FC2ブログ

ジュニアアイドル自身も(権力の乱用)に関心を持っていただきたい

 もっと早くこの記事を書くべきだった

 こんな過疎ブログをわざわざ読んでくれることは、考えられないが、言いたい。
ジュニアアイドル規制を生け贄にするような連中はジュニアアイドルモデルのあなた達の幸せを願って規制を肯定している訳ではないと断言する。
 今からでもいいので18歳未満のジュニアアイドルやもう18歳を過ぎた元ジュニアアイドルモデルの人達は、権力の乱用について関心を持っていただければありがたい と思う。



143 : トウシバ犬(広西チワン族自治区):2010/11/20(土) 10:39:41.56 ID:HlcyFOMkO 三次はいくらでも規制しろよ。
金儲けの為に現代の人買いどもに糞親に売り飛ばされる子供が実在する訳だからな。

 ◆元着エロモデルの仲村みう中井ゆかりが 上記の143のような書き込みを読んだらどう思うのか知りたい。
 
 (私の幸せを守ってくれる正義感の強い人)と思うのだろうか?
 ◆元ジュニアアイドル自身が、被害とも思っていないのに、本人の意思を無視して虐待被害者のレッテルを貼る方が虐待だと思わないのだろうか?
 こんな、間違った前提で規制がつくられて行くと一八歳未満自身が着エロモデルになる権利が奪われてしまう。 自分は、本当に次々と権利が奪われていく後世の一八歳未満の人達が、気の毒で仕方がない。
 仲村みうや、中井ゆかりは、このような規制は、私達や、私たちの後輩の今着エロモデルとして活動している少女を守ってくれると思うのだろうか?
  三次はいくらでも規制しろよ?
なんで? 一八歳未満自身の意思を考慮せずに、着エロモデルになる権利を奪うことが一八歳未満の為だと真面目に考えているのでとは考えられない
 単にオレの好きな漫画やアニメさえ規制から見逃してもらえば一八歳未満が着エロモデルになって、悪のレッテルを貼られようがどうでもいいというのであれば、お前こそ一八歳未満の権利を奪う(一八歳未満虐待者)だと断言する。
 
 そろそろジュニアアイドルモデルの少女達も、権力の乱用に関心を持っていただきたいと自分は願う 
 せめて、一八歳を過ぎて規制が適用されなくなった元着エロモデルをしていた人でも、「私は被害とも思ってないのに勝手に虐待被害のレッテルを貼るな」と怒っていただきたい。
 仮に、もし今一八歳を過ぎて、過去に着エロモデルをやって後悔していたとしても、その(後悔する理由)が重要である。
  世間体から(お前未成年の頃に着エロなんかしてたんだろ? 未成年の分際で、Tバックなんか履きやがって!頭おかしいんじゃないの。)と過去を冷笑されたので後悔したとしたら、これは、全然規制を正当化する理由にならない。
  着エロが悪いのではなくて、一八歳未満の着エロ(Tバックや際どい水着)に悪のレッテルを貼って白い目で見る風潮が悪いのである。
  よって、少女本人の同意で、着エロ写真を撮影したカメラマンが悪いのではなく、一八歳未満の着エロやヌードを悪として白い目で見て冷笑する風潮をつくった大人達が悪い。
  暖かい目で肯定してあげればいいだけなのに
 ◆この際、どうか元着エロモデルや元ヌードモデルをしていた人でも、今の間違った前提でつくられた一八歳未満の権利を奪う(権力の乱用)に声を挙げていただけたのなら、自分は喜んで彼女達に、印税を払いたい。
 ◆もちろん、性的暴力には、反対であり、強姦や強制わいせつは、強姦罪や強制わいせつ罪で摘発出来るし、ヌード撮影や着エロ撮影も「裸になれ」や「水着を着ろ」「さもないと殴るぞ」などと 脅しや暴力によっての撮影は、児童ポルノ禁止法や着エロ規制がなくても 強要罪、脅迫罪や暴行罪、障害罪などで逮捕すればいいだけなのに
  (本人が被害とも思っていない)ヌード撮影や着エロ撮影をわざわざ規制するのは、一八歳未満の為ではなく単に(一八歳未満がヌードモデルになったりTバックを履いたり際どい水着を着るのが許せない)という社会風紀を守るだけの規制である。
 
 ◆アイドル自身も、政治に関心を持ち自らの頭を使っていただけたら自分は、彼女達に喜んで印税を払いたい。


引用開始

974 :名無しさん@十一周年:2010/11/18(木) 06:24:21 ID:Y2Lrs4kmO
http://m.ameba.jp/m/blogArticle.do?articleId=10546567536&unm=tounomiya
 児童が係わる実写表現物に不可欠なのは、児童自身である。撮影者の大人がいても、被写体の子供がいなければ、児童の係わる表現物は作れないからだ。
 だから実写表現を守ることは、何よりも「子供の表現の自由」を守ることになる
 ところがアニメ漫画などの表現の自由しか考えない人は児童ポルノにかこつけた表現規制の話題の度に、「絵などの児童は実在しないので無関係」との主張を用いる。
もっともなことだが、これにより大人だけでも作れる漫画アニメの「表現の自由」だけに焦点をずらし、「子供のため」という大義名分を自ら捨ててもいるのだ。特に成人向けのものの場合、全く大人のためでしかない。
 他方、いわゆる規制派は専ら論理的科学的な根拠に乏しい「子供のために」との主張を用いしつつ、「表現の自由」の制限を唱えるわけだ。
 にもかかわらず「子供のため」になり、かつ「表現の自由」のためになる実写表現の自由を、双方ともに無視するのである。
 今年東京都で見当された条例にしてもそうだ。
何かと漫画やアニメなどの児童の性描写規制ばかりが注目され、それに反対する著名人や団体の声ばかりが上がったが、同時に見当された子役やジュニアアイドルの表現規制に反対する声はろくになかった。
同様に含まれていた、子供らのネット利用の規制についても、やはり反対の声は小さい。
 『クッキンアイドルアイマイまいん』などで声優をしたり、『絶対可憐チルドレン』などで歌を歌ったりと活躍する子供たちもいるのに、その活動の手助けはしないのである。
中には実写の規制を容認し、矛先を反らそうとする発言さえあるほどだった。まあ、映画やドラマ業界や写真家などの声の小ささがまずありえないのだが。
 無論規制派はこれらの子役やジュニアアイドルばかりか、子供らが将来そうした表現物に携わる夢まで蔑ろにしているのは言うまでもない。
 現代では、ここのように子役やジュニアアイドル本人の声は容易に聴ける。
にもかかわらず「子供のために規制しろ」と言う規制派や、「アニメ漫画は規制するな実写を規制しろ」と言う一部の自称規制反対派は、そうした子供たち自身の話を聞くことを、なぜしないのだろうか。
(引用終了)

■引用元は、2chであり元の記事と思われるブログは、削除されてしまったのだろうか?
 しかし、これは、完全に正論である。
実写表現を守ることは、「子供の表現の自由」を守る為である。
 子供の為と言いながら(子供自身の意思が考慮されていない)
もちろん親が金稼ぎの為に子供の意思を無視して、無理矢理着エロ撮影を強制するのは、人権侵害だけど「子供の意思を無視」するのであれば、習い事の強制(塾通いの強制)やスポーツの強制(泣く子供に無理やりスポーツを強制して恐い顔で怒鳴り散らしたり)も人権侵害ではないか。
  ここで僕は、子供が塾などの習い事に通ったりスポーツをすること自体が虐待と言いたいのではない。
  子供が望むのなら、際どい水着撮影への出演も塾通いも少年野球や卓球などのスポーツなども通わせてあげたらいいと思う。
 例えば、子供が
「ぼくおおきくなったら学者になりたい」「ぼく、おおきくなったら物理学者になりたい」と言う夢を持っていたら、子供の意思を考慮して、塾通いさせるのもいいし、「ぼく大きくなったプロ野球の選手になりたい」「ぼく大きくなったらサッカー選手になってワールドカップに出たい」と言う夢を持ってるのなら、子供の意思を考慮して、「少年野球」や「少年サッカー」に通わせてあげたらいい。 

  しかし、子供は遊びたいのに、親が「今はつらいかもしれないけどお母さんはあんたの将来の為を思って」と言って塾通いを強制させて小学受験「おじゅけん」や中学受験を強制するのは、単に親自身が(私の子供は良い学校に通っている)と良い思いをしたいだけの (子供の為ではなく親のエゴイズム「利己主義」の為である。)
 
 それで「あんたなんでこんな問題も解けないのよ!」と怒鳴り散らしたり小学受験や中学受験に落ちた子供に怒鳴り散らす親は、子供を自分の自己満足の道具としか思っていないことを意味する。
  僕自身は、中学時代に体育の時間に皆から「お前のせいで負けた」などと罵声を浴びたり体育祭のムカデ競走の練習のときも皆から「お前のせいでこけた」と罵声を浴びたり暴力まで受けた「叩かれたりつねられたり」苦い過去があるので、個人的感情から見てもスポーツの強制には、憎しみを感じるのであり、 ジュニアアイドルの権利を奪っておきながら「スポーツの強制」を美化する奴は、着エロモデルの一八歳未満を白い目で見る風潮を肯定する虐め体質者であり、子供にスポーツを強制する意味でも虐め体質者であると断言する。
 しかし、だからと言って 子供のスポーツは全部虐待 などと生け贄論は、絶対に出さない。
 スポーツをしたい子供はすればいいし、やりたくない子供には強制すべきではない。