スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

著書 人は死後どうなるのか を久しぶりに読んでみた。

はや あれから5年か。 

過去記事
我々はゲームで遊ばれている? を読んで、 引用が間違っていることに気付いたのは、いつだったのだろうか?  いつかやろう いつかやろう と先延ばしにしているうちにはや 5年も過ぎてしまった!

人は死後どうなるのか (表紙)
 著書 人は死後どうなるのか は、読んでいて 物凄く 気分が悪くなる本だけど 何年ぶりかに読んで 引用の間違いを訂正しようと思う。

と思い170ページを開いてみると、 物凄い気分が悪い! 

(人は死後どうなるのか 昭和63年9月30日初版発行 引用開始 
170ページ



ガンで一年半ものあいだ苦しんで死んだ父親を招霊してみると・・・・
いま俺は石の棺のなかに押し込められ、蒸し焼きにされている!

「死なないでっ!」
危篤状態でいままさに息をひきとろうとしている大阪府松原市の渋谷信輝さん(仮名・四十四歳)は、嘆き悲しむ家族に見守られながら息をひきとった。
 末期のガンで一年半もの苦しい闘病生活の果てであった。
 昭和六十二年五月十二日が命日となった。
「お父さんの霊を招んでみよう」
家族の意見で、一周忌がすぎてから渋谷さんの招霊がなされた。
「もっと早く会いたかったなあ・・・・・・」
 渋谷さんの霊は、降りると同時に、そういった。家族の者はみな、渋谷さんの最初の一声に泣きだしてしまった。
 霊能者の身体に降りてきた渋谷さんの霊は、いま自分のいるところについて話しはじめた。


 私はいま、石室のなかに閉じこめられている。火あぶりにされているように暑い。ジリジリと

171ページ
身体が熱くなってくる。身体から水分が抜けていくような感じだ。
 石室のなかは狭く、動きまわることはできないんだ。うす暗く、暑い石室のなかで、ほとんど立ったままの状態でいる。とても苦しい。
 でも、どうにもならない。立っていると、足のつま先からだんだん焦げてくる。全身が蒸されているような感じになってきた。
「逃げたい」
 何度そう思ったことか!その石は重く、私が叩いたぐらいではビクともしない。
 私はこのまま、ゆっくりと蒸し焼きにされるのだろうか?二度目の死はやってくるんだろうか?
 こんな苦痛は、生きているときでも味わったことはない。生きているなかでもそれなりの苦痛はあったが、こんな体験は一度もない。
 足もとがまた異常に熱くなってきた。もう腰のあたりまで焦げてきたようだ。
「おーい、出してくれーっ」
 無駄とわかっていながら、私は石室の壁を叩きながら叫んだ。叫ぶ声は、吸い込まれるように消え、虚しさだけが残る。ああ、たまらない。もう頭がボーッとなってきた。
「むだだ、もうおしまいだよ」

172ページ
 もう一度叫ぼうとすると、壁のむこう側から声がした。驚いたことに、弟の声だった。
 十年前に自殺した弟が語りかけてきたんだ。
「おい、私だ、ここから出してくれ」
 と叫んだが、
「兄貴、もうあきらめるんだ」
 としか答えてくれない。それから何度も叫んだが、二度と弟の声は聞こえなかった。

「私はいつまでここにいなければならないんだろう、苦しい、助けてくれーっ」
 その言葉を最後に、霊は霊能者の身体から消えてしまった。

引用終了  原文は縦書き

■今思い出してみると過去記事の引用間違いというのは、 渋谷さんを松原さんと書いてしまったことである。
元々過去記事は、はっきりとした引用ではなく、 こうしたらしい という曖昧な言い方になっていた。

 紹介した著書の内容が、もし実話なら、あの世の法則もまったくふざけた話であり、魔界塔士SAGAのようにかみを抹殺してあの世の改革も行わなければならない一大事だが、この本の内容が実話かどうかは、自分にはわからないし、 未だに霊なんていうものが本当に存在するかもまだ 分からない。 
 そういえば、近年は、 テレビでも心霊関連の番組が物凄く少なくなったような気がする。

もしかしたら、霊やら死後の世界というものは、 死を本当の終わりだと思いたくない 人類のはかない希望から生まれたものかもしれないし、 霊を見たという人も 恐らく 嘘ではなく本当に 霊らしきものを見た人も確かにいるとは、思うけど もしかしたら 幻覚かもしれない。

 過去記事でも書いたが、まだ若い頃、元友達らと4人で肝試しに行ったとき、元友達のT(←もうこの人とも2度と会うことはないだろうな。)は、上ノ加江隧道で 青白い顔の男の子を見たらしい。 現地では、何も言わなかったけどそれから何カ月も過ぎてから実は、あの時 青白い男の子を見たと聞いて 怖くなった。 「もちろん自分は何も見なかった。」 ←これ自体は、嘘ではないだろう。 しかし彼は、ただ幻覚を見ただけかもしれない?  

 果たして霊と言うものは、本当にいるのだろうか? それとも 単なる幻覚なのだろうか?
自分は、美少女の霊には、会ってみたいと思う。 
 
 
 
自殺者が語る死後の世界  (表紙)
↑ 霊なんていうものは、多分いないにしろ、自殺者が語る死後の世界の表紙は、今見ても怖い と個人的には、思う。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。