FC2ブログ

いじめられた怨み

 僕自身も、少年時代にいじめを受けたことがあり僕をいじめた奴らにいつか復讐をしてやろうと考えたこともある。

 人をいじめておいてのうのうと人生を楽しむのが許せないと思っていた。 今もその感情がなくなったわけではないけど

 奴らを殺害しようかと考えたこともある。

しかしもし失敗して捕まったらと思うと恐くて結局、復讐は実行しておらず、今では少年時代の怨みある奴らに、復讐する気はなくなった。

 僕は、金田一 はじめのように復讐を悪くいうきれいごとは、今でも大嫌いである。

 なぜ復讐する気がなくなったのかと言えば、あれから長い月日が流れ今更復讐に気力を使うのもむなしいと思うようになった。
 
 復讐は全然悪いとは、思わない。 しかし復讐するのなら、いじめを受けてからなるべく早い時期にやったほうが 復讐する価値があると後で、思うようになった。

 簡単に言えば、少年時代いじめに遭って、少年時代の怨みを70歳になってから成功したとしても非常にむなしいと思う。
 何れにせよ 人間は 遅かれ早かれ死ぬ

 また、僕自身も少年時代は情けないことをしたこともある。

ちょっと同級生の女子に冷たくされたからと言って、ちょっかいを出した苦い過去もあった。 「思い出して恥ずかしい、抹消したい過去だ。」

 時には手をあげたこともある。

 後で、思い出すと僕自身、女友達が出来なかったのは、僕にも原因があったような気もしてきた。
 確かに仲の良い女友達が出来なかったとしても今のように普段大人しいふりをしたり、ちょっときつい言葉で言われたとしても今の僕みたいに適当に聞き流していたら、最低でも少年時代、そんなに嫌われることはなかったように思う。

 また19歳の終わりごろ四国の友達のZが某中国地方の短大に通っていた頃バスで彼のアパートに遊びに行ったことがある。
 Zは、短大の同級生の女性二人を連れてきて確かその二人の女性も最初は、僕を可愛いと言ってくれた。
 数人で酒を飲んだ。
 しかし僕は酒が回ると調子に乗って、包丁を持って 「けいさつー!!」と叫びだした。
 その結果二人の女性は、僕から引いてしまった。
あんなことしなかったらその女性も僕から引くこともなかっただろうに

 最初(少年時代)から今の僕みたいに女の前で大人しくしてたら、そんなに嫌われることもなかったと思うし、もしかしたら女友達も何人かは、出来ていただろうに
 いじめは大半がいじめる側が悪いにしろ、僕が女の前でやった態度の何割かは、僕に非があると認めよう。
 「ただし、いじめは別だ。 いじめられる方が悪いといういじめを正当化するいいわけには、反吐が出る!!」

 

 今の僕だったら、女に嫌われたとしても、潔く諦める ことが出来る。
 まあ今だったら、それ以前にこちらから女に話し掛けることは殆どないけど
  ある女に嫌われたとしたら、別の僕みたいな奴でも理解してくれる女を捜せばいいだけだ。
 
 今の僕は、過去僕をいじめた奴らにわざわざ復讐しにいくつもりはない。


しかし、そいつらが、今では 僕の大嫌いな本当は、人のことなどどうでもいいくせに、 犯罪者叩きに熱心で更に犯罪者に限らず犯罪者の家族までいじめる 勇者国民になっていたとしたら僕への過去の怨みとは別に、 復讐の念を向けるぞ!!と言いたい。

 僕は、正義ヅラして多数で独りをいじめる勇者国民への憎しみはこのブログでしつこいほど書いてきた。
 
 僕の過去の怨みは、時効として放置するにしても、正義のイジメ主義者は、本当に許せない存在だと思う。
 
  少年時代にやられた怨みは、今更晴らしに行くつもりはないとしつこく書いたけど、僕は、いじめられた経験があるからこそ

いじめ自殺に非常に強い怒りを感じるのだ。

 だからこそ 教育基本法改悪などは、ある意味自分の怨みのように感じてしまうのだ。

 愛国心を強制すること事態が行政による少年へのいじめだと

 またそんなことを強制すれば、愛国心を持つものと持たないものの間でイジメが発生することは、考えられる。

こんな今の腐った教育の元で僕は、少数派の少年達に学校などに行ってほしくない。
 ほぼ間違いなくイジメに遭うからである。

だからこそホームエディケーションなどを強くおススメしたいのだけれど先にあった 児童虐待防止法改悪により、今度は、学校に行かなかったら 教育的ネグレクト だと言いがかりをつけられて親が処罰されてしまう可能性もある。

 不登校の子供は、何重にもいじめを受ける ことになる。
 学校では同級生からいじめられ 時には教師からもいじめられ 不登校をすれば 児童相談所からいいがかりをつけられて親が抵抗をすれば下手したら親は処罰され 子供は不登校するということは問題のあることだと言いがかりをつけられて 更生施設などに収容され 傷つくことになる。

 不登校を問題視すること自体がイジメだ。 だいたい 義務教育がおかしいんだよ!!!
 
 学校に行くことを強制されている時点である意味既にいじめられているような気がする。

 ホント!!! 過去にイジメを受けたものとして 憎しみを感じるわ!!!

 いじめでつらい目に遭った人の経験が全然活かされてないじゃないか!!! 
  
 出来れば、学校などというある意味収容所みたいなところでイジメで嫌な目に遭うのは、 僕で終わって欲しかったけど

 全然、過去の教訓が活かされていないじゃないか!!!

 フザケルナや!!!

 だからこそ 僕はいじめの悲劇から逃げることも困難にしようとする 行政に まるで自分の怨みのように 憎しみ!! 感じるのだ!!

 僕は、過去の同級生よりも イジメから逃げることも困難にしてイジメによる 悲劇を繰り返そうとする 政府にこそ 復讐心を感じる!!!

  過去には 同窓会大量殺人未遂事件もあった。

 今の僕だったら、中学時代の同級生への怨みを晴らそうとは思わないし、酷いいじめを受けたとは言え、長い月日が流れてから復讐しても復讐する価値はそんなにないとも思うけど

 やはり彼にも同情する。

 いじめを受けていたのなら、大人達がいじめから逃げる手段を与えていたら彼もこんなにつらい目に遭うことも無かっただろうに

 いじめられているのに、毎日毎日耐えながら学校に行けなんて残酷ではないか!!!

 わざわざ学校にいじめられに行くなんて かけがえのない少年時代がもったいない!! 時間がもったいない!!!
 あのとき、学校以外で学ぶ手段を与えていたら  

 この人のことを思うと半泣きになりそうになる。

 彼をただの爆破未遂犯と叩いてはいけない。

なぜこんなことになったのか考えて欲しい。

いじめに我慢する暇があれば、ホームエディケーションなりフリースクールなり、少年時代を有意義に過ごしていたらこうはならなかったかもしれないのである。

 イジメは多分なくならないにしても、 最悪の結果を防ぐことなら出来ると思う。 「教育基本法改悪、児童虐待防止法改悪が成立してしまった今の世の中では、難しくなってしまったようだ!!」
2007/07/17 02:22虐めページ上部へ▲