スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちなみに、この事件で逆転有罪判決を出した裁判官のうち2人は今も現役で?



ちなみに、この事件で逆転有罪判決を出した裁判官のうち2人は今も現役で、それぞれ東京高裁、東京地裁の裁判長を務めている。こんなに酷い誤判をした裁判官が、何の検証も受けず、教訓を学ぶことがないまま、人を裁き続けているのだ。


 ◆東電0L殺害事件で、被告人を犯人と断定するには、いくつもの疑問があるとして、「疑わしきは被告人の利益に」の原則に従って無罪とされたにも関わらず、東京高裁は、検察側の主張を認めて逆転有罪とし、最高裁はそれを追認したらしい。
 その事件に携わった裁判官は2人も何の裁きも受けないままのうのうと人を裁き続けているらしい。
▲よく考えるとこの現実は、あまりにも悔しくならないだろうか?

一応自分は、毎回、投票に行った時は、再考裁判官全員に×を付けているが、明後日までに投票に行く前にもう少し10人の裁判官について調べてみようと思う。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。