スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予防原則なしの科学は無益?

予防原則なしの化学は無益? 
▲人為的地球温暖化説は、仮説でありまだ実証された訳ではなくても もし本当だった場合 手遅れにてからでは遅い。 だからシーオーツーを削減すべきだ?
 とほざく連中は、本気でこう思っていないと言えるだろう。

 なぜなら、人為的地球温暖化説を唱える連中が 実際に事故を起こした事のある原発を推進しているからである。

■なんで まだ決まった訳でもない人為的温暖化説には、予防原則を適用し 実際に事故を起こし 広範囲の地域を何万年も人が住めないような事故を起こした原発のみには、予防原則が適用されないんだ!!!
 ■これもダブルスタンダード典型的な実例である!

 IPCC自身も二酸化炭素の排出量の削減なんか本気で考えてないとしか思えない!

 ■IPCCだって原発を運転するのに必要な核燃料ウランを採掘する為にウラン鉱山を露天掘りする為に、石油で動く建設機械が使われたり
出典:三菱重工 原子力のページより 石油で動く建設機械で掘られた鉱山


出典:三菱重工 原子力のページ

図2 アフリカ南西部のナミビア共和国の露天掘りウラン鉱山。
長さ3キロメートル、幅1.2キロメートル、深さ350メートルの巨大な露天掘り。
全世界のウラン生産量の約1割を生産している。


■陸上ではトラックでウランが運ばれ 
出典:つぶやきいわぢろうより 20110107 石油で動くトラック 

出典:つぶやきいわぢろう インドのウラン鉱山で僕が見たこと~その1 2007.03.25 Sunday

海上では、石油で動く船でウランが運ばれている現実をIPCCが知らない訳ないだろ!!
出典:資源エネルギー庁 【第111-1-1】エネルギーの供給過程と利用形態 

出典:資源エネルギー庁 【第111-1-1】エネルギーの供給過程と利用形態




温暖化の科学とリスクコミュニケーション、予防原則なしの科学は無益

農業情報研究所
highlight

04.7.12



2012/11/23 22:42原子力ページ上部へ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。