スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よく考えてみると「もっと違法アップロードを取り締まるべきだ!」も(規制妥協)ではないのか。

 ご存知のように違法ダウンロード刑事罰化が10月1日から施行された。

過去記事


今更ダウンロード処罰化への手紙を一応出した
2012/06/19 06:58



 ◆違法ダウンロード刑事罰化に反対している人の殆どが
ダウンロードなんかよりも、もっとアップロードを取り締まれよ! と口をそろえて言っていた。

これを本気で言っているとしたら



公式に投稿されている場合以外のYOUTUBEに沢山ある音楽PVMADムービーもっと取り締まれ!



 ということを意味する。


自分は、MADムービーが大好きで感動したこともある
一例


ひぐらしのなく頃に やブレスオブファイアⅤの映像に天野月子の曲が使われていたMADムービーなど。「他にもある。」



 ◆自分は、「自分の物語マイブラやCOTDの音楽を使う」MADムービーを作るのが夢だったけど 結局9月30日まで絵が上手くなるのは、間に合わなかった。

 こうなったら自分が生演奏して、自分の絵に音楽を載せるムービーをつくるか? 
↑ 人の音楽を生演奏した動画をネットに投稿した場合でも逮捕されてしまうのなら、夢を叶える為に日本を脱出することも考える。
 

 今年の6月13日ダウンロード刑罰化が衆議院通過される2日前 

違法ダウンロードによる被害額は、6683讃億円と言っていた自民党の河村建夫議員の事務所に電話した。
 当然のように、本人は、出なかったが珍しく秘書が出て、「彼は、法案の内容を把握していた。(議員事務所に電話しても電話応対の人は、法案を把握していない場合も少なくない。) 」

 自分は、秘書に
「被害額が6683億円というのは、信頼できません。」と疑問を投げかけた。
秘書によると
日本レコード協会によると」 と言っていたような気がする。

自分は、ダウンロード刑罰化に反対する理由の一部として
今の著作権法は、ミュージシャン本人よりもJASRACや音楽出版会社などの業界の利益を優先していて問題です。」という風に言ったら

秘書は、
そういうのは、ミュージシャン本人から聞かないんですけど。
と言われ 反論の言葉を失いそうになった。

 確かに、自分の知る限りプロのミュージシャン本人が今の著作権や音楽業界に異議を唱えた事例は、平沢進以外に聞いたことがない。 「ファンキー末吉は、著作権料の分配の明確化を主張したのみで別に自分は、彼を好きではない。」

どうやら、河村建夫議員の秘書も「今の著作権法を根底から見直して欲しい。」という意見を初めて聞いたようだった。
 自分は、反論の言葉を失いそうになりながらも一応言った。
よく違法ダウンロードは、万引きと一緒と聞きますが、それならば、なぜラジオやテレビの歌番組の音楽をカセットテープやMDに録音するのは、窃盗と一緒にならないのでしょうか?」と言うと

秘書は
「手紙でも送ってくれますか。」と言う風に言った。
自分は、
「ありがとうございます。 衆議院通過する前に間に合わなかったら悔いが残るのでFAXを送らせていただきたいと思います。」と言い
 6月14日河村建夫議員事務所にFAXを送った

結局バカげた法案は、成立してしまったけど

 自分は、好きな音楽なら山ほどあるけど


頭を下げてまで僕を嫌いにならないでください。



と言いたいミュージシャンはいない。
 自分だったら、音楽をつくったら 音楽業界なんかに! 自分の著作権とやらを譲渡したくない!

再び著作権法のおかしさについても時々当ブログで考えて行くつもりである。
2012/10/09 22:54規制妥協ページ上部へ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。