FC2ブログ

COALTAR OF THE DEEPERSを知らないまま死ぬなんてもったいない!!

 当ブログでは、規制妥協派を見ていたら たーいほさーれるまえにさーあたーたかおうという替え歌を歌いたくなると言う風なことを過去2回語ったことがある。

2010年7月25日
ある替え歌が思いついた


(♪その場しのぎの対案ではやがて2次元も終わるだろう 逮捕される前にさあ戦おう)と替え歌を歌いたくなってしまいます。  

 その替え歌の元ネタのdead by dawnを歌っているCOALTAR OF DEEPERS「以下、COTD」について語りたいと思う。

 COTDの名前だけなら2003年の頃も知っていたが当然曲は知らなかったし、なぜかあまり関心が出なかった。
 2009年の夏たまたまYOU TUBEニコニコ動画COALTAR OF THE DEEPERSで検索して曲を聴いて見ると音楽が物凄いカッコ良いではないか!
 特にギターの音が凄くカッコよく、MY BLOODY VALENTINE「マイブラ」の面影がある。
 
 COTDは、カッコいい音楽が多いと言うのに、あまり知られていないような気がする。
個人的には、COTDを知らないまま死ぬなんてもったいない! と主張する。

 2009年と言わずもっと若い頃、COTDを知ってもっと思い出を作りたかった と非常にもったいなく思っている。

 マイブラは、中央自動車道の山梨県の思い出が強い事は過去記事で語った。

過去記事
4年前を思い出した

マイブラの中央自動車の思い出に便乗して中央道や国道20号線や電車の中央本線の山梨県や神奈川県の旧相模湖町周辺でCOTDの音楽も聞いて見たいと思う。




Coaltar Of The Deepers - Hallucination
http://www.youtube.com/watch?v=LICs-jPmWmg 
◆この曲も寂しげでカッコよさがあり、是非マイブラの思い出に便乗して、思い出の場所で聴きたい。所々ギターノイズがあるけどジーザスアンドメリーチェインの1stアルバムpsyco candyの音楽を彷彿(ほうふつ)とさせる。

Coaltar of The Deepers - Natsu No Gyouninzaka
http://www.youtube.com/watch?v=1zfcqBWwGAE
夏の行人坂もギターの音が物凄くカッコよくて少し寂しげであって、やはりマイブラの思い出に便乗して国道20号線や中央自動車道の山梨、神奈川、東京都をドライブしながら聴いて見たい。


◆自分と同じで左で弾いている。

●余談だが、2010年1月末、2度目の海外旅行から帰国してから、もう2年4カ月も四国から一歩も出ていない。
 今年中に、2年以上ぶりに本州に行くことを目指している。

過去記事
2度目の海外旅行

 他にCOTDの音楽についての感想で、自分の心の中で留めるて終わりなのは、もったいないと思う程良いと思う曲について紹介させていただきたい。
 
またCOTDの音楽の聴き方は、こういう楽しみ方もあるということを広めたい。

aquarian age


この曲はスピード感を感じる物凄くカッコ良い曲なので、以下のスピード感を感じる車載動画を見ながら聞くことをお勧めしたい。
 パソコンのサウンドエフェクト効果を使えば更に音楽のカッコよさも増す。





COALTAR OF THE DEEPERSメドレー part1

◆再生するのが、面倒だけど↑この動画の23:50から始まるsarahs living for a momentと言う曲も非常にカッコよく寂しげであり自分は、2009年の6月漫画のドラゴンヘッドの9巻の廃墟と化した東京のシーンを読みながら聴いていた。

出典:ドラゴンヘッド9巻 廃墟と化した東京
出典;ドラゴンヘッド9巻 講談社

  本当に個人的な感想だけど、歌詞は全く分からないがこの音楽は、雰囲気的に世界滅亡系の映画や漫画に非常によく似合うと考えており、自分が生きている間に完成させたい漫画で主人公が原発推進派達と戦うシーンにもこの音楽を思い浮かべてしまう。 この曲に限らずCOTDのamethyst、 my speedy sarah「この音楽の4:28秒から廃墟で炎が燃え上がるシーンを想像してしまった。」、submergeも世界滅亡系の漫画や映画に似合うと個人的には、思っている。

 他にも、もっと紹介したい曲はあるけど、記事がゴチャゴチャして来たので別の記事で少し書き方を変えてから紹介したいと思う。