スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今更だが おさらい (放射線と放射能)

 いい加減放射能と放射線の区別位つけろ! という人がいる!

「いい加減覚えて馬鹿」放射線、放射能、放射性物質、シーベルト、ベクレル違い

ご最も 
 余談だが、自分も18歳以下と未満の区別が付かないのは、いらついてくる。 すぐに間違ったことを言った人に対してゆとりゆとりうるさいゆとり呼ばわりする奴は、以下と未満の区別位付けろ! と言いたくなる。

 話を戻して自分も、放射線と放射能は違うと聞いてはいたが、放射線と放射能の違いをはっきりと理解出来るようになったのは、福島の原発事故以来だった。
 世の中で放射線と放射能の区別の付かない人の大半は、「放射線」と呼んでいるような気がするけど、自分は、主に「放射能」と言う言葉を使っていた。

個人的には、放射能が懐中電灯で、放射線が光というたとえが特に分かりやすかった。
 
 今回の記事で言いたいことは、殆どコピペで終わってしまいそうだが、これからいくつかの情報を紹介させていただく。

放射線を出す能力のことを放射能といいます。

懐中電灯に例えると、光が放射線、光を出す能力が放射能、そして懐中電灯が放射性物質にあたります。
放射性物質は時間がたつに従って変化し、次第に放射線は出なくなります。
放射線を出す物質、つまり放射性物質は放射線を出して次々と別の物質に変わり、最終的に放射線を出さない物質になります。懐中電灯に例えると、時間の経過とともに電池が少なくなり、光が弱くなって、最後にはつかなくなるのと同じです。
四国電力よりmore_04a_5
↑ 画像入手先:四国電力より


放射能と放射線_inde01

出典:「原子力・エネルギー」図面集 2011 6-1

↓ 画像入手先:東北電力より
出典:〈 電気事業連合会「原子力・エネルギー」図面集2010年版〉
 出典:〈 電気事業連合会「原子力・エネルギー」図面集2010年版〉

 改めて考えてみると宇宙に降り注いでいる、放射線は、太陽から降り注いでるということで間違いなさそうだ。

出典:JISCARD 航空機高度の宇宙放射線環境
↑出典:JISCARDより


地球には、ヴァン・アレン帯などのバリアに覆われているおかげで、生物が住めるとうろ覚えしている。
バンアレン帯earth_04
出典:日本惑星協会より
2011/08/26 21:46原子力ページ上部へ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。