FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反原発団体メンバーって、経済無視なんだろうね? ←バカか!お前! 震度7 マグニチュード9で絶対に壊れない建築構造物はどんなもの? 


2012年11月18日 23時3分
反原発団体メンバーって、経済無視なんだろうね


福島第1原発事故以後も、原発推進を改めない奴は、生きる価値がない!!
 経済? まだ経済とかほざく余裕があるね!
あれだけ日本の原発は、事故を起こさないとほざいておきながら、重大な事故を起こした事を忘れたのか?







これみんな、震災前、東電がほざきよった事やぞ!!! 忘れたとは、言わさんぞ!!

実際は、どうだったか!


 (引用開始
【地震】女川原発、福島第1原発 自動停止(03/11 15:45)
原子力発電所の状況です。東北電力によると、11日午後3時半前の時点で、女川原子力発電の1号機、2号機、3号機のすべてが自動停止しました。また、青森・東通の原子力発電は、もともと点検中で停止していたということです。東京電力は、福島第1原子力発電所は1号機から6号機のうち、1号機から3号機が自動停止。4号機から6号機は点検中で動いていませんでした。自動停止した1号機から3号機の放射線漏れは確認中。また、第2原発の1号機から4号機は、運転が自動停止しています。放射線漏れは確認されていません。また、青森県六ヶ所村の日本原燃によると、「現在、各施設を確認中。再処理施設に関しては、非常用ディーゼルで電力を供給中。沿岸住民には避難命令が出ている」としています。


(引用終了)



引用開始
▽福島第1原発、冷却機能停止=放射性物質放出の恐れも-周辺住民に避難指示
2011/03/12-03:01 時事通信
三陸沖の大地震で被災した東京電力福島第1原発(福島県大熊町、双葉町)2号機で、11日夜、原子炉の冷却機能が停止した。同1号機では原子炉格納容器内の圧力が上昇、東電は原子炉の破損を防ぐため、圧力を逃がす操作の検討を始めた。この操作により、外部に放射性物質が放出される恐れもある。政府は11日、原子力災害非常事態宣言を発令、半径3キロ以内の両町住民5862人に緊急避難を指示。半径3~10キロ圏内の住民4万5345人に対しても屋内待機を指示した。県によると、3キロ圏内の住民全員が避難を終えた。経済産業省原子力安全・保安院と東電によると、同原発は運転中の1~3号機すべてが地震直後に自動停止した。非常用ディーゼル発電機が故障し、2号機は冷却機能を停止したため、電源車を派遣し、復旧作業を進めている。
 一方、1号機では、通常400キロパスカルの格納容器内圧力が、600キロパスカルまで上昇。格納容器が破壊される恐れが生じたため、東電は圧力を逃がす操作を検討。操作に伴い、外部に放出される放射能の量や影響を調べている。2号機の原子炉冷却水の水位は、燃料棒の最頂部より約3.5メートル高い位置で維持されている。水位が低下すると燃料棒が露出し、放射能漏れの恐れがあるという。
 また、福島第2原発(同県富岡町、楢葉町)も1~4号機が自動停止。東京電力によると、1号機の原子炉格納容器内の圧力が上昇し、午後5時35分に非常時に炉内に冷却水を注入する「緊急時炉心冷却装置(ECCS)」が自動起動した。保安院によると、冷却水は確保されているとみられるが、2、4号機は冷却のため海水を取り入れるポンプの動作確認が津波の影響でできなくなっているという。東京電力によると、福島第2原発の排気筒クレーン操縦室で作業員1人の死亡が確認された。同第1原発では、タービン建屋内にいた同社社員2人の所在が確認できないという。

(引用終了)

 
▲確かに、東電が震災前に言っていた通り自動停止は、した。

 しかし

(引用開始)

Sクラスの設備は、基準地震動Ssによる地震力、さらに建築基準法で定められた3倍の規模の地震力に対しても、十分に安全であるように設計することで、原子力発電の「止める」「冷やす」「閉じ込める」という安全機能を維持しています。

耐震クラス


(引用終了)

「止める冷やす閉じ込める」
は、嘘ではないか!   震度7 マグニチュード9 の地震で絶対に壊れない ような建築構造物をお前は、知っているのか!!!

 原発がある限り 事故は、起こる! だとすれば 原発は、最初からつくってはならない と言う結論しか出て来ない!!

原発交付金で、一時的に自治体の税収が良くなろうが、一度事故を起こしたら、 何万年も放射能で汚染され続ける!
 事実、チェルノブイリでは事故から25年経った昨年の時点でコンクリート製の「石棺」に線量計を近付けると毎時5.24マイクロシーベルトが表示されている。

参考記事

時事ドットコム:〔ルポ〕事故から25年、チェルノブイリは今




◆毎年、121億円の原発交付金をもらおうが一度事故を起こすとたかだか 数百億円 なんてすっ飛んでしまい、 交付金がもらえなくなる事など 放射能汚染で 柏崎周辺が何万年も人が住めなくなる事に比べたら なんでもない事が分かる!!!

 また、原発は、事故を起こさなくても 普通に運転するだけで 絶対に高レベル放射性廃棄物を発生させる。
どれだけ危険な物かと言えば


100%の人が死亡するとされている放射線量(約7Sv(シーベルト))をわずか20秒弱で浴びてしまうレベル(約1,500Sv/h)

らしい。
 しかも地下300m以上地中深く埋めて1000年経てば大丈夫と言うのも嘘であり


ガラス固化体を地下深部に埋めた後、1,000年間で、ガラス固化体中の放射能は数千分の1に減少し、その後も緩やかに放射能が減少していきます。このことから、 オ-バ-パック(鉄製容器)の設計耐用年数としては1,000年を考えています。



出典:「原子力・エネルギー」図面集2011 8-16 高レベル放射性廃棄物の放射能の減衰


出典:「原子力・エネルギー」図面集2011 8-16 高レベル放射性廃棄物の放射能の減衰 

1000年後の高レベル放射性廃棄物の放射能は1トン当たり10万ギガベクレル(GBq)程度であり、ウラン鉱石750トンの放射能である1000GBqの100倍の値である。
 つまり、1000年後においても高レベル放射性廃棄物はウラン鉱石1トンに比較すれば実に750×100=75000倍の放射能を保有していることを意味する。
 
更に1000年も経てば、放射能を封印した金属容器が腐食して中から、放射能が漏れ出して地下水を汚染したり農林水産従事者を通して人々を内部被爆させる事を、原発推進派である核燃料サイクル開発機構(旧、動燃 現、日本原子力研究開発機構)自身も認めている。

(以下、わが国における高レベル放射性廃棄物地層処分の技術的信頼性
—地層処分研究開発第2次取りまとめ— より抜粋

出典;第2次取りまとめ Ⅴ-28 381p オーバーパックが閉じ込め機能を喪失した後の展開 
Ⅴ-28 381p オーバーパックが閉じ込め機能を喪失した後の展開 
出典:第2次取りまとめ 392頁 Ⅴ-39 地下水シナリオ基本シナリオの概念モデル 
392頁 Ⅴ-39 地下水シナリオ基本シナリオの概念モデル 
出典:第2次取りまとめ 416p Ⅴ-63 地下水に取り込まれた放射性核種は、最終的に河川などの表層水や海への放出あるいは井戸の汲み上げによって人間の生活環境に流入することになる。 
416p Ⅴ-63 地下水に取り込まれた放射性核種は、最終的に河川などの表層水や海への放出あるいは井戸の汲み上げによって人間の生活環境に流入することになる。 
出典:第2次取りまとめ Ⅴ-67 420p 生物圏における被ばくモードと被ばく経路 

Ⅴ-67 420p 生物圏における被ばくモードと被ばく経路 
出典:第2次取りまとめ Ⅴ-84 437p GBIとなる深井戸の概念図 
Ⅴ-84 437p GBIとなる深井戸の概念図 
(引用終了)

 原発は、コストが高いだけでなく金銭では取り返しのつかない問題も含んでいる。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。