FC2ブログ

誰がやっても無くなんね? ←お前ふざけとるんか!!

<<青森県知事選>原発推進派勝利「誰がやっても無くなんね」 毎日新聞
2011-06-06 06:54:51
・出稼ぎしねぐていぐなったのも原発さあっからだ。しょうがねがったんだ?

・誰がやっても、原発は無くなんね?

 お前ふざけとるんか!! 
 原発はなくなんね? 

 ◆なくなるよ。 このまま原発を稼働させていたら人類もろともね。
その根拠をこれから語ろう。 放射性廃棄物が安全だと言うのなら、貴様一回診てもらったもらった方がいいぞ!

たかが26億円232億円の交付金をもらって、数年、十数年村や町が豊かになろうが、高レベル放射性廃棄物が発生することは避けられず、放射能汚染は、超の上の単位、の1京円「いちけいえん」、1垓円「いちがいえん」という聞きなじみのない「莫大な金」があっても、放射能を無害化することなんて出来んのやが!!!!

 たかが数百億円の交付金の為に、原発を推進する奴は、「交付金奴隷」であり、肉屋を支持するブタである!!

 数年、良くて数十年、地元の町、村が豊かになろうが、放射性廃棄物の発生は、避けられない。
地下深くに埋めたら平気? 地下深くに埋めようが、今回の東日本大震災のような巨大地震が来たら、地下水が汚染されてしまうぞ!!
  
地層処分は、安全ではないという根拠をいくつか持ちだしてみる。

地球には

・かつてここは、海だった 
という場所がある。 それは海だったところが隆起して、陸になるときは、巨大地震があったはずである。  つまり、日本のどこで、いつ地震が起こってもおかしくないことを意味する。

現在、海から遠く離れたここ美里町椿の地も、かつてはサンゴがすむような南の暖かい海だったのです。

かつて海だったここは数万年前、地殻運動で突然隆起した。その影響で海水が周辺のアンデス山脈に閉じ込められ、乾燥した冬には塩砂漠に、雨季の夏には雨でやや湿って氷のように変身する塩湖になった。

貝化石発掘を通して、大昔ここが海だったこと、地面の隆起、昔の生物など、様々に想いを膨らませた子どもたちでした。

 原発推進派がほざく人工バリアやら天然バリアやらは、いつ起きるか分からない巨大地震で呆気なく破壊されても全くおかしくない!
gaiyo03-4多重バリアシステム
↑ 出典:放射性廃棄物のホームページより

高レベル放射性廃棄物は、放射能レベルが十分低くなるまでには数万年かかり、人為的管理が困難です。このため、長期間にわたり高レベル放射性廃棄物を人間の環境から安全に隔離する必要があります。隔離する方法としては、これまでに様々な方法が検討されてきましたが、地層処分が選ばれました。地下の深い場所では津波、台風等の自然災害に影響を受けず、戦争などの人間の行為による影響もうけにくいという特徴があり、また地層処分は地下水の流れが非常に遅い、酸素が少なく金属がさびにくいといった深い地下の環境に着目したものです。地層処分では、地下深くの安定した地層(天然バリア)に複数の人工障壁(人工バリア)を組み合わせる多重バリアにより、長期にわたり放射性物質を閉じ込め、人間の生活環境への影響を十分小さくすることとしています。
↑ 
 ◆地下は、金属が 錆びにくい?
個人的には、この錆びにくい という言葉が気になった。 錆びにくいと錆びないは、意味が違う。 
 錆びにくいとは、言っても何十年と我々が生きている間に錆びなくても、決して錆びない訳ではない。
放射能レベルが人間に無害になるほどまでには、数万年かかるらしいが、人間の寿命は、長くてもせいぜい100数十年であり、我々には想像もつかない物凄く長い年月の間に、放射能の入った金属の容器が、錆びて穴が開いても全くおかしくない。

 原発推進派を当選させやがった青森愚民は、高レベル放射性廃棄物を出してまで、原発を推進して、子孫がどうなろうが、
オレ達が生きている間サ 何事もねばどうでもいい」と言うつもりなのか?
 
 今回の東日本大震災でも海底が隆起したらしく、東北太平洋側の海岸線が水没して、日本地図の書き換えも必要だと言われている。
 しかし、面積の減少は、市町村への地方交付税の減少につながり、被災した自治体が気の毒なので、当面は、日本地図の更新はしないらしい。

地震で日本狭くなる? 地盤沈降で水没、地図書き換えも
 
<海底隆起最大8mでの津波が

海上保安庁が設置した海底基準点の東日本大震災後の観測結果

海上保安庁が設置した海底基準点の東日本大震災後の観測結果

【東日本大震災】宮城県沖の海底が24m移動
 ↑
 画像入手先:http://response.jp/article/img/2011/04/07/154519/321089.htmlより

 ・活断層のないところに埋めてしまえば、大丈夫というのも非常に甘く、2000年10月6日に発生した鳥取県西部地震も活断層の発見されなかった場所で発生した。
↑ つまり、日本のどこで、いつ巨大地震が起こってもおかしくない。 ということは、原発は、事故を起こす起こさない以前に、根絶する以外人類を自滅から守る方法はない

 原発推進派を当選させやがった青森県民は、交付金の為なら、子孫を放射能汚染で苦しめ、人類を自滅させても良いと言うのか?

今回説明したように、地層処分して放射能が、何万年に亘って地上に漏れ出さないという科学的根拠は全くない。
2011/08/23 01:34原子力ページ上部へ▲