応僕もオーロラを撮影することが出来た
遂にオーロラを見たR0010831.jpg

しかしオーロラを撮っているにも関わらずフラッシュをたく奴が何人かいて非常にうっとうしかった!!  ええ加減にせえや! と言う気分だったフラッシュをたかれるとこのように地面が青く写る 幸いこれは初日で曇っていて害は少ないけど  またフラッシュをたいてもオーロラは絶対に撮れない 

うっすらと写った念願のオーロラ人生初のオーロラ2002年からずうっと見たかったオーロラR0010841.jpgR0010843.jpgR0010844.jpgR0010845.jpgR0010847.jpgR0010853.jpg

この日は帰る寸前になったとき上空に巨大オーロラが現れやがった もっと早く出て欲しかったな もしかしたら爆発オーロラも見えたかもしれない?


まだまだ沢山のオーロラ写真があるけど最近このブログの記事を書いているとしょっちゅうinternet explorerが停止しやがって話にならんので今回公表する写真はこれだけにしておく 本当に話にならん!! wordに下書きしてコピペしながらブログを書かないと停止するので本当にイラついてくる!!!

3泊目も街を散歩したらセンターモール街の店にセーラームーンのポスターが貼ってあって服装は皆さんよくご存知?のミニスカート姿だった
 カナダでは2次元が規制されているというけどミニスカートまでは規制されてないんだな  うろ覚えだけどどこかの国ではポケモンのミニスカートのシーンがズボンに変えられていた気がする 街の本屋にも寄ってみたら日本の漫画も置いてあり黒姫という漫画があって少し立ち読みさせていただくとミニスカートで尻も見えるシーンもあった
  この話はまた今度書くとしよう
カナダ最後の夜もオーロラを見ることが出来た  
次の朝ホテルからスクールバスでイエローナイフ空港に向かい入国審査を済ませてバンクーバーに向かい日本食を食べて成田空港に向かい日本の夕方に着いて税関を通り急いでバスで東京駅に向かい出発1時間前に四国行きのバス切符を買いざるうどんとざるそばを食べて約10分前にバス停に着いてバスで四国に帰った  
   
今回のカナダ旅行は自分にとって非常に有意義な度だった
2002年から8年間も溜まっていた未練を晴らすことが出来た
確かに 本当は緑だけでなく青やピンク、紫など様々な色のオーロラを見たかったけどオーロラが見えて写真に撮れて本当に満足だ
 また北海道で出来なかった未練をカナダで晴らすことが出来て本当に良かった
今回の旅は自分の為になった
  しばらくは海外に行かなくても十分  全身スキャナーが導入される前にカナダに行っておいて良かった  可能ならばもう一度北欧には行ってみたい
  次は日本の夏の天の川や流星群を撮影したい
  本当に8年間の未練を晴らすことが出来て少し頭がスッキリした
さて そろそろ現実に戻るか