スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いじめと犯罪の境界はどこか?


2012年8月27日(月)


 ▲上記の記事も勉強になるけど、日本の虐め体質は、「犯罪にならない虐め」を黙認している事を、警告したい!


過去記事
記事修正 犯罪でなかったらいじめてもいい?
2007/12/01 21:23



過去記事でも書いたけど(犯罪ではない虐めの事例)を分かり易く説明する為にはだしのゲン1巻の一部を引用させていただく。
はだしのゲン1巻より 合法暴力勇者先公 なぜ合法なのかと言えば当時は体罰が正義視されていたから 
はだしのゲン1巻 先生!中岡はわるいやつです 戦争に反対するやつはゆるせません 
出典:はだしのゲン第1巻(汐文社)
 ◆戦争に反対したゲンをクラス全員で「こいつは悪い奴です!」 と集団で糾弾し先生がゲンを殴ったとしても当時は、虐めや虐待と言う認識がなく、悪い心を正す為の躾けだからと正当化 されていたのであり 自分は、このように集団で独りを悪のレッテルを貼って叩いて 正義ヅラする行為を 「公認の虐め」として考えている。

 ◆他にも 痴漢の容疑をかけられて 私はやっていないと否認を続けた植草氏に対して検察官が

”否認を続ければ裁判で私生活を攻撃して家族を徹底的に苦しめてやる”

 と発言した事をマスコミは、報道しないと言うことは、マスコミも 公認の虐めを はっきりと肯定している事を意味する。

そんなマスゴミに 大津のいじめ自殺事件 でいじめた生徒を許せない! とほざく権利はないと断言する!
2012/11/16 22:18虐めページ上部へ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。