スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100%の人災

 <No.549 (2011/03/22)
原賠法と国民の責任

(中略)
おそらく、国は本気で深刻な原子力事故が起こることなど現実的には考えていなかったはずです。無能な幇間のような原子力推進の専門家の楽観的な日本の原子力発電の『安全神話』を信じて、真摯な研究者による警鐘を無視してきた結果が今回の重大事故を引き起こしたのです。その意味で今回の
福島第一原発事故は必然的におきた100%人災だと考えるべきです。

 www.tepco.co.jp/nu/knowledge/quake/index-j.html
▲都合が悪いのか 今では削除されてしまっているが当ブログで何度も言って来たように自分はword2007に執念深く残しているしweb魚拓などには、しっかりと残っている。

aoisora.org/genpatu/2011/tepco_data/20110409151130/index-j_058.html

 真摯な研究者による警鐘「けいしょう」については、


過去記事
今回の事態は既に(1997年の時点)で予測されていた?

で取り上げている。
 
2012/10/26 22:34原子力ページ上部へ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。