スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

児童ポルノの定義?

 この記事は、完全に自分独自の見解であるので、巷の表現規制反対派で最も信頼している 田中大也さん からも賛同を得られないことを覚悟している。
 しかし、(児童ポルノ)という言葉自体が洗脳用語であると考えている。
 
今すぐに答えを出そうとは思っていないが、せめて皆さんも 

  原点に帰って考えていただきたい とお願いしたい。

 

・児童ポルノの定義が曖昧(あいまい)

児童ポルノの定義を厳格化すべきだ

■現行の児童ポルノ禁止法にも問題があると言う人でも このように集中する人が多い
 そこで自分独自の意見を言うと 児童ポルノの定義は、必要ない  し (児童ポルノ)と言う概念 が一切必要ないと考える。

  規制反対派の足を引っ張るな!?
■まあ 落ち着いて聞いてくださいよ

 ではまずはじめに  児童ポルノとは何か?
 児童(18歳未満)  ポルノ(ポルノグラフィ)
ポルノグラフィティー
( 「社会的不品行」を示す、ギリシア語の「ポルネイア」から。

ポルノグラフィの略。性的な表現を含んだ文学・美術、または一般的にエロというカテゴリーに分類される文化のことをさす。

エロ本、エロマンガ、エロビデオなどの古い言い方。

女性の性的情報の含まれたポルノを見るのは男性の当然の権利とする真に保守的な男性、ポルノに対し激しい憎悪を燃やす似非保守的な純潔主義者、女性の権利という立場から実在する女性への暴力に由来するポルノに関しては規制しようとするフェミニスト、ポルノに興味津々の女性など、さまざまな立場の人間がポルノに関して発言している。
  )

つまり児童ポルノとは (18歳未満のポルノグラフィ)
 早い話、18歳未満とエッチ(性的行為)している場面を記録した写真や映像(ビデオ、DVDなど)と解釈させていただく。

では、なぜ児童ポルノ(18歳未満と性的行為を記録した写真や動画)が即 虐待呼ばわりされなければならないのか?

<そもそも児童ポルノが問題なのは 「児童が性的被害にあった結果生じる成果物」 だからです
 
 ■児童が性的被害? もちろん児童虐待には、反対だよ 自分は、児童虐待だけでなく 子供の病気にも心を痛めている。
  しかしこう児童虐待は児童ポルノの概念がなくても取り締まることが出来るではないか。

 児童だけでなく年齢問わず性的暴力は、強姦罪や強制わいせつ罪で取り締まれるし、ポルノ撮影にしろヌード撮影にしろ力ずくで 「オイ裸になれ!」「ならないと殴るぞ!」などと暴力や脅しによる撮影の強要は、脅迫罪、暴行罪、障害罪、強要罪などで逮捕することも出来る

児童が性的被害にあった結果生じる成果物?
■暴行を記録した映像は、児童だけでなく成人女性を暴行した映像だって取り締まれるはずだが

●はっきり言って児童ポルノという概念自体が必要ないと考える。
 そんな概念なんかなくても 性的暴行は、取り締まることが出来るのだから。

 ■もちろん議員にパブコメを出すときはここまでは書かないよ。
議員もとにかく(児童ポルノイコール虐待)だと洗脳されてしまっているばかりだから。
彼らの機嫌にも合せる必要はある。
いつもパブコメを出すときは、現行法の問題点を少しずつ改善していただきたい。 という風に送っている。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。