スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主党はもっとマスコミに反論すべきである!

 この記事は、11月に書こうと思っていたらいろいろ分かりやすい文章の書き方に悩んでいるうちに時間が過ぎてしまい、東京都青少年健全育成条例改悪の危機が襲来したり慌ただしくなってしまった。

 執拗「しつよう」なマスゴミの民主党パッシングにより、マスゴミに洗脳された一般人は再び自民政権を復活させてしまいかねなくて 真面目に心配している。
 民主党も大嫌いだが、現行の欠陥選挙制度「小選挙区制度」の下では嫌でも民主党を支持せざるを得ない。


 そこで、前から自分は民主党の中では 信頼出来る方である蓮蓬氏に「民主党パッシングにもっと胸を貼って反論していただきたい」 という手紙を出すことを考えている。

 蓮蓬(れんほう)公式サイト
http://renho.jp/

民主党本部
http://www.dpj.or.jp/header/form/index.html

 自民党も今年の1月誰かが裏金問題で逮捕されたように思うのだが、明確な情報ソースを持って反論すべきだということは、今年10月の北原氏敗訴の件で強く思い知らされた。
日本ユニセフ協会との裁判に降伏しました 2010年 10月 09日

 今、自民党関連の裏金逮捕ニュース記事を探しているところだ。「すぐに保存すべきだったと後悔している。」



 民主党都議も 都条例改悪については、ぶれている状態であり、規制反対派の一部がFAX攻撃をするなど 迷惑なことをしているからと言って 規制に妥協するようでは、本質が見えていない 


(引用開始)
■[都条例][表現規制]FAXとプライベートアドレスへのメールをやめろ 23:51 1
都議会議員へ、いまだに、FAXとプライベートアドレスへのメールが来ていて、議員本人および議員家族が非常に不気味に感じている。と最前線から情報来ました (;´Д`)

FAXとプライベートアドレスへのメールを送っているバカども、おまいら、本当に表現規制を止めたいのなら、我々の味方の議員の精神力と我々への共感をゴリゴリ削る真似はすぐやめろ!

民主党を叩きたいだけなら、表現規制反対をダシに使うのをやめろ!

書いておいても止まらんかもしれないが、そういう事実があるということをここへ書いておく。

(引用終了)

 <2010-11-27 「漆黒」とかいうバカのせいで戦線が大幅後退している模様

◆メール爆撃やらFAX爆撃する奴は、恐らく 表現規制反対派の印象を悪くするための 表現規制推進派による自演としか考えられない。
 仮に、本当に表現規制反対で FAX爆撃する奴がいるからと言って 表現規制反対派全員をそんな目で見るのは間違っているし、 規制反対派の態度が悪いから規制に妥協するというのであれば、 何のために議員になったのか? と聞きたくなる。
  賛成派、反対派の態度で、規制に賛成か反対かを決めるのは おかしくないか?

例えば自分は 人権擁護法には完全に反対だが 人権擁護法に反対する連中に大嫌いな奴が多すぎる
 彼らの中には  在日イコール反日と決めつけたり 中国人、韓国人、朝鮮人そのものを差別するのが ムカつく!  もちろん 自分も日本の国旗を踏みつける韓国人は大嫌いである
 仮に反日思想の韓国人が多かったとしても 日本が好きな韓国人まで差別すべきではない
 アメリカ国家が大嫌いな自分でも 白人又は英米人自体の悪口は、言うつもりはない

ということで 賛成派 反対派の態度で規制の是非を問うのではなく 規制の内容で是非を問うべきことが基本である。

(引用開始)
どうしてかなぁ。。2010年 12月 02日さて続けて。

青少年健全育成条例改正案について、とある出版社様からアンケートの
依頼が届きました。

しかし、その依頼文はあまりにもひどいもので、とても答える気には
なりませんでした。

しかも、再三ご意見を聞いた関係の団体の属しておられて、
考え方思いもお伝えしてきたつもり(その方々に届いていないんですから。)
でしたが、ほとんど伝わってなかったようで、さらに中身は、
公表したときには選挙に影響するから覚悟しとけよ的な無いようです。


・・・・・
そういうのが自由と権利を主張されている方々のすることか?
という疑問から、お答えすることを止めました。

みなさん、どこをみて、だれと戦っているんですか?
私ももうわからなくなってきました。


 (引用終了)

◆それ脅迫罪やら威力業務妨害罪で摘発出来ない?
 普通に通報したらいいのではないだろうか?

自由と権利を主張する人の一部があなたに脅迫文を送ったからと言って 不当な表現規制に賛成するのは勘弁してくださいよ。

 重要なのは、 規制の内容で規制の是非を問うことです。


これで規制に妥協したら誠に情けない
ということで自分は今から  蓮蓬氏に 東京党青少年健全育成条例改正反対に力を貸していただけるようお願いします。 と今年6月のお礼も兼ねてハガキを書くことにした。

  民主党パッシングにもっと胸を貼って抗議していただきたいと言う手紙は 今は時間がない
ので 後回しにすることにした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。