スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「判断力の弱い子供を性の商品にする」という発言と 福島から遠くで暮らしている人たちが「福島県全体を立ち入り禁止区域にしないのは殺人行為だ」などと主張していも、当の殺される側の我々はそんな簡単な理屈で動けるわけはない。福島に暮らし続け、放射線の影響で将来死ぬ(かもしれない)人の数よりも、福島から追い出されるストレスや生活の喪失で今日明日にでも死ぬ人の数のほうが桁違いに多いことは明白だ。  という発言を 絡めて考える。

過去記事
著書(日本のルールは間違いだらけ)の聞き捨てならない「規制妥協発言」について考える。
は、あまりにも長いったらしく、疲れて読まれなかったら心残りなので、読みやすいように短くしてみた。


日本のルールは間違いだらけ (講談社現代新書)日本のルールは間違いだらけ (講談社現代新書)
(2009/10/16)
たくき よしみつ

商品詳細を見る
 まず、日本のルールは、間違いだらけという著書の142ページでたくきよしみつ氏は

判断力の弱い子供を性の商品にするとか

 と言う発言をしている。
さて、彼が言う「判断力の弱い子供を性の商品にする」行為とは、何を意味しているのだろうか?

同書の138ページで

子供のヌード写真集がさかんに出版された時期があった。
 被写体にされた少女(幼女と言ったほうがいい歳の子もいる)たちの親は、出版社から金を受け取り、我が子のヌードを撮らせたわけだが、そうした行為のほうが「陰毛ヌード写真」などよりも法律で規制する対象となりうるだろう。



 と発言しているので、当然児童ポルノ禁止法を正当化し、 豪アート誌「アート・マンスリー・オーストラリア」が当時6歳の少女オリンピア・ネルソンちゃんのヌード写真を表紙に用いたことも、彼から見たら

判断力の弱い子供を性の商品にする行為 に該当するのだろう。

 自分は、当ブログで何度もしつこく言っているように、性的暴行などの被害者のいる犯罪は、当然として、少女ヌードやジュニアアイドルの水着撮影でも 少女本人が嫌がっているのに、 無理やり強要して撮影すれば、暴行や傷害として 摘発されても仕方がないと考えるが、 少女本人が自分のヌード写真を誇りに思っているにも関わらず、少女の気持ちも考えずに、勝手に 性的搾取やら性的虐待のレッテルを貼る大人が悪いだけのことであり、 少女本人が誇りに思っている少女ヌード写真そのものが先天的に、少女を傷つけるという科学的根拠は一切ない としつこい程、断言し続けている。

引用開始 一部省略)


少女ヌード写真を表紙に掲載の豪アート誌、国内で論議の的に

  • 2008年07月09日 15:20 発信地:シドニー/オーストラリア

(中略)


 野党・自由党のブレンダン・ネルソン(
Brendan Nelson)党首もラッド首相に賛同し、表紙写真を「弁護の余地のないもので、社会に対する冒涜(ぼうとく)行為だ」と評した。

 児童保護団体のへティ・ジョンストン(
Hetty Johnston)氏は、「こうした写真は児童の性的な搾取」だとして、展示、販売、公開を目的に児童の裸を撮影することを禁止する新法の制定を求めている。「法律で明確にする必要がある。現行法はあてにならず、子どもたちを守ることはできない。やってはならないことを明確に示す線引きが必要だ」と、ジョンストン氏はテレビ局ナイン・ネットワーク(Nine Network)のインタビューで語った。

 一方、表紙を飾った少女、オリンピア・ネルソン(
Olympia Nelson)ちゃん(11)は、母親でもあるカメラマン、Polixeni Papapetrouさんが2003年に撮影した問題の写真をとても誇りにしており、ラッド首相の言葉には「本当に傷ついた」と語る。

あの写真はとても気に入っていて、大好きな写真のひとつよ。ママはこれまでもずっと私の写真を撮ってきたわ。あの写真は搾取とは全く関係がないし、ヌードは芸術の一部だと思う」。(c)AFP

(引用終了)

 ↑この事例からも分かるように

・「、社会に対する冒涜(ぼうとく)行為だ」

・「こうした写真は児童の性的な搾取」

などと言う 白い目で見る風潮を推進する大人がヌードモデルの少女を傷つけているだけのことだから、児童ポルノ禁止法は、肯定のしようがない。


裸のフクシマ 原発30km圏内で暮らす裸のフクシマ 原発30km圏内で暮らす
(2011/10/14)
たくき よしみつ

商品詳細を見る

 では、次にたくきよしみつ氏が著書 裸のフクシマの150ページで言った発言


 福島から遠くで暮らしている人たちが「福島県全体を立ち入り禁止区域にしないのは殺人行為だ」などと主張していも、当の殺される側の我々はそんな簡単な理屈で動けるわけはない。福島に暮らし続け、放射線の影響で将来死ぬ(かもしれない)人の数よりも、福島から追い出されるストレスや生活の喪失で今日明日にでも死ぬ人の数のほうが桁違いに多いことは明白だ。 


発言について考えてみる。
 こちらの発言は、皮肉抜きで素晴らしく自分も同感である。
また、この発言は、彼本人のブログでも主張されている。

「チェルノブイリの○倍/○分の一」というトリック ― 2011/06/12 16:30

「本当に、福島県全体を立ち入り禁止区域にしないのは殺人行為だ」などと言う発言があったのか?索して調べてみたけど残念ながらそれらしい発言は、見つからなかったが、多分たくき氏本人は、実際に聞いたのかもしれないし、何かのテレビで見たのかもしれない。 
  
 一応自分も、福島を立ち入り禁止にすべきだ。や福島を封鎖しろ という類の主張なら何度も目にして来た。

 確かに、たくき氏の言うとおりだ!

福島県にも行ったことのない遠くに住んでいる人が 簡単に

福島を封鎖しないのは、人殺しと一緒だ!早く非難させろ!

 と簡単に言っても、福島から追い出され非難を強制されることでストレスなどで、死ぬ人が多発してしまえば、完全に本末転倒であり

 わざわざ 線量の高い場所に避難させる ことも人権侵害行為である。

20キロ圏内やら30キロ圏内で一概に避難を強制させるのは、短絡的である。
 例えばたくき氏が住んでいる川内村は、1Fから21.83km「もちろん川内村と言っても範囲は広そうだが」 であり 原発から30キロ圏内である。
 それなのに、意外なことに線量が低いらしい。
線量の高い場所に「避難」している意味 ― 2012/04/19 11:52
出典:文部科学省 放射線モニタリング情報 全国及び福島県の空間線量測定結果 
出典:文部科学省 放射線モニタリング情報 全国及び福島県の空間線量測定結果 
 
 ◆今更だが低くてびっくりした 放射線量と原発からの距離は、必ずしも比例しないのが現実だということが分かる。
東大の児玉龍彦氏

30キロ以遠の飯館村に近い方の学校にスクールバスで毎日100万円かけて
子どもが強制的に移動させられています
このような事態は一刻も早く辞めさせてください

と言っていたように、 放射線の影響を受けやすい子供をわざわざ線量の高い学校に強制的に通わせるのも、児童虐待である。

↑ここで再び たくき氏の
判断力の弱い子供を性の商品にする 
という発言について考えてみたい。

 児童ポルノ禁止法で 性的暴行でもない 少女本人が誇りに思っている自分のヌード写真を、少女本人の意思に関係なく、 これは、性的搾取だ。  などと 児童保護ヅラしておきながら、少女自身を傷つける行為も、住民にわざわざ線量の高い地域に移動することを強制して、放射線被曝を強制する行為も どこか似ている 人権侵害であることに、気が付かないだろうか?

2012/09/10 07:34規制妥協ページ上部へ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。