スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ断言し続けるのか?

 なぜ自分は、数年に亘って児童ポルノ禁止法自体が間違っていると断言し続けるのか?
はっきり言って児童ポルノ禁止法自体を問題視しても何の「得」にもならないと考える人の方が多いだろう。

 では、まず児童ポルノ禁止法を問題視することで「損する」と思われる事例を出してみよう。

・世間からロリコン、ペドファイル、小児性愛者呼ばわりされ嫌われる。


 確かに、一般人から見たら児童ポルノ禁止法自体を問題視することは、「何の得」にもならないように見えるだろう。
 はっきり言って 「損する」ことの方が(多い)ようにも見えるだろう。

 では、なぜ自分は、数年に亘って児童ポルノ禁止法自体が間違っていると断言し続けるのか?
 
・児童ポルノ禁止法等の「実写規制が児童保護になるという科学的根拠がない」

 

 では、児童ポルノ禁止法等を肯定して世間から好かれるような人間に「自分を正した?」場合どんな「得」をするのだろうか?

・今ほどは、嫌われることはなくなり少しは、友達も増えるだろう。 少なくとも巷の漫画、アニメの表現の自由を主張される「自称規制反対派の方々とは、友達になれる可能性は低くない」

 しかし、彼らと友達になれようが、「児童ポルノ禁止法等が児童を守るという科学的根拠がない」以上、肯定することは出来ない。 それに、単に友達を増やすだけの為に、「自称規制反対派の方々に意見を合わせようが」 ムカムカして決して彼らと楽しく遊ぶことなど出来ないだろう。
 
 自分は、児童ポルノ禁止法等が児童を守るという科学的根拠がないのにも関わらず、 単に「オレ達の趣味(漫画、アニメ)」さえ守れたら オレの興味のない表現は「どうでもいい」 という考えが許せず、そんな奴なんかには、 友達になってくれなくても結構である。
 
 児童ポルノ禁止法自体を問題視して世間からロリコン呼ばわりされ、嫌われるだけなので 損するだけのように見えるだろう。
 しかし、「損得だけでしか」考えられない奴は、今後一切児童保護を口にしてほしくない。
確かに、自分は、自分中心の考えであることは、2007年の時点で ポトマック川飛行機事故の記事で明言しているので、 「自分が一番大事」という考えに文句をつける気はない。

関連過去記事
自分本位で悪いか?

確かに、自分の興味のないモノよりも自分の好きなモノを守りたいというのは、分かる。
 例えば
 列車事故が発生して、死者が何名か出て
身元不明の遺体が発見されたとする。
 自分の家族や友人であって欲しくない。 見ず知らずの赤の他人であって欲しいと願うのも無理はないと個人的には思う。


↑ このように世の中の殆どの人間は、自分を中心に生きていると言えるだろう。

 だから、自分の興味のない表現よりも 自分の好きな表現の方が規制されて欲しくないと思うのも無理はない。

 しかしそれでも、生贄論を憎む理由は、生贄論を主張する「自称規制反対派」の方々に 悪質な虐め体質を感じてしまうからである。

三次はどんどん規制してください。


 三次ならいくらでも規制しろ? ←なんで いくらでも規制せないかん!
                     ↑これには、虐め体質を感じないだろうか?  児童ポルノ規制もホモ規制と同類である。
 本当にしつこいけど自分は、ホモは苦手である。「←まったくしつこいったらありゃしない・・・」 しかし、ホモを規制することには、反対。

ホモと友達になれるか?
 ↑ 出来れば男同士でイチャつくのは、僕個人は、苦手なので僕個人の前では、簡便していただきたいが、たとえ僕は「ホモの良さ」は、分からなくても 「精神の根底が似ている人」ならホモでも友達になれると思う。
 ホモでも

  ・事故を起こす起こさない以前に「高レベル放射性廃棄物」を出すので原発に反対

  ・自然エネルギーも原発推進派をつけあがらせるだけなので、自然エネルギー推進にも反対
 ・俺は、ホモなので当然、少女モデルのジュニアアイドルの良さは、分からない
 しかし、たとえ 俺は、ホモで少女モデルの良さなんか分からなくても 少女のモデルになる権利をないがしろにするのは、許せない! 
 これは、好き嫌いの問題ではない!
だから、被害者なき犯罪をつくる実写規制 にも反対

という心の広いホモなら、友達になれると思う。

 これについては、後に別記事で「自称規制反対派の方々の虐め体質」について詳しく語ることにしよう。

 児童ポルノ禁止法を肯定して 児童保護を主張したら、 自分にも、巷の漫画、アニメ愛好家の友達が出来るかもしれない。
 友達が増えるので 児童ポルノ禁止法を肯定して児童保護を主張することは、「得する」ように見えるかもしれない。

 しかし、友達が出来ないなどの「損をしてまで 児童ポルノ禁止法自体がおかしいと問題視」する意義は何だろうか?

 ・児童ポルノ禁止法を肯定して表面的に仲の良い友達が出来ようが、児童ポルノ禁止法が児童を守るという科学的根拠が全くない 

 ・児童ポルノ禁止法を美化して表面的に友達が出来ようが、人間の本能は変わらない。


青少年に有害! 子どもの「性」に怯える社会青少年に有害! 子どもの「性」に怯える社会
(2004/06/18)
ジュディス・レヴァイン

商品詳細を見る


 自分の知る限り「子供の性について」参考になるこれ以上のものはないと思う著書を紹介させていただく。
この本は、2005年7月に購入しており、購入当時は、今よりも数段文章の理解力が弱かった。
 最近、かじった速読力?で久しぶりに昔買った本を読んでみると改めて勉強させられた。
 「大人と子供を一緒にするな」 というのは分かる。
自分が憎む馬鹿の一つ覚え

・未成年は判断力がない
・18歳未満は判断力がない
・子供は判断力がない

と言う「慣用句」は、使いまわしの馬鹿の一つ覚えであり、「未成年は判断力がない」と軽々しく言っておきながら、知能に障害のあって、「子供並みの判断力の大人」であろうが、合法的に性行為をすることが出来るので、「判断力がないから性行為をしてはならない」というのは、成り立っていないのは事実だとしても 
子供と大人は身体の出来が違い「本番を伴う性行為」をした場合の身体への負担や身体の耐性が違うので
「判断力は同じでも子供と大人を一緒にするな」
 というのは理解できる。

 しかし、「子供も性に興味を持つ」というのも事実であり、「子供と大人を一緒にするな」は理解できても、「子供の性」について考えることも重要であると 断言する。

 分かりやすく言えば子供は、小児自慰をする。

「成人の権利だけを主張」するのは、非常におかしい。 

 なぜ、児童ポルノ法自体がおかしいと断言し続けるのか?
・反対しても 得することなんかないのに?

 児童保護になる科学的根拠がないからである!
子供の視点で考えれば分かりやすい

 ヌードモデル、過激な水着モデルになりたい子供の意思を尊重することが重要。

そんなことをしてもオレ達には、何の得もないんだよ? ロリコン呼ばわりされるだけだし?

 世間の目と子供の人権は、別問題
子供の人権を守りたいのなら 子供の視点に立って考えるべきである。 例えばもし今自分が子供だったら と考えたら分かりやすい

もしオレが今子供だったら、ヌード写真なんかとられて写真集なんか出されたくないんだよ!!

 ご最も、もちろん、なりたくない人に強要するのは人権侵害!
モデルになりたくない子供の意思を保障すべきである。

 自分が、問題視しているのは、本人がモデルになりたいのに、本人の意思を無視して撮影者を逮捕する「被害者なき犯罪をつくる規制」についてである!

 更には、カメラマンなどの第三者ではなく 自分のヌードを撮影した少女が逮捕されたり書類送検される規制は、ただの「大人のわがままを正当化するだけの規制」である!

引用開始
2009-03-28 - 奥村徹弁護士の見解
■[児童ポルノ・児童買春]Teen girl in child porn charge 17:25
 アメリカでも、自分の裸を公開した児童(14)が最長17年の刑と報道されています。

 アメリカ同様に犯罪化していくなら、自分で公開したり、売ったりしてるのは、犯罪となる可能性があります。
引用終了


児童を守るという大義名分は、どこに行った?

 更に、児童ポルノ禁止法を肯定して 世間から好かれるように自分を「正し?」 表面的に友達が増えようが、そのことが 人類を放射能汚染による自滅から救うことにならない!

 つまり世間から好かれる人間に自分を「正して?」も、原発が稼働する限り 人類自滅は避けられないことだ。

 文章が下手なのは、分かっている。 そのことについては、申し訳ない。 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。