スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットカフェに有害情報の制限機能を義務付け 鳥取県、初の罰則規定

☆ネットカフェに有害情報の制限機能を義務付け 鳥取県、初の罰則規定☆
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070910-00000954-san-soci

[9月10日22時35分配信 産経新聞]

鳥取県は10日、ネットカフェで18歳未満の青少年が利用するパソコンに、
有害情報を制限するフィルタリング機能の導入を義務付ける
県青少年健全育成条例の改正案をまとめた。
全国で初めて違反者に対する罰則を明記した。
今後、県民の意見を募集、12月議会に提出、来年4月に施行する。

改正案では、ネットカフェ事業者は、青少年にはフィルタリング機能を備えた
パソコンしか提供できない。
インターネットを利用できる図書館などの公共施設に対しても、
フィルタリング機能の導入を義務付ける。
いずれも違反者には知事が改善命令を出し、
改善されない場合は最高50万円の罰金を科す。

県によると、ネットカフェや公共施設にフィルタリング機能の導入を求める条例は
全国34都道府県で施行されているが、罰則規定を盛り込んだのは初めてという。

また、罰則は設けないものの、学校関係者にも、学校にあるパソコンに
フィルタリング機能の導入を義務付け、保護者にも家庭での努力義務を設けた。

県内にネットカフェは7店あるが、ネットの有害情報による青少年犯罪は
まだ報告されていない。
しかし県は「フィルタリング機能は家庭でも手軽に取り入れることができる。
条例改正を機に利用促進を県民運動として進めたい」としている。


 ■やはり条例なんていうものはなくさないといけない。
 都道府県に人を安易に処罰する権限を与えるのは、間違いだ。

 これについては、18歳未満にエロサイトを閲覧できないようにするからとのことで、巷の自称規制反対派どもは、支持しそうだな。

 ■僕から言わせてもらえばこれも 立派な 権力による暴力である。

 別に中高生がエロサイト見ようが、笑い飛ばしたらいいものを、18歳未満にエロサイトや暴力的な表現のあるサイトを 行政による 主観的な判断で 有害だといいがかりをつけ 行政らに有害と定義されたものを見せないようにするフィルタリングソフトを導入しないと処罰することのどこが暴力的でないと言えるのか!!!

 本当にますます息苦しくなる世の中、これは、反対したいけど、反対してもいつもの 賛成多数 (怨)で可決されるんだろうな。

 またそれ以上に心配なのが他の都道府県が真似をすることだ。

本当に今の行政はなめ腐っている!!!!!
 皆巨大地震などに巻き込まれて、消えてほしい!!!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。