スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZONEについて独り言。

最近ZONEのMIYUこと長瀬実夕が事務所を契約解除された事も話題になっている。
 確かに予定している行事を無断欠席した事が事実ならばそれは、反省すべきだとは考える。

しかし今回の自分の記事は、長瀬実夕を便乗叩きする事ではなく 最近北海道で雪を見ながら ZONEの冬の音楽を聴いた事もあり ZONEの思い出とZONEの曲の思い出を通して過去の思い出の場所に関する怒りの記事を書きたいと思う。

 関連記事
16日間の 地獄の北海道貧乏旅行 
2013/02/15 15:43


地獄の北海道貧乏旅行
2013/02/13 23:35

1月28日新千歳空港から 快速エアポート で旭川に向かう時も 1月29日汽車で旭川駅から富良野駅に向かう時も北海道の雪景色を見ながら
特急列車 新千歳から旭川へ 2 特急列車 新千歳から旭川へ10 特急列車 新千歳から旭川へ18 特急列車 新千歳から旭川へ15 特急列車 新千歳から旭川へ24 特急列車 新千歳から旭川へ29 


聴いたZONEの冬の名曲は以下の通りである。
IMGP1833 20130129富良野行き汽車IMGP1837 20130129富良野行き汽車IMGP1840 20130129富良野行き汽車IMGP1844 20130129富良野行き汽車IMGP1847 20130129富良野行き汽車IMGP1850 20130129富良野行き汽車

ZONE - believe in love

zone 世界のほんの片隅から

zone confidentially

ZONE 白い花
 ◆believe in loveは、zoneがインディーズ時代に収録された音楽と言う事で存在感が薄いような気がするが個人的には、かなり好きな曲であり インディーズだから悪いと言う理由はどこにもない!
 世界のほんの片隅から は、2001年12月当時は、今ほどは この曲の良さが分からなかったが 
どんなに世界中が悲しみに包まれても 明日は昨日より強くみんな生まれ変わる」 と言う歌詞は 今のこのご時世には、 意味が深い と思う。
 confidentialy も 白い花 の2曲も 雪を見ながら 聴くと物凄く雰囲気が合う 大好きな名曲である。
2008年当時 人生で初めて北海道に来た時は夏であり  ZONEの実夕達の故郷と言う事でZONEの名曲を聴き 前述したZONEの冬の名曲も聴いたけど 雪がないので 物凄く物足りなかった。
 ZONEの名曲を彼女達の故郷で似合う季節で聴く事が出来たのは良かったけど 本当は、 もっと若い頃に 実現したかった!
  僕は実に、これら4曲の冬の名曲を 世界の様々な場所で聴いた。

多少 関連する記事
雪道動画の季節
2010/01/04 05:20

 四国の高知県の梼原の197号線の雪景色でも聴いたし 2005年の秋から2006年の初春にかけて長野県や岐阜県でも聴いたし
2010年人生初の海外旅行でフィンランドに行った時もサーリセルカのホテル周辺を散歩しながら聴いたし
R0010408フィンランドサーリセルカ 20101月R0010411 フィンランド サーリセルカ 2010年1月R0010420 2010年1月フィンランドサーリセルカ

 2度目の海外旅行でカナダのイエローナイフに行った時も散歩しながら聴いたので
R0010825 2010年1月 カナダ イエローナイフ

 ZONEの過去の名曲には、かなり思い出がある。
 北海道等の本格的な雪国で聴くのは勿論素敵だが 個人的には、 (南国のイメージの強い高知県) の山間部の梼原町の雪景色(南国の雪景色)で聴くのも大好きである。 「梼原の景色自体が良いのもあるのだろうけど」
s-デジカメ記録 77820071231梼原 s-デジカメ記録 77920071231梼原 s-デジカメ記録 78720071231梼原 

s-デジカメ記録 79320071231梼原s-デジカメ記録 79420071231梼原s-デジカメ記録 80120071231梼原

関連記事
念願の初雪
2007/12/31 23:09

 そして今日最近の北海道の 地獄の貧乏旅行 記事を書いている時 冒頭のZONEの実夕の事や ZONEの思い出を考えている時 ふと 2005年11月12日 冬季閉鎖される前に 長野県の麦草峠に行った事を思い出し 過去の ビデオカメラの映像を見た。
cap045 20051112 インテグラ麦草峠cap019 20051112 麦草峠cap020 20051112 麦草峠
 ◆この時もMDウォークマンをカセットアダプターで繋いで自動車で冒頭で述べた4曲のZONEの冬の名曲を聴いていた。
 それと同時に、この頃は、まだ自分の大好きな長野県も放射能汚染されてなかった事を考えると 結局 この記事を書いていても 原発推進派への憎しみに辿り着いてしまった。 自分の思い出の場所も汚染しやがって!! 改めて原発推進派どもが、許せなくなった
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。