スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今、行われている政府公認の「児童虐待」

ニュースJAPAN/福島最前線からの報告⑤『ホットスポットと生きる子供達』
http://www.youtube.com/watch?v=6HexkrW6J68


こんなムゴイことがあっていいのか! 4歳とか10歳の子供が100マイクロシーベルト「100μsv/h」もの高線量が計測されるようなホットスポットで生きている。
ニュースJAPAN_福島最前線からの報告⑤『ホットスポットと生きる子供達』.mp4_000111878
ニュースJAPAN_福島最前線からの報告⑤『ホットスポットと生きる子供達』.mp4_000138271


 なんで非難させないんだ!
一応住民も非難勧奨地区指定を望んでおり住民説明会を開いたりもしているけど、政府は、まずは除染をさせて欲しいという始末
ニュースJAPAN_福島最前線からの報告⑤『ホットスポットと生きる子供達』.mp4_000145178ニュースJAPAN_福島最前線からの報告⑤『ホットスポットと生きる子供達』.mp4_000150717
ニュースJAPAN_福島最前線からの報告⑤『ホットスポットと生きる子供達』.mp4_000154754
 ◆しかし国が見放すのなら、親たちは、子供達だけでも西日本に避難させるしかないではないか!

 全然チェルノブイリの教訓が活かされていないではないか!
ベラルーシと同類ではないか!
ニュースJAPAN_福島最前線からの報告⑤『ホットスポットと生きる子供達』.mp4_000034234私たちは国から見放されたんです

1996年4月26日に放送されたNHKスペシャル「終わりなき人体汚染・チェルノブイリ事故から 10年」で若い女性が言っていた

私たちは国から見放されたんです。汚染された食品を食べ続けてベラルーシが滅んでも、地球全体には何の影響もないでしょう。ひとつの民族が消えたという程度ですよ。」 
と言う悲しい台詞を彷彿(ほうふつ)とさせる。

私たちは国から見放されたんです
汚染された食品を食べ続けてベラルーシが滅んでも
地球全体には何の影響もないでしょう ひとつの民族が消えたという程度ですよ

出典:1996年4月26日放送
NHKスペシャル「終わりなき人体汚染・チェルノブイリ事故から 10年」より
  画像入手先:http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65740745.html

 しかも福島の子供達の内部被曝検査すら始まってないらしい。

 ◆本当にムゴイ! 自分に出来ることは大したことはないが 今、現在野田首相に手紙を書いている。
書き終わったら内容をこのブログで紹介する。

 しかしよく考えてみたらこれは、今に始まったことではなく 今年の8月に youtubeで
福島の現実 「政府の見殺し」と言う動画「残念ながら今は削除されてしまっている。」を見たけど、あれも酷かった。
 
子どもの被ばく積算把握せず~福島の父母ら政府交渉
 ◆6月30日の時点で福島で子供を持つ親たちが訴えているにも関わらず、相変わらずずさんな対応のまま現在に至っているので、四国の自分が言っても、無視されるのは、間違いない。

 しかし、何もしない訳にはいかない。 手紙を書き次第ブログで紹介する。


このままでは、九州や四国の子供たちも危ない!
上記で紹介したニュースの放送日については
goo テレビ番組で明記されている


2011/12/23(金)
23:58~ 0:23
LIVE2011 ニュースJAPAN  (フジテレビ)
(ニュース) / ホットスポットのなかで生きる子供たち 福島最前線からの報告(5) / FLASH ...
出演者 : 秋元優里  /  柳瀬真  /  地名伸一  /  和田圭  /  小口俊彦  /  ... 
紹介アイテム : 朝鮮中央放送 /  赤レンガ倉庫 /  福島大学
2012/02/02 18:15原子力ページ上部へ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。