スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全ての子供たちを(犯罪予備軍)扱い


警察は、子供たちを悪人にしてまで利権をむさぼりたいらしい。
ここまで、来ると警察も腐敗しているとしかいいようがない。
 警察庁も腐っていて大嫌いだ。

■罪を犯す恐れのある少年、警察に任意調査権・規則改正案公表
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20070906STXKE022006092007.html

警察庁は6日、将来罪を犯す恐れがある「虞犯少年」に対する警察の任意調査権を
明記した少年警察活動規則の改正案を公表した。
7日から来月6日まで一般からの意見を求め、最終的な改正案をまとめる方針。

虞犯少年への任意調査権は、5月に成立した改正少年法の政府案に盛り込まれながら、
日弁連や野党が「すべての子どもが警察の監視下に置かれる」などと反対したため
削除された経緯がある。
日弁連は規則改正に「国会軽視」と反発しており、臨時国会での議論を求める声も
出ている。

警察庁は「国会での議論は承知しているが、警察法に基づく虞犯少年の調査の
必要性は審議過程で確認されている」と説明。
これまでも調査した虞犯少年を家裁送致するなどしており、
「以前から通達などで捜査現場に徹底していた。調査のあり方は今後も変わらない」
としている。〔共同通信〕(17:32)


 ■<将来罪を犯す恐れがある「虞犯少年」に対する警察の任意調査権を
明記した少年警察活動規則の改正案を公表した?
 ■そこが大問題なんだけど
罪を犯す恐れがあるから、調査させてもらうと言うのであれば、これは警察が好き勝手に少年を調査する権限を持つということだ。

 ■前回の少年法改悪でとりあえず罪を犯す恐れがあるだけで調査できる権限を警察に与えるのは免れたからちょっと安心してたらいきなりこれか!?
 
 本当!! 児童ポルノ法などで、子供を守るとかほざいておきながら、罪を犯す恐れがあるというだけで少年を勝手に調べたいなど、こんな権力者どもが子供を守りたいというのは、ほとんどウソだということが分かる。

 少年法改悪で刑罰だけは、厳しくしておきながら、少年の権利だけは奪う。
 子供を守りたいというのは、ウソだと分かる。 ただ子供を守るを口実に国民の権利を奪いたいというのが本音だと、僕にも分かる。

 ■この改悪について警察庁は、意見を募集するというが、意見募集期間がたったの約1ヶ月といつものように短い。
 これについては、僕も意見を送るつもりだけど

 しかし近年の権力は 腐敗しているとしかいえない。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。