スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はっきり言って、"原子・分子ゼロ"を目指すことなんて絶対に無理 ?

270 名前:名無しさん@涙目です。(大阪府):2011/10/21(金) 18:37:12.24 ID:r8AXpxEx0

はっきり言って、"原子・分子ゼロ"を目指すことなんて絶対に無理
最近は原子や分子を相手にする時の数を全くイメージできてない奴が多すぎる。高校は何をやってるんだ?


◆自分は、学力の低い高校をなんとか卒業した程度の(低学歴)だから詳しいことは、分からないけど恐らく
原子や分子をゼロにすることは、不可能なのは、事実だろう。
 しかし、問題は、セシウム137やプルトニウム239などの人工放射性物質と自然界の放射能カリウムなどと一緒にするな!と言っておく!!

参考記事

Q. 「自然放射性核種」のカリウム40による被曝が問題にならないのならば、「人工放射性核種」も問題にならない?

 A. No。生物は進化の過程で、「自然放射性核種」のカリウム40を摂取しても同じだけ排出し、体内で濃縮されない仕組みを身につけてきた。従って被曝量も一定し、DNAの修復などで放射線の影響をなるべく受けないような仕組みが生物には備わっている。

 ところが「人工放射性核種」への防御は、進化の過程を経ていない。通常の栄養素と同様に体内に滞留し、特定の場所に濃縮してしまうのだ。たとえば人間の身体は、放射線を出すヨウ素131を、(甲状腺ホルモンを作るのに必要な)放射線を出さないヨウ素と同じように甲状腺や母乳に濃縮させる。他の「人工放射性核種」(ストロンチウム90やセシウム137など)でも、他の動物・植物でも、場所は異なるが、滞留(濃縮)する。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。