スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜこの時期に? 政府は、インドにリゾート都市をつくって国民を見捨てて逃げる気か!

インドに「日本品質の街」輸出…大規模都市開発
 ◆知らなかったよ! 杉本祐子さんのtwitterを見ていて気付いた。 


 ◆どうみても政府や政府御用の医者や学者や政府に都合の良い連中だけが、インドにリゾート都市をつくって国民を見捨てて、逃げようと企んでいることを疑ってしまうよ。
 アメリカやイギリスのような自称正義に溢れた国に逃げることは、少し想像していたけど
 まさか、新たに外国に自分たちだけのリゾート都市をつくろうとは!

 だから 野田や細野は、この期に及んでも原発再稼働に必死な訳か!

 枝野も腐っとるな!


 福島第1に今までバカみたいに水をぶっかけ続けて来たのも、日本国民をモルモットにするつもりだったのか! と疑われても仕方のないことをして来たのも、 自分たちだけは、逃げるつもりだったからなのか!

同じ内容でもアメリカの提案ならば受け入れるのか!
原子炉に海水を入れてはいけない 槌田敦

過去記事
(同じ内容)でも国民の提案は無視して米国の提案ならば受け入れるのか!

 自分は、以前に比べて自殺願望は、薄れて来たけど(絶対とは言い切れないが多分しないだろう。) 自殺するつもりがなくても、数年か十数年以内に政府に殺されることも、想定している。 だから、たとえ自分が殺されようと、人類自滅だけは、防ぎたいと言う意思は、持ち続ける。 
 泣き寝入りする訳にはいかない。

もちろんあんなバカ政府ごときに殺されないように、行動はするつもりだけど、万が一 四国や九州がチェルノブイリのように人が住めなくなってしまった場合、 海外の原発根絶派の方々が日本のバカ政府を厳しく非難していただくことを、願う。  


インドに「日本品質の街」輸出…大規模都市開発

 日本政府は、官民一体のインフラ(社会基盤)輸出として、インド南部のチェンナイ近郊で、大規模な都市開発を行う方針だ。


 中小企業向けの工業団地と、日本人好みのショッピングセンターや病院なども併設した5万人が生活できる街をまるごと「輸出」する。

 政府の新成長戦略に基づくインフラ輸出で、都市開発事業が具体化するのは初めて。

 枝野経済産業相が10日、チェンナイを訪問し、州政府に支援要請する。

 みずほコーポレート銀行とプラント大手の日揮が現地開発会社に計40億円を出資する計画だ。工業団地は2・3平方キロ・メートルで今夏から販売を始め、2013年に進出工場の稼働を予定している。

 併設される居住地区は2平方キロ・メートルで、インド洋を望む高級マンション群が中心の「リゾート都市」を13年以降、順次開発する。日系のショッピングセンターやゴルフ場、日本人医師が常駐する病院なども整備する計画だ。日本人駐在員が家族で暮らせる高品質な街づくりを目指す。

(2012年1月5日14時35分 読売新聞)
引用終了
2012/01/18 04:16原子力ページ上部へ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。