FC2ブログ

インターネット制圧の危機

最近当過疎ブログはパブコメを紹介していなかったけどここ1ヶ月間に募集されていた規制に関するパブコメを出すことは決して忘れていなかった

全然いいニュースがない  
これだけ危険性の高いブロッキングをするというのにも関わらず国民の声を聞こうとしない
一応パブコメも募集しているが

児童ポルノ排除総合対策の策定に向けた御意見募集

平成22年5月27日(木)から平成22年6月7日(月)12:00まで

 これだけ政府暴走の危険性の高いパブコメは最低30日間は意見提出が必要なのに12日間しか募集期間を設けないのは完全に国民をなめ腐っている

行政手続法第39条第3項において30日以上の意見提出期間を設定するよう記載されているにも関わらず12日しか募集しないようでは 政府自身も法律を守っていないのではないのか!!

 もちろん自分も絶対に出すことは忘れないが

一般市民の多くは家庭を持っていたり毎日仕事に追われているのだが政府にとって 日本国民が毎日仕事に追われた方が政府に意見をしにくいので都合がいいんだろうな!!

 政権交代したと言うのにこれでは自民党時代と大差ない  この国は民主国家というよりも独裁国家に近い




 放送法改悪まで通りやがった!!
 ミンスは野党時代あれほど自民の強行採決に怒っていたのに与党になった途端に同類の事をするとはとんでもない自己矛盾! どうなるかは分からないが総務大臣が放送停止の業務命令を出せたり国家の権限が拡大されることには変わりない 

■この国は明らかに民主国家とは言えない テレビ、新聞などのマスゴミは国民に政府の都合の悪い情報は隠した 大本営発表 が行われ ニュースが報道しない事実を知る手段はインターネットと書籍だけである

 3月の都条例改悪のときに これはもうだめかもしれないという絶望的な時にツイッターが大活躍した

警察庁が広範囲にブロッキングをしたい理由は、児童保護ではなく児童ポルノを口実にして政府批判を遮断したり天下り利権拡大したいだけであるので このブロッキングはなんとか阻止しなければ 日本は中国以下の検閲国家になる
  自分もブロッキングは詳しくは知らないがフィルタリングと違ってパソコン個体の検閲ではなくネット回線ごと遮断されるということは 相当な深刻な事態ではないか!!
 まさしく中国の金盾のようになっても全然おかしくない

最後に
エロとは微塵も関係ない近藤邦明さんの環境問題を考えるというホームページもブロッキングで遮断されても全然おかしくない
 なぜ遮断されてもおかしくないのかと言えば 現在反原発を自称している人の大半は 原発の代わりに自然エネルギー導入を主張するばかり だ


 自然エネルギー主張では絶対に原発推進派には勝てないのはもちろん 自称反原発派が実現不能な馬鹿なことを主張するほど 原発推進派の思うつぼである
  大規模洋上風力発電は重工メーカーが環境省に提案したプランに乗っかっただけのものなので、社民党の科学や技術に対する無知を示すだけのものであり、 これらは 遮断する必要はない

しかし近藤さんの場合は自然エネルギーの石油の無駄遣いであると言いながら原子力も石油枯渇を早め放射性廃棄物を出すだけで 石油代替にならないと 問題の本質を見抜いている
 このように原発推進派の思うつぼになっていない 近藤さんのホームページは都合が悪いだろう

 環境問題の本質を見抜く近藤さんのホームページをも遮断させないためにも 自分は情報のブロッキングには絶対に反対である 
  もしブロッキングが実施されれば政府を批判する当過疎ブログも遮断されてもおかしくない 

それにしても これ以上検閲を容認しない と中国を批判しておきながら ブロッキングに賛同しやがったグーグルもとんでもない自己矛盾である!!!!

 ネット履歴まで丸裸にされるらしい これもパブコメ出したのに

 山口弁護士の都条例改悪の署名も最初は迷ったけど代わりに何何を規制するという項目がなかったので5月27日頃独りで署名して投函した