スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本は海兵隊を持て これには賛成?

≫■日本は海兵隊を持て

TPPとは別件ですがこれは賛成、石破氏は防衛の事だけは支持できます。 

 
 ◆やはり規制妥協派は、防衛論に関してもおかしい。
海兵隊を持とうが日本を武力で外国の攻撃から守ることなど不可能である。
 なぜなら日本には、動かぬ核弾頭が54基もあり それを通常ミサイルで打ち込むだけで日本は、壊滅してしまいこれでは、「まるで攻撃してください」状態である。
 日本の防衛を主張するのであれば、まずは、原発の廃絶を主張してくださいよ!
原発54基の現状
(画像入手先:http://swansunayu.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/05/post_61f9.html

関連過去記事
原発は、(負の防衛力)

核武装? いえいえ(核自滅の準備)の間違いです。

参考記事



原子炉とは『自殺用』の動かぬ核弾頭なのです。プルサーマル化はプルトニウム核弾頭を持つことに等しいのです。ひとたび不幸にも戦争状態になれば、原子炉は最も優先度の高い攻撃目標になることは明らかです。原子力発電所は準軍事施設なのです。原子力発電所を保持する限り、軍事力によって日本本土を防衛することなど不可能なのです。



 No.296 (2007/10/03)
シリーズ・テロ特措法批判⑤

武力による日本の防衛は技術的に不可能




 国防族にとって、今回の事故によって日本の危機管理体制や原子力発電所の脆弱性が全世界に知れ渡ったことは、重大な国家的な危機であろう。冷静に考えれば、このように危険で脆弱なシステムを僻地の海岸線に50基以上も並べておいてこの国を外国の攻撃から守ることなど不可能であることが身にしみて判ったはずである。

2012/01/15 22:12規制妥協ページ上部へ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。