スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都府の廃棄命令条例を評価する人について考える

(2011年5月31日追記)
640 : 摂氏233度 ◆Xa2qKtkSkA : 2009/03/26(木) 11:08:10 ID:g6VpoXqM [3回発言]
なんか向こうで冤罪がなきゃ民主教義がいいとか言ってるバカどもがいるけど、そもそも罰するに当たらない行為を罪にするのが問題なんだが。すでに>>103辺りで書いてるけど。
まあ、水着の食い込み写真を手に入れたら懲役三年が妥当だと考えてるカルトと同じ脳みその向こうの住人にはわからないんだろうけど。


(2011年5月24日 16:56)
京都府の廃棄命令条例を評価される方々は、山田知事が検討している廃棄命令条例のどこが「被害者保護」を考えていると言えるのか?

 この条例は、18歳未満の被写体が性行為をする画像等を廃棄しないと投獄したり罰金を徴収するという「罰則を科す」ものだが
当然 被写体が現在20歳を超えて現在成人していて 
13歳以上18歳未満の頃、好きな人と性行為をする思い出の記録を捨てないと投獄されたり、罰金を徴収されること
のどこが「被害者保護」と言える
のか?

 被写体が現在成人を迎えて被害とも思っておらず(彼との思い出の記録)だから残したいと考えていようが、「廃棄命令」に従わないと投獄されたり罰金を徴収されることの正当性は何なのか?
 結局は、被写体の気持ちを考えて廃棄命令条例を評価しているのではなくオレ達の二次元に手を出さないから評価しているだけではないのか?
 
 少なくとも  児童保護や児童の人権を語るのであれば、「被写体本人の気持ち」を考えてから 語っていただきたい。


関連過去記事
全国のジュニアアイドルファンの皆さんへお願いです。

過去記事でも書いたが、自分は、冤罪さえ起らなかったら画像の単純所持規制を肯定するという安易な考えが許せない!

児童ポルノは、「人権侵害の記録だから所持規制せよ」と言う理屈なら、カメラが捉えた衝撃画像などの事件被害者を映している映像も、2004年に発生したロシア学校占拠事件の被害者である上半身裸の少女の画像や、ピューリッツァー賞を獲得したベトナム戦争で全裸で逃げ惑う当時9歳の少女キム・フックを撮影した写真は児童への人権侵害を映した記録だから所持者は、人権を侵害しているとして処罰されなければならなくなる。


 画像の所持自体を処罰すること自体が、おかしいと当ブログは、以前から主張して来たが、結局巷の二次元規制反対派 の方々は冤罪さえ起らなければ画像等の単純所持規制をしてもいい と言う考えを改めてくれなかったのは、残念である。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。