スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酒鬼薔薇事件から10年

土師淳君事件、24日で10年=父親が文書コメント-神戸
(時事通信社 - 05月23日 10:01)
 1997年に神戸市須磨区で起きた連続殺傷事件で、小学6年の土師淳君=当時(11)=が殺害されてから24日で満10年になるのを前に、父の守さん(51)は22日、代理人弁護士を通じ、「(加害者の)退院後も情報が伝わる仕組みを作ってほしい」とするコメントを書面で寄せた。



 守さんは「もう10年になるのかというのが正直な気持ち。悲しみは時が癒やしてくれるものではない」と胸中を吐露した。
 



[時事通信社]

 ■今から10年前の今日、神戸で酒鬼薔薇聖斗と名乗る少年による児童殺傷事件があった。
 さて、これらの少年犯罪のニュース記事が出る度にmixiではやたら勇者国民どもが、厳罰論を主張する。 今回も僕の予想通り勇者国民どもが少年犯罪の厳罰化を主張していた。

 被害者自身や遺族自身が犯人を憎むのは当然だけど、この国では、被害者と一切関係ない赤の他人までが、被害者の気持ちと一緒になったかのように、犯罪者を叩く奴が多い。
 しかもこういう奴らは普段は 人のことなどどうでもいい ということなかれ主義や我関せずという考えの奴が多いくせに!!

 僕は、過去(特に約10年前の僕)、いじめのニュースがある度にいじめをする奴なんか全員死ねばいいと知り合いに話したことがある。
 いじめをしといて、いじめた奴は何の罰も受けずにのうのうと人生を楽しみ続けるのが悔しいからそういう奴らは、死んで欲しいとよく知り合いに言ってた。

 しかし、その知り合いも他人のことなんかどうでもいいと言っていた。

 世の中の多数の人は、人のことなんかどうでもいいと言う。

本当は、他人の苦しみで心を痛める人間でもないくせに、ニュースで誰か叩きやすい犯罪者が出たときだけ、犯罪者への厳罰を主張する奴らが多い。

 こういう奴らは、ただ 悪者が欲しい だけとしか言いようがない。
 犯罪少年の親も出て来い とか抜かす奴こそ、 いじめ根性の強い人間ではないか!!

2chの勇者国民どもは、本当に暴言ばかり吐く。
 この酒鬼薔薇に対して、このクソガキを生んだ親も同罪だとか! 

こういう奴らは、本当に、殺された被害者に対しても心を痛めていないと思う。

 ただ、悪者が欲しいだけ

オレらは正義でお前は悪と言って、誰かを  と決め付けて叩きたいだけに過ぎない。
 そういう偽善勇者国民こそ、いじめ主義者だと思う。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。