FC2ブログ

核武装は、逆効果

日本を守る為に 核武装 を主張するとんでもない人がいるけど、日本を守りたいならまずは、原子力発電を全廃することが急務である。

 わざわざ役に立たないどころか ただの(放射性廃棄物製造工場)をつくっておいて、日本を守るとは意味不明である。
 日本に核兵器を撃ち込まなくても、原子力発電所に通常のミサイルを撃ち込むだけで、放射能汚染をまき散らすことが出来る。
 日本列島にわざわざ動かぬ核弾頭原子力発電所を建設したのは、まるで「攻撃してください」と言っているのに近いではないか!

「 もともとウラン濃縮は、採算を度外視した核兵器生産用の技術であり、軍事攻撃の目標になりやすい施設らしい。
 諸外国の潜水艦などにとって接近しやすい太平洋に面した六ヶ所村に、あえて「再処理工場」を建設し、反対の声を押し切って操業を強行しようとしている人々の防衛感覚が疑われる。(参考 室田武氏の著書 原発の経済学より)」
 
・ある国が原発を保有することは、他の国にそれを核兵器として使用する潜在的可能性を与えている。
つまり、Aという、核兵器をもっていない国であっても、それがBという国の地理的に固定した標的である原発に照準を合わせてミサイルを発射すれば、そのミサイルに核弾頭がついていなくとも、B国の原発は、B国それ自身を破壊する核兵器として機能しうるのである。 
 もちろん、このことは原発だけでなく、原水爆についてもあてはまるわけで、C国の原水爆の保管場所にたいしてD国がその安全装置を壊すだけの攻撃をかければ、C国の原水爆はC国自身を破壊する平気になりうる。
 
 したがって、原発や原水爆は、それを保有する国の防衛力を強める武器ではなく、それを弱める、いわば 負の防衛力 であることがわかる。
 仮に防衛力の増強が必要なら、その第一の課題は、原発の廃絶であろう。
これを抜きにしていくら戦車や戦闘機の数を増やしても、その保有国の自滅のための最終兵器である原発やその関連施設の事故による爆発、あるいは外国からの攻撃という意図的な爆発の前には、それらは無というよりマイナス効果を持つ。
右の著書室田武氏の著書原発の経済学 絶版


↑いずれも 室田武氏の著書を参考にして記事を書いているのだが、つまり日本の原発は、まさしく攻撃してください と言わんばかりのものである。
2011/05/23 02:42原子力ページ上部へ▲