スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(自己暗示)について独り言。

過去記事
鬱病(うつびょう)について考える。

 ◆あくまでも僕個人の体験だけど 自己暗示は、あまり効果がなかった。

 例えば 
2010年


私は絵が上手くなる。 

私は頭が良くなる。
「他にもたくさん。」


 などと、まじないのように唱えたり 原稿用紙に、ボールペンで手書きしたが、ちっとも 自分に変化をもたらさなかった。
 なので、私は絵が上手くなる。 と 自己暗示する暇があれば、実際に絵を描く練習をした方が良い「実際に行動した方が良い」事が分かった。

●もちろん 自己暗示するにしろしないにしろ 実際に行動を起こさない事には、いつまで経っても自分の夢は叶わない。

 僕は、自己暗示は、無駄と言うつもりはない。
恐らく人によっては、自己暗示してから 行動する事によって なりたい自分になれた人が世の中には、いる事だろう。

 ただ僕個人の場合は


自己暗示しても ちっともなりたい自分になれなかった


ので自己暗示をすればする程虚(むな)しくなるので、やらない方が良いと思っている。
 こんなしょうもない記事を読んでくれた人も、一度は自己暗示を試す事をお勧めする。
もしかしたら、あなたは、自己暗示をする事により 自分を変えるかもしれないし、もしかしたら僕のように自己暗示をすればする程むなしくなってストレスになるかもしれない。
 なんでも人には、合う合わない があるので、 自己暗示が駄目なら 別の方法でなりたい自分になる方法もあると言えるだろう。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。