スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

核武装? いえいえ(核自滅の準備)の間違いです。

 自称国士様達は、国防のために核武装が必要だとほざいているが、おめでたい方々である。
 今回は、主に過去記事を書くのにお世話になった室田武さんの著書、原発の経済学よりも古い君はエントロピーを見たか?を引用させていただきながら、核武装や原発推進派の愚かさについて考えていきたい。


君はエントロピーを見たか?―地球生命の経済学 (朝日文庫)君はエントロピーを見たか?―地球生命の経済学 (朝日文庫)
(1991/04)
室田 武

商品詳細を見る
室田武 原発の経済学 君はエントロピーを見たか
今年の2月に購入した原発の経済学に続き今年の秋に中古で購入した。

君はエントロピーを見たか? 166頁から167頁より引用開始
 わたしは、原子力発電所をもっていることそのものが、核自滅を意味することだと思うのです。もし、原発が潜在的には核武装の役に立つのだと思っている防衛論者がいるとしたら、ずいぶんおめでたい話だといわざるを得ません。なぜなら、もし戦争が起きたとして、日本に攻撃をかけようとしたら、なにも核弾頭付きのミサイルでなくてもいいわけです。ふつうのミサイルを、原子力発電所に撃ち込めばいいわけですから。それだけで、ことによると広島や長崎に落とされた原爆よりはるかに大きな損害を与えることができるわけです。
 標的としてこんなにねらいやすいものはない。音速(マッハ)を前後する猛スピードで飛行していた
大韓航空機でさえ、ソ連の熱(赤外線)追尾ミサイルは軽々と撃墜してしまいました。原子力発電所は動かないから、正確にその場所さえつかんでおけばいいのです。しかも、原発の発している赤外線の量はジェット機一機などとは比べものにならないほど大きい。
たとえ非常時に緊急停止に成功しても、崩壊熱は依然として莫大である。原発を持っていること自体が、核自滅を意味するのだという言い方もわかってもらえると思います。何も戦争だけを想定しなくたっていい。一九七九年に起きたアメリカ・ペンシルバニア州の
スリーマイル島の原発事故を思い出してみて下さい。これといった被害はなかったなどというのは全くのうそで、現地を五回も訪ねて調査をした中尾ハジメさん(京都精華大学)によれば、発電所周辺で白血病患者が増えているし、事故直後には大量の鳥獣類が死に、樹々の若葉が枯れて散りました。中尾さんのお話を聞き、写真をみて、わたしは、レーチェル・カーソンの不朽の名著『沈黙の春』の放射能版がついに現実になりつつあると感じました。本書の初版刊行後にソ連・ウクライナ共和国で起こったチェルノブイリ原発の爆発事故は、このスリーマイル島の悲劇を何千倍、何万倍にも拡大したものです。
 海岸や農地をつぶして漁民や農民の生活の場を奪い、わざわざ日本人自身が自滅するために原発を作っているのです。こんなばかばかしいことはない。でも、現にわたしたちは、いつ爆発するかわからない?時限爆弾?を抱え込んでしまっているのです。こういうことを黙視して、外国にいくら核兵器の廃絶を呼びかけたって、説得力はない。

引用終了
↑ 過去記事で紹介した原発の経済学と語り口調が違いこちらの著書では、室田さんが少し笑顔で語っている姿を想像してしまう。

 自分は、文体にこだわる癖があり、原発は核武装よりも核自滅の準備になってしまうことを強調したくて再び原発の経済学より引用させていただくことにする。
(原発の経済学 254頁から255頁より引用開始
 結論をいえば、ある国が原発を保有することは、他の国にそれを核兵器として使用する潜在的可能性を与えている、ということである。つまり、Aという、たとえ核兵器をもっていない国であっても、それがBという国の地理的に固定した標的である原発に照準を合わせてミサイルを発射すれば、そのミサイルに核弾頭がついていなくとも、B国の原発は、B国それ自身を破壊する核兵器として機能しうるのである。もちろん、このことは原発だけでなく、原水爆についてもあてはまるわけで、C国の原水爆の保管場所にたいしてD国がその安全装置をこわすだけの攻撃をかければ、C国の原水爆はC国自身を破壊する兵器になりうる。
 したがって、原発や原水爆は、それを保有する国の防衛力を強める武器ではなく、それを弱める、いわば負の防衛力であることがわかる。とくに広島、長崎という悲惨な体験をもつ日本の場合、かりに防衛力の増強が必要なら、その第一の課題は、原発の廃絶であろう。これをぬきにしていくら戦車や戦闘機の数をふやしても、その保有国の自滅のための最終兵器である原発やその関連施設の事故による爆発、あるいは外国からの攻撃という意図的な爆発の前には、それらは無に等しい。より正確にいえば、無というよりマイナス効果をもつ。自国が、核武装の準備というよりはむしろ核自滅の準備というにふさわしい原発を一九九二年四二基も運転していることを問題とせずに、世界の核兵器保有大国に軍縮をよびかけたりしても、たいした効果は期待できないであろう。

引用終了

検索言葉
核武装 反日
核武装 左翼 
↑ いかにも検索したら一発で(自分を愛国者だと自称する)おめでたいネット右翼さんが出てきそうである。
2011/12/23 03:25原子力ページ上部へ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。