スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダライ・ラマ

脱原発だと「貧富の差広がる」 ダライ・ラマが記者会見で述べる
2011/11/ 7 12:56

◆自分は、ダライ・ラマに対しては良い印象を持っていたが所詮この人も日本のネット右翼と同類の程度の低い人間か?と思うようになった。

「常に物事は全体を見るべきで、一面だけを見て決めるべきではない。破壊的な目的で使うものは、破壊的なものしか産まない」
 ▲自分から見たら、一部の人(福島第1原発の20キロ圏内の田舎に住む人)なんかよりも、大多数の都会に住む人間の利益を重視すべきだ。 と言っているように聞こえてしまうのだが

ダムは自然を破壊するなどの悪影響がある?
 ◆もちろんダムは、清流をせき止めてヘドロを溜めてしまうので、完全に自然破壊だ。
しかし、あんたは、ダム建設は悪でも、 (電力需要の少ない)夜間に原発の余剰電力を下池から(上池ダム)へ水を汲み上げる 揚水発電は、叩かないんだね。 
揚水発電所 昼間
揚水発電所 夜間

風力、太陽光批判だけは、あんたと同感。
 実際に自分は、自然エネルギー信仰者にmailして、自然エネルギーを非難すると「ゆきあいきれん」逆切れされて嫌われた位だから。

過去記事
自然エネルギー信仰者の痛さ

 貧富の差が拡大?
貧富の差の拡大を問題視するのであれば、なぜ人口抑制を主張しない!!
過去記事
子供をつくらない快楽目的の性行為も戦争予防への一つの手段

 原発なんか百害あって一利なしだから、火力発電だけで十分である!!
過去記事
(反原発なら電気使うな!)と定番のバカの一つ覚えをほざく原発推進派は、「原発を稼働させる為に、石油が使われている」事に抗議しろよ!

 そんなに、シーオーツーを出す火力発電が許せないのなら、原発を稼働させるために石油を使って建設機械を使ったり、石油を使ってトラックや船でウランを運ぶことに抗議しろよ! ◆火力発電を叩く原発推進派さんよ!

それと原発は、事故を起こす起こさない以前に必ず高レベル放射性廃棄物が発生「当ブログを長く読んでくれている人から見たらしつこすぎるかもしれないがやはり重要な問題なのでこれからも言い続ける。」するのだが、ダライ・ラマ14世は、高レベル放射性廃棄物については、どう思っているのか? 是非聞かせて欲しい

 しかも地下に埋めた放射能は、やがて地上に漏れだすことは、日本原子力研究開発機構(旧、動燃)も認めているけどダライ・ラマ14世は、なんと答える

過去記事
核燃(旧動燃)も地下に埋めた放射能がやがて地表に現れることを認めていることは、本当だった。

 まさかその頃には私たちは生きていないから、どうでもいい と考えているのなら、ダライ・ラマもろくでなしであることを意味する。

ダライ・ラマは、米軍のイラク攻撃や劣化ウラン弾については、どう考えているのだろうか?



チベット亡命政権緊急発表
ダライ・ラマ法王、イラクでの戦争の脅威に対する祈祷を行う
すべての戦争においてもっとも大きな被害を被るのは、貧困にあえぐ人、そして無力な人である」

2003年3月11日 チベット亡命政権情報・国際関係省


 ◆2012年現在はどう思っているのか知らないが、これについては、ネット右翼と大分違う見解のようだ。



ダライ・ラマ14世、ウラン兵器禁止を支持
September 19, 2007
By admin

チベット仏教徒の精神的指導者である亡命中のダライ・ラマ14世が、ウラン兵器禁止を求めるICBUWの国際キャンペーンへの支持を表明しました。

ダライ・ラマは、紛争解決の手段としての武器使用といかなる種類の暴力にも反対しています。今回の支持は、インド北部のダルムサーラのチベット亡命政府を通じて表明されました。

ノーベル平和賞受賞者であるダライ・ラマは、環境・人権キャンペーンへの支持によって知られ、非暴力の原則を貫く姿勢は世界的に評価されています。 ダライ・ラマは、暴力は暴力を生むため、紛争の持続的な解決をもたらさないとし、代わりに対話と歩み寄りによって、勝者・敗者を生むことなく持続的解決に導くことができると信じています。



 ◆2007年当時だが、良いことを言っている。
日本のネット右翼や小泉がほざく「誰だって戦争はしたくない」 とは、大分意味が違う、本当の意味での平和主義の姿勢を感じる言葉である。

過去記事
(誰だって戦争はしたくない しかし) ←嘘付け!!

世界から戦争は無くならない  無くなると困るし そんな時代は今まで一度もない?

 ◆繰り返し
高レベル放射性廃棄物の問題について、ダライ・ラマ14世は、どう考えられているのか? 是非お聞きしたい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。