スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嫌なもの見てしもうた ム!ムカデえ

 最近僕は、youtubeでコブラの動画をきっかけにオースティンスティーブンというヘビが大好きな男に興味を持って今日youtubeでオースティンスティーブンの動画を適当に見ていたら

 な、なんと ヘビだけでなく僕がこの世で一番大嫌いムカデの動画が出てきて 一瞬で鳥肌が立った。

 外国のムカデ気持ち悪すぎる!!!!

 一応リンクを貼っておこう。 
注意・僕みたいにムカデが大嫌いな人にはおススメ出来ません。
外国のムカデは日本のムカデよりデカくて気持ち悪いです。

http://www.youtube.com/watch?v=1ZoaXxKaoVA
 ただすぐには、ムカデは出てきません。

しかし寝る前に嫌なものを見てしまって寝るのが恐くなってしまった。
 僕は子供の頃からムカデ恐怖症であり30手前の今でもムカデへのビビリ方は子供のときとそんなに変わっていない。

 ただ今回は、叫びはしなかった。 しかし本当に気持ち悪すぎる。

ヘビも気持ち悪いけどムカデよりはまし。
 足が何十本もあるのに対して手足がないのはまだかわいいほうだ。
しかもムカデあの何十本もある足がそれぞれ動くのが凄く気持ち悪い。

 はっきり言って子供のときより今の方がムカデにビビッていると思う。
 ムカデを見たら僕は「はっはあああああ」と情けないことを出すこともあれば、「うわあ!」と叫ぶこともある。
 どうしてもあれを見ると反射的にびびってしまう。
 小学低学年の頃図鑑でムカデのイラストを見るのはそんなにびびらなかったけどあるときからムカデは絵でもびびるようになってしまった。

 ムカデは英語ではCENTIPEDEというらしくこれもなんと日本と同じように名前の由来は 100本の足 から来ているらしい。 偶然?

 僕は、ムカデに対してはあまり 動物愛護 の精神はない。
一時期は見つけたら真っ先に足で踏み殺したこともあった。

 高校のとき独りで自転車でK川に泳ぎにいったことがある。
自転車を川の周辺の道路を走っているとムカデ発見 うわああとびびってしまった。 そのとき僕は周りになにかないかと思い適当にゴミを武器にしてムカデを攻撃して殺した。
 僕は女の子よりもムカデにびびってしまうのではないだろうか? もちろん女の子といってもいっぱいいるから一概には言えないけどそのとき泳ぎに来ている中学生ぐらいの女の子も自転車をこいでいてムカデを発見して「あ ムカデ」と普通に言って自転車で避けていた。
 僕はうわああとびびったのに 冷静だったな あの女の子は
その女の子達がいなくなってから僕はムカデを殺戮した。
 今思えば無視すれば良かったな

2000年の8月元友達と一応友達と3人でドライブしてある場所で道をムカデが歩いているのを発見して 僕は、思わず このクソムカデ死にやがれ!! と言いながら足で攻撃した。
 すると一瞬で動きが止まって死んだ。 結構でかかった。 12センチぐらいあったかもしれない。

 そしたら元友達が やめえや!ムゴイやろ!

と言った。 
 確かにムカデは物凄く気持ち悪いにしても最低でも家に入ったわけでもないし噛まれたわけでもないから 
 そのときの元友達の言うことは正しいかもしれない。

 家に侵入したムカデを退治するのは、ともかく「寝ている間に噛まれた人もいるから」 

 最低でも外でたまたま見たときは、手を出すべきでないかもしれない

 僕もなんとか無駄な殺生はしないように一応心がけた。

2002年の3月暖冬のせいなのか独りで草地を歩いていたらムカデを発見した。 
 そのときの僕は、ムカデを殺したくなったけどなんとか抑えて「ムカデだって生きてるんだ」と自分に言い聞かせた。 しかし動いているのを見ていると気持ち悪すぎて殺したくなったけどなんとか抑えることが出来た。 
 動物愛護は難しい一面もある。 犬やウサギなどはかわいいから殺すべきでないけど、ヘビは気持ち悪いから生きる権利はないと決め付けるのはおかしいことは頭ではわかっている。

 最近だんごむしについても考えるようになった。
だんごむし確かにちょっと気持ち悪い。 でもあれは人にたいした害はない。 それどころか掃除してくれる虫だと思う。
 わらじむしも同様だ。 子供の頃だんごむしもわらじむしにも興味があって一時期飼ったこともある。
 しかしいつからかだんごむしも気持ち悪いと思うようになり潰して殺したこともある。 そのうち辞めたけど
 しかし最近なぜだか、子供のときの過ちを思い出してだんごむしにかわいそうなことをしてしまったと後悔してきた。
 
 だんごむしはちょっと気味悪いだけだ。 今の僕だったらもし家に入ってるのを見てもちりとりではいて外に追い出すつもりである。
 また多少気味悪くてもかわいくも見えると思う。
さて最近ではだんごむしやわらじむしまで殺戮してしまう殺虫剤があるけど、あれには疑問だ。
 なんで人間に対して害を与えない虫までちょっと気持ち悪いというだけで 猛毒 で殺さないといけないんだろうか?

 団子虫もいない土になってしまうほうが恐ろしいと思うけど

僕は多少気持ち悪い虫でも僕に害を与えない虫はそんなに殺したいとも思わないつもり。
 足高蜘蛛も確かに気持ち悪い。 しかしムカデほどではないし
人を噛んだりはしない。 僕は、アシダカグモを見たら一瞬びびるけどなんだクモかと思い素手で捕まえて家の外に追い出したこともある。
 それにあのクモは多少気持ち悪いにしてもムカデほどではないしゴキブリを食べてくれるありがたい虫だ。 まあ相変わらず生態系は残酷だとは思うけど
 虫もいない土の方が嫌なものだ。 逆に不気味ではないだろうか?
とは言っても出来ればムカデは見たくないけど

 ムカデの中でもペルーにいる ぺルビアンジャイアントというムカデはなんと 40cmを超えるものまでいるらしい?
 日本の12cmのムカデでびびる僕なのに、その3倍以上も大きいムカデを見たら間違いなく気が狂いそうだ。

 とは言え、びびりながら足で攻撃すると思うけど

最近ではムカデをペットにしている人もいるらしい。
 もし外国のデカイムカデが逃げ出して、日本で野生化されると非常に迷惑だ。  しかもぺルビアンジャイアントに急所を噛まれて死亡した子供までいるらしい? 
 本当にムカデは気持ち悪すぎる!!!!


 

2007/06/18 01:49動物ページ上部へ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。