スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オレが捕まるのは嫌だけど、オレが捕まえるのは楽しい

 道路での「法定速度違反」について語りたいと思う。

 僕は、いつも法定速度なんか守らずに自動車を走らせている、これを聞いて許せないと本気「心の底」で思ったのなら、あなたこそ、「交通取締りをする警察官」に向いているだろう。

 有名人が一発で免許停止になる赤切符違反になる速度違反で、検挙されたという報道を聞いたら、それを叩く人は、少なくない。

 僕も速度違反「スピード違反」で捕まっている人を「馬鹿や」 と馬鹿にしている人を見たことがある。

 しかし、僕は、速度違反をした人に対して、特に腹は立たない。
余程危ない、走り方をしない限り、叩くつもりもない。

 速度違反して警察に捕まっている人を叩く連中は、なんで叩いているのだろうか?
 なんで「馬鹿や」と思うのだろうか?

 法定速度を超えて走るという「道路交通法違反」をしたから馬鹿なのだろうか?
 そうやって叩く人は、「道路交通法違反をしやがって」という自分の正義感から、違反者を叩いているのだろうか?

 道路交通法違反をする奴は、許せないという正義感を持っているだろうか?
 
 考えた結果、そうは思えない。
僕が、今まで見たことのある警察に捕まった人を馬鹿やと叩いている連中だって、普段法定速度をかなり超えて走行してた奴もいる。
 僕が、思うには、法定速度違反をする奴は、許せないと思っている人は、実は、意外と少ないのではないのだろうか。と思っている。

 事実試しに法定速度で走っていると次々と追い越しをかけられる。

法定速度を守って走行している人の方が、少ないと思う。
 もちろん2枚ドアのスポーティカーに限らず最近、定番のミニバンなどの大きめの1ボックスカーなども法定速度なんか守っていない人は、少なくない。
「本当は1.5ボックスかもしれないが?」
 
 やはり今の法定速度は、現実的でないと言える。
見通しのよい片側2車線の信号のない道路でも一般道というだけで、上限60キロ規制。
 僕は、そんな道路は時には、110キロ以上で走行することもある。

 高速道路でどんなに見通しが良くて路面も滑りにくくても上限100キロ規制。
 しかも見通しがよくても、80キロ規制の道路も少なくない。
 片側2車線でも70キロ規制の道路もあったりする。

 片側2車線で見通しのよい一般道のバイパスを100キロで走行する僕を本気で許せないと思うのなら そういうあなたこそが交通取締りをする警察官になればいいのに といいたくなる。

 はっきり言って法定速度は、守る人の方が少ないと思う。
今まで僕は、南は九州の鹿児島県、北は東北の宮城県まで行っているが、高速道路や一般道でも見通しの効く片側2車線の快適なバイパスなどでは、法定速度を守らずに走っている人の方が多かったと思う。

 一般人は、もちろん 取り締まりをする立場の警察官  だって本当に「心から」 スピード違反は許せん と思っている人は、もしかしたら少ないのではないのだろうか?

 確かに赤灯を点灯させているパトカーや白バイは、取り締まりをする緊急車両として「速度無制限」である。 
 当然時速300キロで走行しても違反には、ならない。

しかしパトカーでも赤灯を点滅させたりサイレンを鳴らしていなければ法定速度を超えて走行することは、違反になる。
 僕もサイレンも鳴らさず赤灯も点滅させずに一般車を抜いていく白バイを見たことがある。
 この白バイ本当は、違反だが一般人が警察を取り締まることは事実上、ほぼ不可能なので、違反であっても半ば合法みたいだな。 

 かつて親が高速道路で110キロぐらいで走行していたら後ろからサイレンも鳴らさず赤灯も点滅させていないパトカーにぶち抜かれたことがある。
 多分130キロ以上は出ていたと思う。

 警察は、汚いと思う。
陰に隠れてレーダーを仕掛けて速度取締りをする「ネズミ捕り」 あれは、見ててムカついてくる。
 後ろからバットで殴りたくなることもある。
 物陰に隠れてレーダーを仕掛けて「獲物はまだか」と待ち構えている姿はかっこ悪く情けないと思う。
 幸い僕は、まだこの「ネズミ捕りの餌食」になったことはない。
約3万円で購入したレーダー探知機に救われた事もある。

 レーダー搭載のパトカーが待ち伏せしていた。 
対向車何台かにヘッドライトをパッシングして知らせたこともある。

 取り締まりをする警察官の何割かは、「元暴走族」だったり「元走り屋」だった人もいると言う。

 そういう警察官は、交通違反が許せないと言う正義感で警察官になったわけではなく 「オレが捕まるのは嫌だけどオレが捕まえるのは楽しい」 という不純な動機から交通警察官になった人だと思う。

 過去に派遣の仕事で聞いた話だが、そのJという人は高校中退らしいが彼の幼馴染は、大学を卒業して交通機動隊になった人もいるらしい。

 その交機の友人は、幼馴染のJ氏をわざと脅かすこともあるみたいだ。
 更にJ氏は、友人である交通機動隊の幼馴染に捕まったこともあるらしい。
 彼は「見逃してくれや お前一緒にワルした仲やないか」といったらしいが交通機動隊の幼馴染の彼は冷酷にも「昔は昔 今は今」と言って違反切符を切ったらしい。
 ではその交通取締りをする立場の交通機動隊の彼は普段は法定速度を遵守して走行しているのかと言えばそうではなく普段仕事が休みの日は、かなり跳ばしているらしい。

嫌な話だな。 もし僕だったらそんな不純な動機で交通機動隊になったりすれば友達をやめるつもりだ。
 
 更に交通機動隊には、もっとひどい話もある。
幸いまだ僕は、犠牲になっていないが、なかには、覆面パトカー「一般車のふりしたパトカー」でわざと後ろから車間距離を詰めてアオリ運転者が恐くなって速度を上げて逃げようとしたところを速度違反として検挙するというとんでもない奴もいるらしいのだ。 


 これには、本気で切れてもいいと思う。
 お前は何のために警察になったんだ!!と聞きたい。
 表面的には、交通取り締まりは、交通安全のためにされているといわれているが、わざわざ後ろからアオッて、違反をさせるとはどういうことだ?

 こんなことをする警察官は、はっきり言って「交通取締りをする資格がない」と言いたい。
 こんなのは、交通違反が許せないわけではないことが素人の僕でもハッキリと分かる。 
 警察というものは、月に15件取り締まらなければならないというノルマがあるらしい。

 しかしこのノルマ制度は、本当に警察を腐らせるものでしかないと思う。
 交通安全のためではなく 取り締まるための交通取り締まり になっている。
 
 しかし後ろからアオルような汚い警察官は、本気でクビにしたい。
 警察も変えないといけないな



 

トラックバック

トラックバックURL : http://zinruisaimetsubou.blog45.fc2.com/tb.php/164-8cd9e7c9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。