スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界の気温、4度上昇の恐れ…世銀報告書が波紋

 【ドーハ=河野博子、貞広貴志】ドーハで26日開幕した国連気候変動枠組み条約第18回締約国会議(COP18)で、このままだと世界の平均気温が4度上昇する恐れがあると警鐘を鳴らした世界銀行の報告書が、各国代表の演説に盛り込まれるなど波紋を広げている。

 「熱を下げよ――なぜ4度上昇を避けねばならないか」と題した84ページの報告書は、地球温暖化の現状と予測を最新のデータでまとめた。それによると、各国が温室効果ガス削減の目標をすべて達成しても、世界の平均気温は、18世紀後半の産業革命に始まる「工業化」の前に比べ、約20%の確率で2100年までに「4度を超えて」上昇するとした。各国が目標を達成しなければ、それは2060年代にもやってくるとしている。

最終更新:11月26日(月)22時42分

読売新聞

 

◆まだ、いいよるん? お前ら! 今現在地球温暖化について原稿用紙に手書きで記事を書いて頭を整理して後で、ブログで記事を書く予定である。
 地球温暖化の政治利用については、 本当に記事の書き方で何年も悩んでいるので!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。