スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また、規制強化

残虐性強いパソコンゲーム、初の有害図書に指定
 ◆大阪府 子どもたちへの悪影響避け

 大阪府は5日から、銃撃や殺人場面など、残虐な内容を含むパソコン用ゲームソフトを全国で初めて「有害図書類」に指定し、18歳未満への販売を禁止する。家庭用ゲーム機のソフトを規制する自治体はあるが、パソコンの普及が進み、小学生でも授業で使い方を学ぶ状況から、子どもたちへの悪影響を避ける必要があると判断した。

 米国製ソフトの「ポスタル2」など2本で、いずれも自動小銃などを手にした主人公を操作し、画面上に現れる人々を無差別に殺害していく内容。5日以降、府内の販売店が、両ソフトを18歳未満の青少年に販売したり、貸し出したりすれば、府青少年健全育成条例に基づき、30万円以下の罰金となる。

 残虐性の強いゲームを巡っては、2005年2月、大阪府寝屋川市で起きた教職員殺傷事件で、加害少年が暴力シーンの多いゲームに熱中していたことから規制の動きが本格化。すでに滋賀県、京都府など9府県が家庭用ゲーム機ソフトの中身を個別にチェックし有害図書類に指定しているほか、業界の自主基準に準じた規制を設けている自治体もある。

 一方、大阪府も規制のあり方を検討。「殺人や暴行をリアリティーをもって体験できる点が著しく問題」として、今回、家庭用ゲーム機ソフト3本に加え、パソコン用ゲームソフトも初めて規制することにした。

 府は「これほど普及したパソコンでの残虐ソフトの規制は家庭用ゲーム機と同様に必要だ」としている。

(2007年9月4日 読売新聞)


 ■これについては、18禁規制を肯定する、巷の表現規制反対派は、支持しそうである。

 しかし、僕は、暴力シーンを18歳未満に読ませないようにすることに賛成するやつはただの偽善者だと思っている。

 僕も小学低学年のころは、北斗の拳をテレビで見ていたけど、その当時は以外なことに北斗の拳を見たからと言って人をバラバラにしたいとは思わなかった。
 反対に見てて恐くなったりした。

 過激だから18歳未満は買うな。 買えば販売した人を罰金刑に処したらいいという安易な考えが横行すれば、そのうち北斗の拳も18歳未満に読ませたりしたら、処罰されてしまいかねない。

 もうすでに茨城県では多重人格探偵サイコが有害図書に指定されるなど、既に少年漫画なのに、少年に見せると罰金刑に処されるようになっている。

 近年の権力者たちは、異常なので、やはり世界崩壊する必要があるかもしれない?

 ある意味、世の中を初期化する必要が来ると思う。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。